ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】兄の雄汁を求める厨房の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】兄の雄汁を求める厨房の結末・・・・・・

兄の雄汁を求める厨房

 

俺は18才、弟は気の弱い14才の中学生だ。

きっとオナニーさえ知らないだろう。

 

実は俺はいつからか、弟が性的に好きになってしまっていた。

 

ある土曜の夜、両親は自分達だけで飯を食いにいった。

家には俺と弟、2人っきり…。

お互い自分の部屋にいた。

 

俺はあまりにも暇だったので弟と話でもしようと思い、弟の部屋にいこうとした。

 

弟の部屋から何やら声が聞こえてきた…。

 

『お兄ちゃん…ハァハァお兄ちゃんの臭い…』

 

俺は、何をしてるんだ?と思い

 

『お~い、はいっぞ?』

 

とドアを開けた。

弟は全裸で、右手に何かを持っていた。

それは俺がオナニーで使ったティッシュだった!

 

『お前!?何やってるんだ!?』

 

『あっ…ち、違うんだ!ごめん!誰にも言わないで!』

 

『別に誰にも言わないけど、お前そっちに興味あんのか?』

 

『…うん。』

 

しばらく沈黙が続き、俺は口を開いた。

 

『…俺のチンコしゃぶってみるか?』

 

『えっ!?』

 

『えっ?じゃなくてさ、恥ずいから二度言わせんなよ。』

 

『お兄ちゃんの、ちんちん…。』

 

『生でしゃぶればきっと興奮するぜ?俺の臭いもたっぷり』

 

よく見ると弟は勃起していた。

 

『でも、いいのかなぁ…何かいけないことしてるような気がするよ…。』

 

『正直に言うよ?実は俺もお前が好きなんだ。お前と犯りたいんだ。俺と体の関係になろぅ?』

 

『…。』

 

『俺達二人だけの秘密だ。』

 

『わかったよ…お兄ちゃん。じゃあズボンとパンツ脱いで!』

 

俺は言われたとおり脱ぎ、皮被りのチンコを弟の顔の前に差し出した。

 

『あぁこれがお兄ちゃんのちんちんの臭いなんだね?じゃしゃぶるよ?』

 

弟は俺の股を抱き抱え、口を開け俺のチンコを口に含んだ。

超温かくて、ヌルヌルしていた

 

『あぁ…和彦…き、気持ちいいよ』

 

だんだんと俺のチンコが大きくなるのがわかる。

 

『お兄ちゃんのちんちんカチカチだよ』

 

俺は一日シャワーを浴びていなかったので、きっとチンコはかなりの異臭がしただろう。20分ほどのストロークの後、さすがにいきそうになり

 

『和彦、そろそろいきそうだから』

 

と言ったが

 

『お兄ちゃんの精子の味も知りたい。俺ちゃんと飲むよ。』

 

『和彦…いいんだな?口の中に出すぞ!?激しくやって。』

 

ジュポジュポ…!!

 

『あぁぁぁいくぅぅ』

 

俺は弟の頭を押さえ付けておもいっきり射精した。

弟はちゃんとそれを飲み込んだ

 

『お兄ちゃん…美味しかった今度は俺の中に入れて』

 

もう弟ではなかった。

この日、夜が明けるまでセックスし、弟は俺の精液まみれだった。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング