ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】名古屋コロナクラブに行ってみたノンケリーマンの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】名古屋コロナクラブに行ってみたノンケリーマンの結末・・・・・・

名古屋コロナクラブ

 

私は47才になる既婚者です。

2人の子供にも恵まれたごく普通のサラリーマンです。

 

もう10年ほど昔になりますが、名古屋に1年ほど単身赴任しており、家族が居ないことにつけエロサイトを徘徊していました。

興味本意にホモやゲイというキーワードで検索したところ、コロナクラブの存在を知りました。

 

ただただ好奇心で行ってみたところ、どうしていいか分からず、入浴を済まし、ガウンを羽織って館内をフラフラ。

そのとき、薄暗い廊下の突き当たりに男同士のAVが流れていて、私は目が釘付けになってしまいました。

 

しばらくすると、横に人の気配が…

すぐに手を握られましたが、どうしていいか分からず気も動転気味で、握られた手を逆に握り返しました。

それを合図に、男性は小声で…

 

「個室を取ってあるから一緒に来ないか」と誘われました。

 

何かの暗示にかかったように部屋ついて行くと、初めて男性の顔を見ました。

初老の紳士的な感じで好感が持てましたが、と同時についに男性と抱き合うのかと思うと急に怖じ気づく感じがしました。

 

そんなことを察してか男性は優しく声をかけてそっと口を重ねてきました。 まるで女性を扱うように。

一気に興奮し、今度は私から舌を絡ませてしまいました。

女性とは違う唇の厚み、チクッっとする無精髭が背徳的ですごくたかぶってきました。

 

その後男性は優しく首筋から胸へと舌を這わせ、私は今まで出したことのない女の子のような声を出しながら体をくねらせていました。

 

私はペニスが小さく自信がなかったのですが、男性はかわいいと言ってくれ、私のそれを口にし、舌でねっとりといやらしいフェラをしてくれました。身体と脳が衝撃を受け、それだけでイキそうになってしまいました。

あまりにも気持ちよく、そして優しくしてもらったため、自然と男性のペニスに手が伸び、そそり勃ったそれを口に含んでしまいました。

 

それから69でお互い激しくフェラをしあい、アナルも舌でほぐされ、興奮がピークに差し掛かったところで、

 

男性から「入れていいかい?」と言われ、コクリとうなづきました。

 

うなづいた自分に陶酔し、これからおこることを想像して、心臓が破裂しそうになりました。 男性はコンドームをしてくれました。

安心感で身を委ねました。

 

ついにその時がきました。

 

男性は私のアナルにあてがい、ゆっくりゆっくりと挿入してくれましたが、凄く痛く限界まで我慢しましたが、裂けるような痛みは続き、ついには男性をハネのけてしまいました。

 

男性はそんな私に優しく接してくれ

 

「口でイカせてあげるよ」

 

と、とびきり気持ちいいフェラでイカせてくれました。

しかしイクと急に覚め、怖くなり、男性にお礼を述べて退出しょうとしたとき、男性から

 

「また、帰って来るよ、俺もそうだったから…」

 

と言われ、今までずっと思い出にしまっていました。



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング