ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】憧れの従兄のデカチンが気になって変になりそうです・・・・・・

【ゲイ体験談】憧れの従兄のデカチンが気になって変になりそうです・・・・・・

憧れの従兄のデカチン

 

はじめまして、俺は高2のハンドボールやってる奴です。

よくゴマキの弟に似てるって言われてます。

 

俺には3つ上のいとこの兄ちゃんがいて、俺も体格はいい方やと思うけど、兄ちゃんもアメフトやってるから、いい体してんねんでぇ。

顔もカッコいいし(中井貴一を若くした感じ)面白いし、俺は兄ちゃんの事がめっちゃ好きやねん!

 

昔からよく遊んでもらってんけど、兄ちゃんは大学に進学しちゃって東京
に一人暮らししてもた。めちゃショック!でもこの春休みに

 

「遊びに来いや」

 

って言ってくれたから俺、すんげー嬉しかった。

2泊3日で兄ちゃんの家に行った。

 

東京駅で待ち合わせして、いろんな所に連れてってくれた。

晩メシ食ってから兄ちゃんの家に到着した。

12時位まで飲んで、しゃべって楽しかった!

 

もう寝よかってことになってんねど、兄ちゃんのベッドはダブルベッド!!一緒に居寝る事になって嬉かったけど、興奮して寝れんかった。

しかも、俺も兄ちゃんもトランクス一枚!ヤバイぞーって感じやった。

 

「カズ、寝れんのかぁ?」って兄ちゃんが聞いてきた。

 

「うん!なんか・・・」って曖昧な返事をしたら、

 

「よっしゃ!ええもん見せたるわぁ」って起き上がり電気をつけた!

 

「ツレから借りてんけど、裏やでぇ!カズ見たことあるか?」

 

って笑いながらビデオをつけた。

 

「洋モンなら前に見たけど・・・」そのビデオは日本人やった。

 

兄ちゃんみたいな筋肉質の男優が出てたなぁ・・・

でも、俺は兄ちゃんのトランクス姿が気になってそれだけでも十分って感じやった!俺は起ってきたチンポを毛布で隠しながら、ビデオを見てた。兄ちゃんもビール飲みながら見てた。

 

兄ちゃんが

 

「カズ、おまえ起ってんやろ?」って毛布をめくってきた・・・

 

「やめろやー」

 

って言いながら兄ちゃんのアソコを見たら、兄ちゃんも起ってるみ
たい!

昔、一緒に風呂入った時に兄ちゃんのチンポ見たことあるけど、デカかったなぁ・・・って思い出してもた。

 

兄ちゃんは

 

「若いなぁ!」ってまたビールを取りに行った。

 

そん時俺は決意してん!今日は絶対兄ちゃんのチンポ触ってやるって!

兄ちゃんはビールを取って戻ってきてん。俺にもビールをくれた

 

「ありがとう」って言いながら、兄ちゃんのアソコを見たら

 

「ん・・・」先の方にシミがあった!

 

これは使えるって思った俺は

 

「兄ちゃんも起ってんやろ?前、濡れてんちゃう!」って言ってやった。

 

兄ちゃんは笑って

 

「このビデオええやろ?何回見ても興奮すんでー」

 

って恥かしそうに言ってた。

 

「おまえも起ってんやろ?見せろやー」

 

ってトランクスを脱がそうとしてきた!俺は(チャン~ス)って思って

 

「兄ちゃんのも見せてやー」って言った。

 

「んじゃ、一緒に見せよかぁ」

 

って兄ちゃんは俺の前に立って笑ってる・・・

 

「いいでぇ」って俺も立った。一緒にトランクスを脱いだ・・・

 

「兄ちゃんのチンポめちゃデカいなぁ!」

 

マジでデカいねん。

18cm位はあったでぇ、太いし、ズル剥けで大人のチンポって感じやった。やっぱ兄ちゃんは濡れてた!

俺も兄ちゃんのチンポ見て、濡れてもた。

 

「おまえのもデカいやん!」

 

兄ちゃんは素っ裸でベッドに座ってビデオを見てる
俺も兄ちゃんの隣に座って、もう我慢できんかった。

 

「兄ちゃん、触っていい?」返事が返ってくる前に触ってやった!

 

「おい!やめろやー」

 

兄ちゃんは言ったけど、抵抗せんかった。ぎゅって握ってやった。

握った瞬間、先走りがダラーって出てきた・・・

 

「おまえのも触らせろやー」

 

兄ちゃんは俺のチンポを握ってきた。

俺はそれだけでイキそうになったから、

 

「あかん!」って抵抗した。

 

「カズ、一緒にセンズリすんでー」

 

兄ちゃんは自分のチンポをしごき始めた・・・

先走りでヌルヌルになった亀頭を捏ねくり回してぐちゅぐちゅ音が聞こえた。(いつも、兄ちゃんはこんな感じでやってるんやぁ)って思

ったら、イキそうになってきた。俺がしごいてるふりしてたら、

 

「カズもっとしごけよ」

 

って俺のチンポをしごいてきた・・・

 

「兄ちゃん、やめろやー」

 

俺は抵抗したけど、兄ちゃんの手の中でイってしまった。

 

「おい!早いなぁ・・・」

 

兄ちゃんは手を拭き、また自分のチンポをしごいていた・・・

俺はイッたばっかやけど、まだビンビンに起ってる。

 

「兄ちゃんのも、俺が抜いてやる!」

 

俺は兄ちゃんのチンポをしごきだした。
兄ちゃんは

 

「俺らヤバイなぁ・・・」って言いながら抵抗しなかった。

 

俺は(もしかして兄ちゃんも??)って思いながら、しごいてやった・・・

兄ちゃんのチンポからは、先走りがめちゃ出て、俺の手もヌルヌルになった。俺は、兄ちゃんのチンポをしごき続けた。

兄ちゃんは目を閉じて、時々声をもらしていた!

 

俺はしゃぶってみたい・・・って思い、兄ちゃんのチンポに顔を近づけた!めっちゃドキドキしながら舌でぺロって舐めてみた。(気づいてない!)俺はは思い切ってしゃぶりついた!

 

「おっおい!カズ・・・」兄ちゃんはビックリして起き上がった。

 

兄ちゃんの顔を見たら、なんか怒ってるみたいやったなぁ・・・

 

「俺、兄ちゃんのこと好きやねん」

 

俺はもう、たまんなくなって
思わず告ってもた!兄ちゃんは俺の頭を撫でてくれて

 

「カズ、ありがとう」って言ってくれた。

 

俺が??って顔してたら、兄ちゃんはキスしてくれた・・・

俺はめちゃ嬉かった。
あんなキスは初めてやった、舌と舌を絡めて・・・もうサイコーやったでぇ!兄ちゃんはキスしながらも俺の胸やお腹を触ってきた。

俺も同じようにした。

 

「おまえの好きにしていいでぇ」

 

兄ちゃんは俺の耳元で言った。俺は兄ちゃんのチンポをしごいてやった。

 

「カズ、舐めたいんやろ?」

 

兄ちゃんは優しい顔で、俺の顔をチンポのに近づけた・・・

俺は兄ちゃんのチンポを握り、口に入れてた。

(これが、兄ちゃんの味なんやぁ!)俺は感動した。

兄ちゃんの先走りの味はマジで美味かったでぇ・・

俺はぐちゅぐちゅ音たてながらしゃぶりついた。

やっぱ兄ちゃんのチンポはデカイ!
奥まで咥えても、まだ余ってんねん・・カリのところを舐めたら

 

「うっ!」って声を漏らしてた。

 

兄ちゃんの息が、だんだん荒くなってきた・・・

 

「はぁ・・はぁ・・」

 

俺は手で、めちゃしごいてやった・・・先走りが溢れてきてた!

俺は亀頭を、手のひらでこねてやった!

 

兄ちゃんは

 

「あぁぁ・・・いい・・」って連発してた。

「いっイク・・・・」兄ちゃんも俺の手の中でイッてもた!

 

二人して笑ってもた・・・それから二人でシャワーを浴びに行った。
お互いの体洗ってたら

 

「カズもいい体してんなぁ」って言いながら兄ちゃんが抱きついてきた!

 

俺はビックリしたでぇ・・・

 

「俺もなぁ、カズのこと好きや・・・」兄ちゃんが言った。

 

俺はもっとビックリした!

 

「兄ちゃん、マジ?」俺も兄ちゃんに抱きついて言った。

 

「マジや・・マジで昔から好きやってん」兄ちゃんがキスしてきた。

 

もう、俺は嬉しくて・・・
起ってきた俺のチンポをしごきながら、兄ちゃんは激しいキスをしてきた・・・

 

「兄ちゃん、ベッドでやろうや?」

 

俺たちはまたベッドの戻ってHしました。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング