Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】セーフ希望の爽やか坊主に種付けヤリ捨てした結果wwwwww

【ゲイ体験談】セーフ希望の爽やか坊主に種付けヤリ捨てした結果wwwwww

セーフ希望の爽やか坊主に種付け

 

種欲しがるヤツに、種つけるのには飽きてきたから、
最近は“セーフで”ってヤツに、俺のドロッと濃いザーメンを種つけしてる。

 

ネットで知り合った坊主・髭で、爽やかな感じの27歳。
ジムで鍛えているらしく、胸筋はもちろん、腕と肩の筋肉が張っててカッコいい。でも彼氏がいるとかで、“ゴムつきで”ってことになった。

 

近くのホテルに入ると、キスやフェラはそこそこに、
ヤツを素っ裸にし、ベッドに仰向けに寝かせた。
広げた足を自分で抱えさせ、ヤツのマンコが丸見えになるようにした。
ケツ毛は処理してあるのか、マンコがヒクついて、チンポを期待しているのがよく見える。

 

俺はヤツのヒザ裏に手を当て、ケツを突き出させ、マンコをしゃぶりまくる。

ヤツがため息のような声を出す。
ベロンベロンに舐めあげ、舌を突き刺し、充分軟らかくなるよう解した。

 

マンコが開いてきたところで、ローションをつけた指2本で掻き回す。
グチャグチャとわざと卑猥な音をたたせ出し入れしてやった。
暫くすると、ヤツは我慢できなくなったのか、チンポをねだりだした。
さっきからギンギンの俺の上反り赤黒いチンポを見つめている。

 

「入れて欲しいか?」

 

と焦らすように言うと、

 

「お願いします」と切なそうに言う。

 

「なら、四つん這いになれ」

 

と言った途端、
飛び起きて四つんばいに、俺に高々とケツを向けて待ち構える。
そのケツに、持参したゴメオのカプセルを指でそっと仕込む。
俺は自分のチンポにたっぷりローションをつけてからゴムを被せる。

 

ゴムを付けるところを見て安心したのか、更にねだるようにケツを高く上げる。
俺はゴムを根本まで引き下ろさず、亀頭のクビレぐらいで止めておく。
こうしておくと、挿入後マンコの中で抜き差ししている内に、
チンポからゴムが外れやすい。

 

チンポに手を添えて、ヤツのヒクついているマンコに突っ込む。

ヤツのマンコにはゴムの存在を確認させて安心させておく。
俺は、チンポからゴムを外すことを意識しながら、ヤツのマンコを突きまくる。
長いストロークで、チンポを引くことを意識しながら動かしていると、ゴムは外れる。ゴムはヤツのマンコの中に落ちているハズだ。

 

その頃には、ゴメも効き出し、突きまくられているヤツのマンコはトロトロ。俺は溢れる先走りをチンポでヤツの腸壁に撫でつけ、擦りつける。
ヤツの両手を背中で手綱のように一纏めにし、ガンガンと腰を打ち付ける。
ヤツはベッドに頬を当てて、アアアッーーーと鳴き声をあげている。

 

チンポを填めたまま、ヤツを再び仰向けにし、
ゴメでヘロヘロになっているヤツに、たっぷりラッシュを吸わせ、追い打ちをかける。

 

両足をガッシリかかえチンポを抜き差しする。
焦点は定まってなし、声にならなくて、ヒィヒィよがりまくっている。
彼氏がいるヤツのマンコを俺の好きなように嬲りまくる。
ヤツのマンコ汁と俺の先走りが混ざり合って、マンコが泡立っている。

さっきまで爽やかだったヤツが、今は初対面の男のチンポでマンコを掻き回され、狂ったように鳴いているのが堪らない。

 

充血したトロンとしたマンコが、俺のチンポのカリの裏にまで纏わり付く。カリ裏と生マンコの感触が最高に気持ちいい。最高。
ヤツのチンポも先走りを腹の上に塗り広げながらブラブラしている。

 

そろそろ俺のチンポも限界に近づいてきたのでラストスパート。

俺は口からラッシュを吸い込んで、そのままヤツに口移しでラッシュを吹き込む。何度も何度も繰り返す、強制ラッシュ。

もう完全にワケ分かってないくらいヘロヘロ。

 

「あーあー」とだらしなく口を開けて喘いでる。

 

もうイキそうで、パンパンになった俺のチンポで、
ヤツの泡だらけのマンコからズボッズボと抜き刺し。
わかってないだろうな、ナマだってこと。

焦点の定まらない目では見えてないしな。
再びヒザ裏に手を当てケツを突き出させ、俺は自分のチンポに手も添えず、ドロドロになっているマンコに宛がい、一気に突き刺す。

やっぱナマ最高に気持ちいい。

 

ここからはイクために腰を振りまくる。マンコが熱い。
イキそうだが、“イク”とか知らせない。勝手にイク。
ギリギリまで射精を我慢。

チンポや亀頭がパンパンに張っているのを感じながら、
ヤツのマンコの一番奥まで突っ込み、ドバドバと一気に射精。
鈴口からドプドプとナマ汁が飛び出していくのがわかる。
ザーメンを吐き出しながら、まだまだ腰を振り続ける。
ヤツの腸壁が段々俺の青臭いザーメンまみれになっていくのが、滑りのよさからわかる。チンポでザーメンを粘膜に擦り付ける。
まだ硬いチンポをマンコに入れたままにし、俺の汁をヤツの腸が吸収するまで抜かない。俺の汁がヤツの細胞にしみわたる。

 

ヤツは放心状態のまま、俺がズルッとチンポを抜くと、アアァと切なそうに鳴いた。

俺はチンポをティッシュで拭きながら、ゴムを外すフリをした。
実のところ、ゴムはまだマンコの奥の方にあるハズだ。
マンコ付近に漏れ出てきている俺のザーメンは、さすがに拭き取ってやる。すぐに種付けがバレるのもつまらんしな。

 

たっぷり出したし、スッキリしたから、シャワーも浴びず、とっとと帰る。じゃーな、お先。種つけヤリ捨て。

ヤツはベッドで大の字のままになっている。

まだセーフでヤッたと思っているんだろうな。

でも、しっかり俺の濃いザーメンをぶちまけられてるぜ。

気持ちよかっただろう?いつ気付くかな、マンコの中の俺の汁に。

 

まぁ、シャワーで汗を流す時にでも、すぐ気付くか…大量のザーメンだし。マンコから青クセー生汁のニオイもプンプンするだろうしな。
その時、爽やかなヤツがどんな顔するかな?

 

俺に種付けされたマンコちゃん、彼氏と仲良くな。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索