ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】四六時中舐め合った厨房の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】四六時中舐め合った厨房の結末・・・・・・

四六時中舐め合った厨房

 

中2の時の出来事を書きます。

 

当時 結構いけてるなぁ~と思っていた男の子が居たんです。

何気なしにその子を遊びに誘ってみたんですが あっさりOKとの返事。

中学と言うと勿論Hな話しで盛り上がる事も多々・・・。

 

「コンドームってどうなってんの?」

 

と聞いたところ まだ彼も詳しくは知らなかった様で

 

「買ってみる?」

 

と言う事になり いざ自販機へ!

 

彼の家の倉庫で着けて見せ合いをしました。

お互い何を思ったのか 触りあったり擦りあったりと不思議な関係でしたが 僕にとったらラッキーとしかいい様がありません。

 

次ぎに逢う時も触ったり 触られたりしてたんですが ある日僕の方
から

 

「フェラってどんなんやろね?」

 

との問いかけに意外と

 

「じゃ やってあげる・・・」

 

僕は????

 

状態で 嬉しさのあまり 何も感じずすぐに いっちゃいました。

今度は彼にしてあげる番

彼は気持ちよさそうな顔をして 僕の頭をもち・・・。

 

1年が過ぎ 当然それまでも関係は続いてたんですが 3年になってか
らは 放課後だけではもの足りず 学校の休憩時間の間とか 部活の最
中とか・・・

彼は卓球部 僕は文化部兼体育会系 体育館裏では お互いのものを舐めあった事もありました。

 

夜 マラソンの練習に付いて来てもらい学校までのランニング 真っ
暗な運動場 運動場の端には野球部のベンチボックスがあり その中は
真っ暗。

 

中からは外の様子がはっきりとわかるけど 外から中の様子は全然みえませんでした。

2人でベンチの中に入り 話しが盛り上がってくるとお互いのものを求めていました。中でなら外からは見えないから・・・といい彼が僕の中に入ってきました。

 

始めは痛かったけど だんだん気持ちも高ぶってきて 何が何だかわからなくなり 彼がイク前にイッてしまった。

彼もだんだん腰を振るスピードを上げ果てました。

 

その日は なかなか家に戻らず ベンチで何回ぐらいしたでしょうか・・
・その時始めて 僕はウケなんだ・・・と気付きました。

 

今 彼とは全然連絡もとらず日々を過しています。

刺激的な中学時代でした。ちなみに今は25歳です。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング