ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】不良厨房が土建屋の親方に預けられた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】不良厨房が土建屋の親方に預けられた結末・・・・・・

土建屋の親方

 

俺は親父も土方だったこともあり、不良で学校にもあまり行かなかったこともあり、 中卒で親父の知り合いの土建屋に住み込みで就職しました。

 

親父の知り合いとは言っても、他県だし、会ったこともなかった人です。 俺も地方出身ですが、そこはもっと田舎で悪い仲間と出会ったり、遊びまわったりできないだろうってことで、そこに預けられたみたいです。(そう言われて行ったわけですが、後でそうではなかったことを知りました。)

 

俺んちの親父も身体だけはすごい自慢だったけど、親方はそれ以上で、しかも強面で 中学時代粋がってた俺も、これはヤバイと思いました。

 

親方は年老いた親父さんと二人暮らしで、平屋の家とその横に資材置き場兼小さな事務所があるという感じでした。

 

俺は最初の夜に親方に力ずくで犯られました。

風呂に入ろうと言われ、親方の背中を流し、その後に親方が俺の背中を流してくれて、なんか変だなと思っていると、だんだん俺のチンポに手が・・・

 

俺が振り返って親方の目を見ると、すごい怖い目をしていて、抵抗する力も出ませんでした。

 

親方には「弟子入りしたら俺の身の回りの世話をすべてするんだ。」

 

と 力強い声で言い、

 

「こっちの方も頼むぜ」と俺にそのデカマラを握らせました。

 

驚いたけど、土方の世界の男同士のことは親父の友達とかが俺んちで飲んでる時に しゃべっているのを聞いたことがあったんで知ってはいたけど、まさか自分もこんなことになるとは思っていなかったので、本当に体が硬直してしまいました。

 

後はすべて親方に任せて初夜は済ませたんですが、ケツは気絶するほど痛かったものの尺八や乳首を弄られるのは気持ちよかったし、あまりのデカさにケツは出血して暫くは、俺は口を使って、親方はケツ以外の俺の体中を毎晩のようにかわいがってくれ、 ケツの痛みが引いてきた後は逆にケツが疼いてきてしまいました。

 

ケツの痛みが引いた頃には、ケツの疼きも限界でした。

ただ、自分では疼いている感覚ではあるけれど、それがもう一度親方のデカマラをケツにぶち込んでもらいたいからなのか、はっきりわかりませんでした。

 

親方はそれを察したのか、そろそろいいだろうと思ったのか、わかりませんが、ちょうどその頃にまた俺のケツを愛撫するようになりました。

 

四つん這いにされ、両足を開かせ、俺のケツマンコは丸見えでした。

親方は最初はキスをするように、それが次第に唇全体で押し付け、吸いつくようにして俺のケツマンコをかわいがってくれました。

俺ももう気絶するくらい感じまくり、 仕舞には俺の方から、掘ってくれと言ってしまいました。

 

不思議なものです。

最初はあんなに痛かった肛門性交が、それ以降はどんどんケツが慣れていき、半年後には、それまで交尾の時に使っていたオイルさえ、使わないでも結合できるようになり、また感度も増すようになりました。

 

その頃には俺も親方に夢中になっており、親方に求められれば所構わず交尾するような淫乱な男になっていました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング