ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】兄に身体を売り小銭を稼ぐ無職弟の話

【ゲイ】兄に身体を売り小銭を稼ぐ無職弟の話

兄に身体を売り小銭を稼ぐ無職弟

 

僕は25歳の無職。

 

毎日ブラブラして過ごしているんですが、
実家に住んでいるとはいえ、全くお金が必要ないわけではありません。

 

そこでお小遣いを稼ぐ方法として、この身体を兄に預けています。
兄とは、学生の時に初めてフェラさせられて、
兄が就職のために家を出るまで、よくフェラさせられてました。

 

僕が社会人になって、2年ほどで会社を辞めた時に、兄に呼び出されました。

 

再就職先はあるのか。これからどうするのか。
いろいろ聞かれ、僕が何も考えていないとわかると、
いきなり押し倒されました。

 

「だったら、身体で稼げばいい」

 

そう言う兄に、久しぶりのフェラを強要され、口内射精。

またやられた、でも仕方ないなと思い、
むせている僕の下半身を裸にすると、正常位で挿入されました。

 

ローションをつけていたとはいえ激痛で、本気で涙を流したものです。
兄は半身を起こして、腰を激しく動かしながら、僕の顔を見詰め続けました。

 

兄は、僕の泣き顔が堪らなくよかったと言います。
最後は中出し。その日だけで、5回は射精されました。

 

今は僕が兄のマンションに行って、

兄に抱かれる事で、お小遣いをもらって生活しています。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング