ホーム » SM調教 » 【ゲイ】掲示板で出会った精神幼稚な服従ネコの話

【ゲイ】掲示板で出会った精神幼稚な服従ネコの話

掲示板で出会った精神幼稚な服従ネコ

 

よくSMなんかで、恋人のこと、ペットみたいに扱うとかあるみたいだけど、俺がかかわったのはチョット違ってて、面白かったので書きますね。

 

俺が初めて秋を見たのは、ある画像掲示板でだった。
なんかズリネタになるようなのないかと思って見てたら、
ひさしぶりに好みの奴を見つけて、早速そいつの画像を保存してたら、
何気なくプロフに目がいくと、○○県○○市とあり、俺は『オッ!』と思った。丁度、来週から行く出張先にあたっていたのだ。

 

『丁度いい。うまく行けば食えるかも』

 

と思い、早速メールをすると、
よっぽどのスキ者なのか、変態なのか、
自分からいろんな体位の写真を送ってきてアピールするような奴で、
楽勝で会う約束を取り付けた。

 

それから、俺が秋にかわった印象を受けるまでは時間はかからなかった。
行くまでの間に何度もメールをしていたからだ。

 

彼氏はいないの?

《いるよ》

 

彼氏にばれたら怒られるんじゃないの??

《彼なら知ってるよ?》

 

えっ何を? 俺と会うこと?
《うん! それに画像載せたり、掲示板にカキコしてるのも》

 

平気なの?
《彼なら喜んでくれてるよ》

 

ふ~ん、やさしい彼なんだね。
《うん。大好きだもん》

 

よく書き込みで、彼が浮気しても平気とか書いてる奴を見かけるが、
ここまで大っぴらなのも初めてで驚いていたが、
この頃になると、何でも言う通りに写メを送ってくる従順さ、ヤラシさと、やはり好みの見た目に好意を抱いていたので、彼氏とやらに嫉妬をしていた。

 

ついに出張当日は、向こうに着いてからも仕事が忙しく、
夕方には会うハズが、いつの間にか夜になってた。

 

もう遅くなったからムリかな?
《大丈夫だよ!》

 

どうする? ホテル行く? 他に場所ある?
《う~ん、あんまりホテルって行ったことないよ。彼が部屋使っていいって言ってるけど?》

 

俺はこの時、興味を引かれて、

 

いいの?って聞くと、それを察したのか、

 

秋に

 

《いいよっ。なんなら彼も呼んで3Pしよっか?》

 

と言われて、興味とエロい響きに惹かれて、OKを出していた。

 

待ち合わせの場所に着くと、すぐ後から着いた車から秋が降りてきた。
写メで見るより引き締まっているようだが、痩せてはいない。
暑いくて、着ている服が薄く、うっすらと盛り上がった胸と、
半袖から出てる腕は、太く筋肉質な感じだった。

 

ふと見ると、車からもう1人顔を出してる。
あれが彼氏なのだらろう、だいぶ年なのか、髪は白髪まじりで優しそうだが、彼(秀さん)も体つきは逞しそうだ。

 

「車でついてきてくれる?」

 

っと秋に言われて、車に乗り込み、秀さんのマンションに向かった。
秀さんのマンションに着いて、部屋に案内されたが、
俺は変に緊張して、ベッドの脇に腰掛けて黙っていると、

 

秀さん

 

「コーヒーいれてくるから始めてていいよ。準備してあげな、秋」

 

と言い、部屋を出ていった。秋はすぐに自分で服を脱ぎだした。
うっすらと割れた腹筋と、うっすらと盛り上がった胸に不釣り合いな程大きな乳首が露わになり、ズボンを脱ぐと、前を隠しきれない小さなビキニに、もう染みをつくってビクビクさせていた。

 

俺も上半身を脱いで見入っていると、秋は俺の前にヒザ立ちになると、
ズボンの上から起ち上がった俺のモノを甘噛みしながら、ベルトを外し脱がせ始めた。

 

ついにパンツから俺のモノを引き摺り出すと、
逞しい青年然とした見た目から想像できないほど、ウットリとした表情で舐め始めた。
カリからゆっくりと下に向かいタマを舐め、
またカリまで戻ると、口を開けると俺は腰を引いて避けた。

 

「銜えたいのか?」秋はうっとりと俺のモノを見つめたまま、

 

「ください。チンポ銜えたいです」

 

と、躊躇なく俺の欲しい返事をよこした。
ホラッと顔の前に突き出してやると、興奮して、既にチンポの先に垂れていた我慢汁が顔に飛ぶと、まるでもったいないと言わんばかりに指ですくいしゃぶると、俺のチンポにむしゃぶりついてきた。

 

喉の奥まで吸い上げると、そのまま奥で締めあげながら、
棒に舌を絡めてくる快感に立っていられなくなり、ベッドに腰掛けると、
チンポを銜えたまま、秋はベッドの下に四つんばいになり、相変わらずウットリとしている。

 

俺が乳首に手を伸ばし、強くつねってやると、
顔を赤らめ、腰を揺らしながら、それでも俺のチンポから口を放すことなくシャブリ続けていた。

 

俺がイキそうになり、秋の顔を引き剥がすと、秋はおとなしくお座りをして見上げてきました。

 

「やってるかい?」

 

と、秀さんが両手にコーヒーを持って入ってきました。

俺は急に恥ずかしくなり、タオルケットを腰に巻くと、
秀さんは俺にコーヒーを渡しながら、

 

「どう? 気に入ってた?」と、何でもないように聞いてきた。

 

「いいんですか? 混ざらなくて?」と聞き返すと、

 

「俺も年だからな。タチも悪くて、満足さしてやれなくてね」

 

と、お座りをしている秋の頭を撫でてやると、秋はすぐに秀さんの服を脱がせ始めた。

 

60と聞いた年には見えない、がっしりした胸板に割れた腹筋、
何より魅入ったのは、トランクスの下から垂れ下がって見えるデカチンだ。

 

秋はそれも脱がすと、迷わずそのデカチンにむしゃぶりついていた。
最初は口に入りきっていたチンポは、徐々に起ちあがってくると、
口に入り切らない竿の部分が、秋の涎とともに溢れてきていた。
完全に勃起すると、ふと前屈みになった秀さんは、
少し小柄な感じがするとはいえ、ガッシリした体の秋を持ち上げると、
秋のケツを俺の方に向けて持ってきました。

 

俺は、もう前をズルズルにしている秋のビキニを脱がしてやると、
チンポをひくつかせながら、同じように物欲しげにヒクツク穴が現れて、
俺が指を1本入れてやると、腰をビクッと震わせて感じてた。
恐る恐る2本目を入れようとしていると、秀さんの手が伸びてきて、
いきなり太い指を2本入れてきて、穴を広げる始めて、
俺の指が3本は余裕で入るくらいまで広がって、
必死で締め付けているのか、グニグニと別の生き物のように動いていた。

 

「思いっきり弄っても平気だよ」

 

と秀さんに言われ、興奮していた俺は、4本の指をねじ込むと、
グリグリと、ただ思うようにしていると、足に何か熱い飛沫がかかった。
見ると、秋がどうやらイッたらしい。

 

まだチンポからは汁を垂らして、ヒクつかせながら腰を振る秋を見ていると、興奮していた俺はとまらなくなり、指をねじ込んだまま、

ケツを叩き始めていた。

 

パン! パン!

 

軽快な音が鳴る度に、秋はもっとと言わんばかりにケツを上げ振ってみせた。ふと秀さんが指を抜き、俺のタオルケットをとりベッドに転がすと、
今度は向かい合わせ、秋の両足を抱えあげて、秀さんは俺の顔を跨ぐようになり、秋をそのまま俺のチンポの上に下ろして揺すり始めた。

 

「きもちいいか! 秋? チンポほしかったか?」

 

「いい~はいってるぅかたくて熱いのはいってるぅ」

 

と、俺のチンポで攻め始めたのだ。
俺は、ギュギュと締め付けてくる秋のケツを下から突き上げながら、
目の前に秋の涎と我慢汁が伝いたれてくるデカチンに、無意識にシャブリついていた。

 

秋が

 

「あっ~イク~またでちゃう~」と叫ぶと、

 

「ほら、いいぞ。イケッイケッ!」

 

と、秀さんの秋を揺する動きが速くなり、
ギュ~とチンポに締め付けを感じた瞬間に、俺は秋の中にひさびさの射精をしていた。

 

「あぁはいってるぅザーメンはいってきてるぅ」

 

と、秋もすぐに俺の腹の上にまた汁を撒き散らしていた。
俺がぐったりしてると、秋をチンポから引き抜くように抱えあげると、
そのまま秀さんのあぐらの上に突き刺して座らせると、
秋はまだチンポを起たせたまま、秀さんのデカチンをやすやすとそのケツに受けると、うっとりした表情で再び喘ぎ始めた。

 

秀さんのチンポに跨って喘いでいる秋を見ていると、
俺のチンポもまた起ち上がって来たので、
秋の顔に近づけてやると、再びチンポにムシャブリついてきた。

 

秀さんが

 

「はっはっ、イクぞ! いいか、イケよ!」

 

と言い激しく突き上げ始めるとチンポをしゃぶる秋の動きも激しくなり、

 

「イク!」

 

と秀さんが秋の中に放つと同時に、俺も口に出した。
秋も体を震わせながら、秀さんの腹に飛沫を飛ばしていた。
秀さんも息を切らして、秋を引き抜く。
秋のケツからは、俺と秀さんの出した大量のザーメンが垂れているのを見ると、

 

タオルを絞って持って来て、秋を綺麗に拭いてやり、

ベッドに寝かせて部屋を出たかと思うと、またコーヒーを持ってきて話し始めた。

 

「どう? 気に入った?」

 

「はぁ。よかったスけど?」

 

「こいつはワシが野外発展場で拾ったときから、もうこうでな~‥」

 

話を聞いた限りでは、秋はデビューからずっと発展場ばかりで、
どういう仕込まれ方をしたのか知らないが、
ちょっと精神面が幼稚で、普段は普通なのに、SEXの時は相手に服従、
そして何人にも相手してたので、何回もイカせてもらうのが当たり前だと覚えてるから、
年をとって、1人で満足させるのが大変で、もう1人欲しいらしかった。

 

それから、俺は秀さんや起きた秋と話して、もちろん約束もしてきた。
月に一度は秋を貸し出してもらうのと、2回は俺も参加で3Pをするっていうね。

 

今では楽しくやらしてもらってます。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング