ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】彼女持ちのノンケが熟年の性奴隷にされた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】彼女持ちのノンケが熟年の性奴隷にされた結末・・・・・・

彼女持ちのノンケが熟年の性奴隷にされた

 

10代の頃、まだ完全に男には目覚めてなかったけど、
彼女には内緒で、密かにアナルオナニーで前立腺の快感にハマってて、
ネットのエロ画像でも、いつの間にか女の体より、
男のチンポに興奮して勃起してる変態マゾだった。

 

その頃、SMサイトで知り合ったスケベなオジサンと変態メールのやりとりをしてて、流れでアナル開発してもらうことになり、実際に会ってみることになった。

 

今思えば、相当ヤバい話だけど、若気の至りで、
特に考えもせず、欲望に任せてオジサンの部屋を訪ねて行った。

 

部屋へ着いてシャワーを浴びた後、
2人でベッドに入り、同意の上で手足を縛ってもらった。
アイマスクで目隠しもされて、さすがに初対面の相手に身動きとれずに、
視覚も失うのはヤバいと焦ったが、

 

全身愛撫とアナルに捩じ込まれた2つのローターの快感に、
何もかもがすぐにぶっ飛んだ。
アナルの中で、ゴツゴツぶつかり合って、激しく振動しながら、
前立腺に痺れるような快感を送り続ける2つのローター。

 

耳元で、

 

「オマンコ気持ちいいだろう。俺のオンナにしてやるからな」

 

と囁かれ、ガチガチにいきり立ったチンポを口に押し付けてくる。

異常なぐらいカリが張ったそのチンポを夢中でしゃぶりながら、
段々頭ん中がグルグル回るような淫乱な気分になり、

 

体中が敏感なマンコになったような感覚に支配されてた。

アナルからローターをひっこ抜かれ、いよいよチンポをアナルに宛がわれる。

 

体重をかけて、ゆっくり挿入してきたが、
カリが全部入りきったところで、
全身に痙攣が走るほどの快感で、頭が真っ白になった。
ヌチャヌチャとピストン運動され、
一挿し毎にオジサンのカリが前立腺や腸壁を擦りあげて、
悲鳴に近い喘ぎ声をあげ続けた。

 

アナルがマンコになった瞬間だった。

 

そのままオジサンに朝まで掘られ続け、生で何度も中出しされたが、
一度もチンポを抜かずに、種付けされ続けた。

 

昼になる頃には、アナルマンコで快感を貪ることしか頭になくて、

自分からオジサンの性奴隷にしてもらう約束をしてた。

 

その後、オジサンに呼び出されては、
セックスの道具として使われ続け、今に至るわけだか、
今じゃ完全に男のチンポが好きなホモに堕とされてしまった。

 

当時の彼女には、オジサンとセックスしてる最中のビデオを見られ、
散々に罵られた挙げ句、振られました。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング