Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » トコロテン » 【ゲイ体験談】痙攣が止まらなかった淫乱ハッテン場レポート!!!!!!

【ゲイ体験談】痙攣が止まらなかった淫乱ハッテン場レポート!!!!!!

淫乱ハッテン場

 

うだつく暑さで、風呂に入るのも兼ねて、大きめのハッテン場へ。
サウナからスチームまで一通り揃っていて便利だ。

 

風呂では視線を感じ、股間のモノは風呂場でも徐々に勃起し始め、乳首も疼いてきた。逃げるように薄暗いスチームサウナに駆け込み一息つく。

 

薄暗く赤い照明が、申し訳程度に狭い空間を照らしている。
だが、人の気配だけは敏感に皮膚をまとわりつく。
すぐ横に誰かが来た。

シルエット程度しか見えないが、ガタイはよさそうだ。

 

不意に胸を撫でられ、

 

「あっ」と声を出してしまう。

 

自分でも驚くほど甘ったるい声だった。
相手は気をよくしたのか、自分の体を引き寄せ、
両手で乳首を撫で回し、摘み、潰す行為を繰り返す。
ゾクゾクと体を震わせると、不意に舌が口に滑り込む。
拒むことなく受け入れ、舌を絡め合わせる。
ねっとりと濃厚な口づけを交わしながら、お互いの体を触り合う。
上半身から徐々に股間へと。

 

自分のチンポは、もう先走りで溢れてしまっている。
軽く痙攣を起こし、相手が出してしまったと勘違いするほどだ。
違うと否定すると、指を尿道に押し込み、ニュクニュクと先走りでチンポを弄ばれた。

 

自分も相手のチンポに触れる。大きさは普通だが太い。
亀頭の笠も大きく開いている。それに指を這わせ、脈打つ血管を感じる。
お互いの興奮が高まり、舌を嬲りながら押し倒される。

 

今度は激しく乳首を吸い付き始めた。絶妙な力で歯を当て舌で転がす。
自分はただもう快感に溺れるしかなかった。
ラッシュを吸った時よりも激しい快感が全身を駆けめぐる。

 

そして、次第に舌は下半身へ。
チンポをしゃぶられるかと思ったが、そのままケツの穴を舐め始める。
穴に沿ってゆっくり舐め、舌を押し込む。ケツの穴が舌で広がるのがわかる。自分も無理矢理体を180度回転させ、69の体勢に。

 

ただし、しゃぶるのはチンポではなく、お互いのケツの穴だ。
次第に広がっていくケツの穴に指を入れられていく。
1本…2本…着実に広がっていく。
自分も相手のケツに指をゆっくり入れ、腸壁の感触を楽しむ。

 

「中に入れてもいいか?」

 

不意に言われたが断らなかった。

もっと深い快感に溺れたかったからだ。
その場で四つんばいになると、相手が覆い被さってくる。
まずは両手で乳首を摘み、そしてゆっくりとチンポを宛う。
充分慣らされてるせいか、何の躊躇もなく、ゆっくりと太いチンポが進入してくる。笠の開いたカリの部分を過ぎると、

 

「…俺のカリは太いからな…もう抜けないぜ…」

 

と耳元で囁かれ興奮する。
暫く乳首ばかり弄ばれ、我慢できず、自ら腰を振り始める。
淫乱野郎。そう言われ嬉しくなる。
腰をがっしりと押さえつけられ、腰が振れなくなり、我慢汁がドロドロと溢れ出てくる。

 

暫くして、相手がゆっくりと腰を動かし始めた。
腸壁をなぞるように腰を動かし、前立腺を突き上げる。我慢の限界だ。

 

「お願いします、この淫乱野郎のケツを突き上げてください…」

 

思わず懇願する。

 

「たっぷり中に出してやるから覚悟しな。いいな?」

 

耳元の囁きに、

 

「はい、お願いします」と答える。

 

その刹那、激しい快感が下半身を襲う。
太いカリがケツの穴から前立腺を押し広げ突き上げる。

 

「あっあっ!」と声を漏らす。

 

「もっとイイ声で鳴けよ、淫乱野郎が!」

 

と責められ、周りの人目も気にせず喘ぎまくる。
顔を冷たいタイルに押しつけ、だらしなく開けた口から涎が流れる。
尻の肉たぶを叩く音と、粘液のグチュグチュといった音が部屋に響く。
こんな快感は初めてだ。自分のチンポも限界に近づき、

 

「も、もうイッてしまいまス!!」と泣きを入れる。

 

「いいぜー、出せよ。ぶっ放せよ。だが、俺はまだイかねーし、止めねーよ。それでもいいなら、汚ねー汁ぶっぱなせよ!」

 

!!!

 

我慢の限界か、触れてないチンポからは、おびただしい量の精液が溢れ出てきた。
それでも相手の動きは止まらない。
いつもなら痛いだけなのに今回はまだ快感が続く。
チンポの痙攣が止まらないまま数分後、

 

「おら! イクぜ!!」

 

相手の声が微かに聞こえるが、腸内に広がる熱い精液は確実に感じる。
何度も何度も腹の奥に打ち付けられる。
放心状態のまま、結局名も聞かなかった相手は、
自分の開ききったケツからズルリとチンポを引き抜くと、

 

「楽しかったぜ」とだけ言って、どこかへ行ってしまった。

 

 

また、ケツにチンポが入ってくる感触が。
他の誰かが、そのままチンポを入れてきたのだ。
溺れた快感から抜け出すのはまだ先だった。



 

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング