ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ体験談】1ヶ月付き合った高校生カップルが初めてHした結末・・・・・・

【ゲイ体験談】1ヶ月付き合った高校生カップルが初めてHした結末・・・・・・

高校生カップルが初めてH

 

僕は、九州某県の高校に通う高校2年生です。

 

進級テストで欠点だらけだったので、今年C組から一気にG組まで落ちてしまいました・・・。

 

でもそれがきっかけで、今まで我慢していた事も出来るようになりました。それは、彼氏です。

 

A組からF組まで40人クラスで、G組は残り物を集めたようなクラスで29人だけのクラスです。

でも、それはそれで人数が少ない分クラスのみんなと仲良く、

和気藹々としたクラスです・・・。

 

その中に、僕の彼氏は居ます。
彼氏は、身長が171cm、体重が60kgで、ウォンビン似です。
普通、男同士で付き合ってるとか思われ無いので、普通に登下校いつも一緒です!!

 

自分の通う学校は、桜ヶ丘と言う丘の上に在り学校の周りを森が囲っています。

北側にある桜坂を降りると市街地に出て、南側にある裏桜坂を降りると住宅街が広がって居ます。

桜ヶ丘だけに春は桜の綺麗な場所で、道から一歩森に入るとトトロを

思い浮かばせるような所です。

 

僕と彼氏は、裏桜坂から毎日通っています。
裏桜坂の方は、人通りが少ないので毎日イチャイチャしながら帰っています。

 

付き合い初めて、1ヶ月が過ぎました。
そろそろ、Hをしても良いかなって思っていると彼氏が、

 

「昼休み、森に行こうぜ!!」と誘ってきました。

 

僕は、いつもの事だから普通に一緒に行きました。

しばらく歩いて、森の奥の崖の所まで歩いて行きました。

そして、岩に座り2人で話しました。

 

僕「なんかあった?!」

 

彼「いやー、別に・・・」

 

・・・・・・(シーン)とした空気が流れた・・・・・

 

彼「俺たち、もう1ヶ月だよなっっ!!そろそろ、Hしても良いよな!!」

 

僕「僕も、思った。」

 

彼「マジでぇぇぇぇぇ、良かった引かれたらどうしようかと思った。」

 

僕「そろそろ、竜司の全てが見たいと思ってたに・・・。」
(笑笑笑笑笑)

 

彼「じゃー、今日暇?!部活何時あがり?!」

 

僕「6時半!!」

 

彼「俺、7時やけん、まっとって!!」

 

僕「分かった」

 

僕は、嬉しくて午後の授業は携帯で体位の勉強をしていた(笑)!!!
その日の夕方、彼氏を崖の所で待っていました。
上手く行くかなーと、胸がいっぱいでした・・・。
実は僕まだ、童貞(*_*)なんです。

 

彼氏には、聞いたこと無いけどやり手って感じだから1回位はやってると思う。。。と、考えていると彼氏が来た・・・・・・・・・・

 

「待った???」

 

「いいやー」

 

「とりあえず、下まで歩こう」そうして、裏桜坂を歩きました。

 

僕「あのさー、僕まだ童貞・・・なんだよねっっっ!!」

 

彼「マジでー、俺も・・・・。」

 

僕「良かったー、マジ焦ってたけんねー」

 

彼「俺も。」

 

なんか、少しだけホッとした。

坂をおりてすぐの所にある、神社で話しをする事にしました。

 

彼「何処でする?俺もう我慢できんのじゃけどー。」

 

僕「僕も☆☆☆」

 

彼「ここで良い?」

 

僕「外で??」

 

彼「もうヤベーよ俺・・・・。」

 

僕「わかった」

 

結局初Hは神社の境内ですることになりました。

(神社の裏手には桜ヶ丘があってそこに小さな洞穴が開いていて、Hの名所でコンドームが沢山落ちてることで有名です。)

 

彼「お前、準備良い??」

 

僕「良いよ!!」

 

こんなぎこちない会話で、Hは始まりました・・・・。

とりあえず、何すれば良いんだろー??と2人で考えました・・・。
ビデオみたいに、激しくするのか迷って、一応ビデオみたいに始めは服を脱がせるとこからやってみました。

 

僕「竜司!!見て僕の・・・。」

 

彼「マジで食べて~」

 

僕「食べて良いよ。」

 

彼は、夢中で僕のチンコをレロレロ始めました。
気持ち良くて、

 

「あっあっあっ」と声がでてしまいました・・・・。

 

僕も負けずに、彼の服を脱がせチンコをしごきました。
彼も、ビデオの様に腰をつき上げてきて、なんかスゲェー気持ちよくなりました。

 

しばらくして、僕の手を壁につかせ、僕のアナルを指で広げてきました。
やばい、、、初アナルだから痛くてでも、彼氏の為に我慢しました。

 

「痛いっっっ」

 

と思わず声が出てしまって彼氏は、少し優しくしてくれました。
そしてついに、竿が注入され始めました。僕は、ムードを出すために

 

『あっ、良い良い良い!!!』とかなり努力しました。

 

腰を振ったり、体位を変えて見たりしました。
1番良かったのは、彼氏の上に乗る体位が1番気持ち良かったです。
そして、中だししてもらいました。
暖かい、物が勢いよく体に入ってきました。
なんか、彼氏とやっと1つになれた気がしました・・・・。

 

いったあと、彼氏は覚めてしまい、しばらく話しをしました。

 

彼「お前、アナルから精子こぼれてるぞ!!」「なんか、やらしい」

 

僕「舐めてよー。」

 

彼「待って、俺今何やってるんだろー」

 

僕「H」

 

彼「俺、お前好きだよーーーーー」

 

僕「僕も」

 

彼「今度は、俺に・・・・」

 

彼氏の、アナルを舐めてよだれを付け指を入れていきました。
彼氏は、「痛い」と1つも言わずに受け入れてくれました。
そして注入・・・・。

 

今度は、僕と彼氏が向かい合い、彼氏のチンコも一緒にしごきました。
しばらくして、彼氏のチンコから2発目が発射され、体に掛かりました・・・。
そして、僕も彼氏のアナルに中だししました。

 

僕「気持ちよかった??」

 

彼「気持ちよかった!!」

 

僕「そろそろ、終わろう」

 

彼「そうだな、もう遅いしな」

 

僕達は、服を来て帰る事にしました。

しかし、体に付いた彼氏のザーメンが臭ってまたムラムラしました。
でも、あんまりやると楽しみがなくなるので我慢しました。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング