ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】トイレで生セックス→中出しされた後に余韻オナニー

【ゲイ体験談】トイレで生セックス→中出しされた後に余韻オナニー

【ゲイ体験談】京都府在住でで一人暮らしをしている30代の会社員男性。もう長い間彼氏もおらず、夜になると寂しさを紛らわすためついついネットで男を探してしまう。この日も掲示板で一人の男性に出会った。キャバクラで働くボーイらしい、見た目も悪くないので会ってみることに・・・・

トイレで生セックス→中出し

 

無性に掘られたくて掲示板で見つけたタチにメール。

 

すぐに返事が来て、公園のトイレを指定されて出かけた。

 

夕方過ぎなので人通りも少なく、裏口近くにあるので人が入ってきずらい。

 

個室に入って着いた事をメール。
5分ほどで行くから、ノックしたらドアを開けるように言われて待った。

 

メールの通り5分ほどでタチの人がノックしたので、鍵を開けると入ってきた。

 

メールのやりとりで時間が無いから即掘りで、やり捨てするからって事だったので、ローションを渡してズボンとトランクスを脱いで立ちバックでケツを突き出すと、タチの人も脱いで僕のケツを少し開いて入り口にローションを塗り始めた。

 

少し指を入れたり、ローションを塗り広げたりしてから、もう一度指を入れて挿入可能かどうかを確認した。

 

すでにビンビンの亀頭がアナルに押し当てられる。

 

まだほぐれていない状態だったけど、グイグイ押し当てられ、ローションのヌルつきでメリメリと固くなった亀頭が入ってきた。

 

ローションの量が少なかったのか少し痛みがあった。

 

ドアの向こうに人の気配を感じながら無理やりねじ込まれてのが犯されてる感じがして、僕は凄く興奮して深く入るようにケツを押し付けた。

 

タチの人はゆっくりピストンを始めて徐々にスピードアップ。

 

声が漏れそうになるのを我慢しながら、ビンビンのマラで掘られる快感を味わっていた。

 

そう言えばコンドームを着けた雰囲気じゃなかったけど、久しぶりのアナルの快感にそんなのはどうでも良くなっていた。

 

タチの人のピストンに酔いしれていると、タチの人が小声で「いきそう」と。

 

一段とピストンが激しくなり「イク」と行ってガツンと奥まで入れて、中でビクビクビクンとマラが脈打ってるのを感じた。

 

同時に、アナルの奥に温かい物が広がる感じがした。

 

中出しされたのを感じながら、僕の膝は興奮と快感でガクガクになっていた。

 

タチの人はトイレットペーパーをガラガラと取り、ゆっくりマラを抜いた瞬間にトーレットペーパーを僕のアナルに押し当てた。

 

僕はそれを手で押さえているとタチの人はズボンをはいて個室を出て行った。

 

僕は鍵をかけトイレに座り自分のチンポを確認すると我慢汁でヌルヌルになっていた。

 

そのままアナルのところで受けるように手を出し力むと、アナルからザーメンがボタボタ出てきて、それをチンポに塗ってしごいて僕も発射した。



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング