ホーム » 外国人 » 【ゲイ体験談】毛深いアメリカ人教授を犯し倒す大学生の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】毛深いアメリカ人教授を犯し倒す大学生の末路・・・・・・

アメリカ人教授を犯し倒す大学生

 

大学を卒業した後は、東京で就職して週に一回上司のケツを犯しています。

 

すっかりタチになってしまった今でもたまにお父さんのマラを思い出し、ケツがうずくことがあります。

特に地元に帰りお父さんと顔を合わせたときには無性にお父さんのマラが恋しいです。しかし今更犯して欲しいとも言えずウズウズしています。

 

大学に入学してから、お父さんと会うことが無くなりモンモンとしていた時、ゼミの先生はアメリカ人で背高く、口髭がありボタンを開けた胸の毛が気になり始めました。

 

ゼミの飲み会の後、先生が終電がなくなったので誰かの家に泊まりたいと言いました。ちょうどベットを買った後で予備の布団があった俺は

 

「泊まれますよ。」

 

と言うと、先生はそうしようと言い、俺のアパートに来ました。

かなり酔っ払っていた俺はすぐにベットに入り寝てしまいました。

 

しばらくすると、俺のTシャツとパンツが脱がされ、マラを咥えられている快感に気が付きました。

お父さんにされたあのことが甦り、されるままにしていると大きな身体が俺の上に乗っかりました。

 

お父さんと同じようにマラが俺の身体に入ってくると思っていたら、俺のマラを包み込む口とは違った何とも言えない快感が襲いました。

 

目を開けてみると教授が俺の上に馬乗りになり、俺のマラをケツで扱いていました。

目と目が合ってまった後,教授は唇を合わせてきました。

お父さんと同じように俺の首筋、乳首を舐め回し腰を振り俺のマラを刺激続けました。

 

お父さんに教わった快感とは違う犯す喜びを教えてもらいました。

お父さんに何度もいかされること教え込まれた俺は同じように教授のケツの中に3回もぶちこまにました。

 

それから毎日のように教授は俺のアパートに来て、犯す喜びを教え込まれました。

タチとして尺八することや身体中を舐め回すこと、ケツの穴を舐めることを教え込まれました。

 

大学在住の4年間毎日のように教授の身体を犯し続けました。
ある日お父さんのことを思い出し,

 

教授を「Daddy」

 

と呼んだら、Daddyは大喜びして腰を振りました。

それからは教授ではなく、Daddyと呼んで犯しました。

 

Daddyはすでに60歳を超えていたのですが、分厚く毛深い胸板と20cm以上あるマラと毛に覆われたケツにすっかり魅了され、タチの喜びを教え込まれました。

 

もちろん学校では教授と呼び,俺のアパートではDaddyと呼び犯し続けました。

今でも上司と密会するときは上司のことを「お父さん」と呼んでいます。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:外国人の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング