ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】福岡テン場でデカマラに種付けされた結末・・・・・・

【ゲイ体験談】福岡テン場でデカマラに種付けされた結末・・・・・・

福岡テン場でデカマラに種付け

 

俺はこの前、福岡の脱衣系のゴル○というハッテン場に行った。
行く前に、

 

《久しぶりにケツマン掘られたいから、デカマラの奴だけ、セーフでいれてくれ!》

 

と掲示板に書いて行った。

 

ちょっと昼間に嫌なことがあったので、めちゃくちゃにされたかった。
ハッテン場に着くと、その日は全裸デーであった。

 

俺はスポーツもしているので、
自分で言うのもなんだが、結構締まっているし、結構デカマラである。
ケツを洗っていなかったので、シャワーに入り、
ローションで慣らしてシャワーを出た。

 

中には、7~8人ぐらいの奴が立っていた。みんな股間を隠している。
俺は、さっきシャワー室でケツを慣らす時に、すでに半起ちだった。

角のとこに、1人の色黒のスジ筋の奴が立っていた。

 

俺が通り過ぎようとした時に、ケツに手を伸ばしてきた。
ケツにローションが付いているのがわかったのだろう。
いきなり手を引っ張られて、マットのある部屋に引き込まれた。

 

そして、いきなり耳元で

 

「掘って欲しいんだろ!」と言ってきた。

 

イケメンだったので、

 

「うん」

 

と言うと、いきなりゴムマラを口マンに入れてきた。
それは口に入りきらないぐらいのデカマラで、どっちかというと長かった。今まで50人ぐらいとやったことあるが、一番の長さだった。

 

俺は「ゴムマラかよ」と思いながら、一生懸命にディープにしゃぶってやった。すると、いきなり俺のケツに指をブスッと突き刺してきた。
ローションがそんなについていた訳ではないので、ちょっと「痛っ」って、俺は言った。

 

すると、

 

「俺のチンコ欲しんだろ」

 

と言って、いきなりゴムマラをバックから入れてきた。
俺は痛さに耐えながら掘られ続けていると、段々気持ちよくなって声を上げていた。その間、ハッテン場の中にいる奴は、みんな覗いていった。
俺は、見られていることがもっと刺激的で、

 

「奥までもっと掘ってくれ」って大声で言っていた。

 

すると、1人の色白の奴が、俺の口マンに突っ込んできた。
そいつのマラもデカい。しかも、生マラである。
バック掘られている奴よりもっとデカい。というより、カリがデカい。
そいつは、俺の喉にガンガンに突っ込んでくる。

 

「俺、めちゃくちゃにやられてる」

 

って思っていると、いきなりケツにディルドを突っ込まれた。

ゴムマラの奴が突っ込んで遊んでいる。
それはLサイズの物で、俺には全然入らない大きさのものであった。
しかし、ゴムマラの奴にガンガン掘られたおかげで、
難なく入ったみたいだし、もの凄く気持ちいい。
チンコより硬くて、俺はもっと大声で叫んでいた。

 

すると、色白の奴がディルドをいきなり抜いて、デカマラを生で突っ込んできた。

 

「生はまずい。それは…」

 

それは、Lサイズのディルドを入れて慣れていてもきついくらいのモノである。

 

「デカい」

 

そいつの掘り方は、優しい感じである。
抜けそうなぐらいまで引いて、一番奥まで突いてくる感じの長いマラで掘ってくる。
俺の口には、スジ筋の俺のアナルにさっき入っていたゴムマラが入ってくる。
そいつは、俺のアナルに入ったままのゴムマラを俺の口に入れてくる。
これはローションと変な匂いがして、俺は吐きそうになる。
でも、これが一層俺の変態心に火を点けた。

 

俺は歯でゴムマラを破って、思いっきり吸ってやった。
すると彼は、いきなり俺のアナルに入っているデカマラを抜いて押し退け、いきなり入れてきた。
すると、ドクッドクッというのが、俺のアナルに響いた。

 

俺は『やられてしまった』という気持ちになった。

そして、そのマラを俺の口にもう一度入れてきた。
それは、精子の匂いとローションの変な感じがするマラであった。
それは、出したにも関わらず、ビンビンであった。
俺のアナルは、ユルユルになり、俺の理性も壊れていたと思う。

 

色白の奴は、どうしてどけられたのかを察したのか、もう一度俺に入れてきた。
今までのローションではない、グチャクチャッという音が、俺のケツマンの方で鳴る。そして、ケツを掘るスピードが速くなってきた。
すると、俺はイキたくなって、

 

「イキそう」

 

と言うと、ケツを掘っていた奴は、いきなり俺のケツからマラを抜いて、
俺のマラは色白の奴のケツにブスっと入った。
俺は何がなんだかわからなくなり、腰を振ってしまった。
すると、彼の中に俺の種を奥の奥に出してしまった。
色白の奴も俺の種を感じたのか、

 

「オー」っと声を上げている。

 

俺も『気持ちいい』っと思って、種付けても抜かないでいた。

 

すると、色白の奴が俺のマラを抜いたと思うと、また俺のアナルに入れてきた。俺はイッてしまうと、ケツは使えないのである。

 

しかし、彼は俺の手を振り除けて、またあのデカマラを入れてきた。
それは、さっきまでのデカマラとは全く違うデカラマであった。
先ほどまでは、カリがデカいというモノだったが、太い。
俺にアナルを掘られたからだと思うが、ギンギンである。硬い……。
俺は、痛さに耐えながらも掘られ続けていると、彼にも最後の時がきたのだろう、いきなり正常位になり、俺に覆い被さる感じで俺の耳元で、

 

「お前の種返してやるよ」

 

と言って、俺の奥の方ばかり突いて来た。
そしてビクっとした瞬間に、俺のアナルの中にジワーっと温かいものを感じた。

 

『あ~~~、またやられてしまった』

 

っと思いながら、俺は少しずつ気を失ってしまった。

気が付くと、俺のアナルからは精子がダラダラと垂れてきた。

 

シャワー室に行きケツを流すと、精子と血が混ざったモノが太股を伝って来た。
家に帰ってから掲示板を見ると、俺の書いた投稿にレスが2つあった。
1つは、

 

≪デカマラでスジ筋……完全セーフでやろう。175@65@27@P18≫

 

と書いてあった。もう1つは、

 

≪種付けあおう。デカマラ……20代後半、P20≫と書いてあった。

 

ひさしぶりに最高の種を付けたので書いてみた。
今もその2人のことを考えて、ビンビンで書いている。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング