Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » トコロテン » 【ゲイ】本意気でトコロテンさせてくれた美味いチンポの話

【ゲイ】本意気でトコロテンさせてくれた美味いチンポの話

本意気でトコロテン

 

先日、有料のハッテン場に行ったときのこと。

 

地方のハッテン場なので人も少なく、
たまに人が多くいても、あまりヤッている人が少なかったり…と、
とっても穏やかな(?)ところなのだが…。

 

今回も例に漏れず数人しかおらず、派手にヤッてる様子もない。
これはハズレかなーと思っていた。

 

ふと見渡すと、かなり以前ここのハッテン場でやったことのある人を見かけた。
30代半ばくらいの小柄ながら体格はよく、ちんぽも大きいのだが、
シャイで、大人しい感じのタイプで、積極的には相手に手を出さない。
でも、気はあるような素振りだったので、その時はこちらから攻めて、ほとんど一方的に口と手でイカしたんだけど、
その時のあえぎ声と射精の勢いがすんごくて…。

 

普通、仰向けになった状態で射精した場合、
大抵腹の上辺りか、よく飛んで自分の頭を越すかなって感じなのだけど、
こいつはそのまま真上に向かって、
白く大きな塊がドピューーーーーッとすごい勢いで吹き飛んだ!!!
(30センチ以上は飛んだ気がする)

その後も、「あ゛~あ~あぉ~ おぉおぅっっ ぅはぁっ…!!」と、

大きな男らしい喘ぎ声と共に、その辺りに勢いよく精液を撒き散らした。
思わず、「す、すげぇ~!」と驚いたのを覚えていたからだ。

 

そして、今回もやはりシャイな感じで、一向にあちらから手を出してこない。

俺の寝ている近くで、何度か突っ立っているところを見ると、その気はありそうなので、こちらから手を出し、そいつの股間を弄っていると、少しずつノッてくる。だが、どうやら俺のことは覚えていないようだ。

 

ちんぽを口に咥えると、相変わらずデカくて、カチンカチンに硬く、
カリ太で反っていて形もよい感じ。あまりに美味そうなんで、
今回は段々口だけじゃモノ足らず、ケツに欲しくなってきた…。

 

しかし、あちらから入れてくる気配は全くないので、
普段は割と相手に合わせる(入れるのを任せる)俺も、
その時ばかりは、さすがに自分でローションを塗りこんで、
初めて自分からケツに咥え込んだ。

ビンビンになった旨そうな生ちんぽを、ズルズルズルっと奥まで飲み込むと、めっちゃ快感が押し寄せてきて、

 

「あ゛~っすげぇいいちんぽっ!!」

 

と喘ぐと同時に、思わず

 

「ドロ~ッ」とトコロテンしてしまった。

 

しかも、少し動かしているだけなのに、ドロドロドロ…ッと、なかなか止まらない!
反ったカリが、奥で前立腺付近を刺激しまくっているようだ。
やっべぇ~気持ちいぃ…このちんぽ、すっげぇ気持ちいい。

頭が真っ白になりそうだ…。

 

相手も興奮し、気持ちよくなってきたのか、次第にノッってきて、
俺の身体を弄りながら、勢いよくパンパンとケツを突き上げてくる。
俺も普段では出ないようなよがり声を上げながら、連続トコロテン。

 

マジ気持ちいい…マジ気持ちいいっ!!

 

自ら体位を変えながら、突きまくってもらってる内、
相手の様子から、そろそろフィニッシュが近くなってきたようなので、俺は、

 

「あ、ぁ、そのまま、そのまま…中で出して~っ!!その種、いっぱい奥までぶっ込んで欲しいよぉ~っっ!!」と思わず懇願。

 

そんなこと普段言ったこともないのに…。
それを聞いたそいつは、正常位で腰の動きに激しさを増し、
パンパンと掘りまくってきた。そして、

 

「んあっ、あ、出る出るっっ!」という言葉の後、

 

「あ~ぐう゛~ ぁ おおおお ぁああっっ…んっ、はっはぁぁああ~~ぁっ!!!!」

 

と、ドデカい喘ぎ声と共に、俺の中に勢いよく発射した。

一瞬「でゅぷゅゅっ」という奇音が俺のケツの中でうねった。
あの天井を突く勢いで飛んだ白く大きな塊…。

そんなスゲぇー馬種が、俺のケツマンコの中で滝登りした瞬間だった。

俺はケツの奥底に、今まで感じたことのない程のゾクゾク感を感じてしまい、と同時に、俺の勃起しまくっていたちんぽからも、
手を使わずにドピュっピュ~ッッと本イキしてしまった。

 

「あ~っあ゛~ すごぉぉっ、すごいぃ、マジすごぉいっ!!!」

 

と初の本イキのトコロテンで、思わず自分でもビックリしてしまった。
その後もすごい量の種が、俺のケツにドクドクと注がれていくのがしっかりわかり、その度、俺はもうこれ以上ないってくらい全身でピクピク感じてしまい、自分でも何が何やらわからなくなってしまっていた。
それは、今まで感じたことのない光悦感だった。

 

やっぱり自分から欲しがるほどのちんぽは、
それだけ魅力があって気持ちいいんだと思った。

 

こういう意識も、種がケツに当たる感触で、
自分もイッてしまう程の快感も初めてのことだったので、
これで俺も生ちんぽ・種付けがやめられなくなってしまうだろう…。



 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索