ホーム » BL小説/SM調教 » 【BL小説】元カレを忘れるため、猿轡を付け、玩具になる・・・・・・・

【BL小説】元カレを忘れるため、猿轡を付け、玩具になる・・・・・・・

【BL小説】今でも元カレを思い出すんだ

 

4年付き合って同棲までしていた彼にフラれたのが先月。元カレは最後まではっきりした理由を言わなかったがオレは知っていた、浮気していることを。自暴自棄になってネットで男を漁る主人公。他の男、それも薄汚いオッサンににめちゃくちゃにされることで元カレに復讐してやろうと心に決めた・・・・・

猿轡を付け

 

彼と別れてヤケクソになっている時にネットで知り合ったおじさんに「忘れさせてあげるよ」とセックスを求められた。

 

その人といろいろ話している内に(いいや、別に誰だって)と思い応じることにした。

 

ビジネスホテルで会うと、その人はSMがちょっと趣味らしく、いろんなグッズを持ってきていた。

 

しかし、痛い系はもちろん無理と答えると、じゃあ衣装だけでも、どうしても言ってくるのでOKしたが、結局は猿轡に両手、両足をベッドに括りつけられた。

 

もうどうにでもしてくれという感じになり、大人しくしていると、そのおじさんのSMチックなコスプレを見た途端に何だか急に悲しくなってきた。

自分が惨めになってきて前彼のことが頭に浮かんできたら、急に帰りたくなってきた。

 

しかし、猿轡で言葉が出せない。

 

首を振って拒んでも、「いいねぇ~そういう素振り興奮するよ」と逆効果だった。

 

ローションを全身に垂らされ、乳首から内股、履いていたビキニの上からぬるぬると弄られ、ビキニを脱がされると、丸出しのちんこにローションを垂らされてぬるぬるとしごかれた。

 

くちゅくちゅと音を立てながら、その人に次々と卑猥な言葉を掛けられ、更にその行為が続いた。

 

そんなことをされている自分がどんどんと惨めになってきているのにちんこを勃起させられるという相反する状況だった。

 

(いきたくない・・・いかされたくない・・・こんな形でなんて・・・)

 

しかし、おじさんの手付きに遭えなくいかされてしまった。

 

しかもその後2回も射精させられ、写真まで撮られてしまった。

 

おじさんも自分でしごいて僕の体に射精して、拘束を解いてそそくさと一人で部屋を出て行ってしまった。

 

ベッドの上で自分の精液とおじさんの精液がローションでテカテカの僕の体に塗れているのを見て、涙が止まらなかった。

 

嫌でもいってしまった自分の性が悲しかった。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:BL小説/SM調教の最新記事

カテゴリ:BL小説/カップルの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング