ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】声も出ないほどの強烈ピストンを初体験したガタイ専の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】声も出ないほどの強烈ピストンを初体験したガタイ専の結末・・・・・・

声も出ないほどの強烈ピストン

 

関西に住んでる165-53-29。

 

掲示板見て好きなタイプ(短髪野郎系)にメールしたりするんだけど、やっぱガタイいい人はガタイ専なんかな?なかなか見つからなかった。

 

ある時、野球やってる10才も年下のヤツにダメ元でメールしてみたら会ってみたいとのこと。
お互い画像交換もして会ってみたら、画像以上に「野郎」で疼いてしまった。

 

話はとんとん拍子に進んで部屋に連れて帰った途端、後ろから抱きしめられて耳たぶをなめられた。それだけで勃起した(^^;

 

お互いシャワーを浴びた後布団に入り、ヤツの愛撫に声が出まくりの自分・・・

 

「生種仕込んでくれるん?」と聞くと

 

「もちろん」とのこと。

 

「オレ腰強いっすけど、ガシガシ使っていいっすか?」言われ

 

「まだモロ感ちゃうから最初は上から乗らせてゆっくり始めてや」

 

と答え、ヤツの太マラに多めにオイルを塗ってラッシュを思いっきり吸った。

 

横たわるヤツにまたがり自分の重みで埋めていくけど、やっぱ太くてすんなり入らない。4回目のトライでようやく根元までくわえこめた。

 

「あ~めちゃ締まる!」

 

言ってマラをビクビクさせるので、それだけで悶える自分。
何回かラッシュを吸って馴染んできたところを見計らって、ヤツは腰を動かしはじめた。

 

太マラが中で動く度に声が出てしまうのを見てヤツは

 

「かわいいなぁ」

 

と一言いい、上半身を起こすと抱きしめながら座位で犯された。
そのまま正常位へと体位を変えると

 

「そろそろいくっすよ」

 

とガツンガツン腰を使い、太い腕で肩を押さえつけて強烈なピストンを繰り返した。
声も出ない突きってこのことか・・・と思うくらい激しかった。
そして、自分を抱き起こすと駅弁に・・・

 

初めて駅弁されて、下から突き上げられる太マラにヤツにしがみつくことしかできなかった。

 

そしてバックの体勢からガシガシ犯されて意識も朦朧として来た時に

 

「そろそろイッていいっすか」ってことで、最後は

 

「いくっいくっいく~!!」

 

と腰を密着させてグリグリと押し込みながらドクドクと種を流し込んでくれた。

 

しばらくぐったりしていて、ふと気付くとヤツのマラは堅さを維持している・・・
そのまま再び腰を動かし始めて、結局2時間のうちに3発の種を仕込んでもらった。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング