ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】カウパー垂らしながらフェラしてくれた淫乱高校生の話

【ゲイ】カウパー垂らしながらフェラしてくれた淫乱高校生の話

淫乱高校生

 

俺は21の大学生。

 

近所の発展銭湯に行ってきたときの事です。

 

ちなみにデカマラなんで、銭湯じゃ隠しません。

脱衣所で服を脱いでると、隣のロッカーに人が来ました。

狭めーなーと思って、ふと顔を見ると、超タイプ。

無造作ヘアの見た目高○生のカッコカワイイ系。

 

ぜってーチンコ見てやると、ゆっくり服脱いでると、その子は脱ぎっぷりがよくあっという間にパンツ1枚。スジ筋でいやらしい体。

しかもボクサーパンツの前のモッコリはパンパン。

 

躊躇することなく、パンツを下ろした時、デロンと出てきたのは、カワイイ顔に似つかわない、デカマラ。しかも半ムケで超やらしい。

でも半ムケが恥ずかしいのか、すぐに自分でズルっと剥いてました。

 

俺も負けじと、パンツを脱いで、ロッカー代の10円を探してると、チラチラこちらのチンコを見てきました。

彼も、チンコをブラブラさせたまま財布から小銭を探してる様子。

 

すると彼が

 

「すみません。細かいの無いんで100円両替してもらえますか?」

 

って言ってきました。

 

俺は「いいよ。10円くらいあげるよ」

 

って言うと、素直に

 

「ありがとうございます。出る時返します」って言ってくれました。

 

俺が先に洗い場に腰掛けると、彼が隣に来てくれました。

 

「さっきはありがとうございました」素直で超カワエ~

 

俺「大丈夫だよ。よくここには来るの?」

 

彼「はい。時々来ますよ」話が弾み、年を聞くと、18歳♪

 

体も洗い終わってサウナや室内風呂に入った後、奥の露天にいくことに。もう閉店が近かったので、人もまばら。

露天にはお仲間ぽいオヤジが一人。とりあえず湯船へ。

 

すると、

 

彼は「のぼせた~」

 

って言って、足だけ湯船の中で、風呂の岩に腰掛けました。

俺は湯船の中なんで、俺の目線の目の前に、彼のデカマラが。

しかも暑くてダランとなって更にでかくなってました。横のオヤジも当然ガン見。でも一向に隠す様子もなく、

 

「ノンケか?」って思えてきました。

 

すると、店員さんが「閉店でーす」と出るのを促しに。

 

素直に従い、出る親父。露天には二人っきり。

 

俺も「そろそろ出る?」

 

って言って、同じように露天の岩に腰掛けてお互いチンコが丸見えの状態に。すると俺のチンコをチラチラ見てるのが分かりました。

 

俺は思い切って「チンコでかいね」って話すと、

 

「そっちのほうがでかくないですか!?」と返してきました。

 

「ノンケ?」って聞くと、首を横に振りました。

 

「外でしゃぶらせてくれない?」って言うと、彼のがムクムクと・・。

 

「僕もノンケだと思ってました。僕にもしゃぶらせてください!」

 

って無邪気な返事。もうお互いのチンコ見てビンビン。

ちょっと触らせてもらって亀頭をグリグリすると、

 

「うんっ」ってかわいく感じてる様子。

 

急いで外に出ることにしました。

銭湯を出て近くの俺の家に来ることに。

 

俺「ちんこでかかったね。」

 

彼「そうですか?そっちのもでかかったしw」

 

照れてるカワイイイ顔して、デカマラぶら下げてると思うと興奮。

とりあえず家に入ると玄関でガマン出来ずに、抱きつきキス。

舌を絡めると、向こうも積極的に絡めて玄関でディープキス。

お互い密着しているチンコは既にギンギン。

俺の太ももに彼のビンビンになったデカマラがいやらしくゴツゴツ当たります。

 

タンクトップの下に手を入れて、乳首をいじると、ビクンとマラが反応してるのが伝わってきました。そして、ベッドへ。

彼を仰向けに寝かせて、とりあえずパンツ1枚に。

勃起してるチンコは、既にボクサーの先からきれいな亀頭が出てました。

パンツの上からもむと、パンツがずれてどんどん竿が出てきます。

 

そして、パンツを下ろすと綺麗なデカマラが丸見えに。

上に乗っかり丹念に首筋から乳首、腹筋を舐めました。

どこを舐めても感じるのか、やらしいカワイイあえぎ声。

そしてチンコが顔の目の前に。

 

舌で裏スジをツーっと這わせると、俺の腕をつかんで、感じてるのをガマンしてる様子。

そして、亀頭をぱっくり咥えると、ガマン出来ずにまた声が。

そのままズボズボと根元の方に。

 

ゆっくり舌を絡めながら、口の中で上下にしごくと、のけぞりながら感じまくり。

男らしいデカマラを咥えてるのに、聞こえてくるのは少年のようなカワイイあえぎ声のギャップに更に興奮しました。

 

「気持ちいいいんだ?」

 

「うん。。めっちゃきもちいです・・」

 

すげー美味くて、10分くらいしゃぶった後、彼の顔にまたがり、俺のチンコを彼の顔の前に差し出しました。

彼のすべすべのほっぺたに俺のチンコを押し付けると、彼は自ら俺のチンコを握って、ほお擦りしだしました。

 

「すごいでっかい。。」と握りながら俺のチンコをじっくり観察。

 

かわいいのに超淫乱・・。そして、

 

「しゃぶっていいですか?」

 

と子犬のような目で見上げていってきたと同時に、彼の口の中へ。

どこで覚えたのか、しゃぶるのがすげーうまい。

俺は顔にまたがったまま、口マンを犯し続けました。

 

ちょっと休憩しようと、口からチンコを抜いて、ベッド上の彼の隣に座りました。すると、彼もむくっと起き上がり、俺の脚の間に・・・・

 

そのまままたしゃぶってきたんです。

ジュポジュポいやらしい音を立てながら、うまそうにしゃぶり続ける彼。ふと彼のチンコを見ると、いじってないのにギンギンのまま。

俺もしゃぶりたくなって、シックスナインの格好に。

 

チンコを近くで見ると、ガマン汁が出てました。

人のチンコをしゃぶってるだけでガマン汁垂らすなんて淫乱な子だなと思い、再び彼のをフェラし続けました。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング