ホーム » レイプ » 【ゲイ】東京の発展場で容赦のない輪姦に恐怖した話

【ゲイ】東京の発展場で容赦のない輪姦に恐怖した話

発展場で容赦のない輪姦

 

俺は発展場に行くと、たまに危険な目会うことがある。
そのことについて話したいと思います。

 

この話は、初めて発展場で怖いって思った時のことです。

 

今から約7年前、学生だった俺は、友達と高速バスで東京に遊びに行った。
前日に友達とは一緒に発展場に泊まり、中に入ったら、お互い自由行動にしようと打ち合わせをして、東京に向かった。

 

その日、大型連休ということもあり、高速は大渋滞で、結局東京に着いたのは21時くらいでした。
当初の予定では、飲みも行くつもりだったんだけど、お互いバスに長時間拘束されたため、すぐに発展場に泊まりに行こうということになった。

 

その当時、俺はこの世界を知ったばかりで、発展場についての場所や知識がほとんどなかった。

ましてや、東京で発展場に泊まるのも初心者だったし、だから友達が薦める発展場に向かうことにした。

 

そこは、見た目30代~50代といった雰囲気の発展場。
たまに、ちらほらと若い子の姿も見えるといった感じだった。
館内のことが全くわからなかったので、友達にある程度説明を受け、風呂に向かった。

 

風呂に入るなり、人の多さに俺は驚いた。
さすが東京の発展場は人の数が全く違うなと思い、田舎者丸出しで気持ちの中でちょっと恥ずかしかった。
と同時に、いっぱいの男の裸を目にして、俺のテンションは少しずつ上がってきた。

 

風呂場では、こっちも見ているが、向こうも物色しているのがわかり、
それだけでも興奮して、勃起したあそこをバレないように隠すのが精一杯だった。

 

そして、風呂場での目の保養と、体も洗い終わり、いよいよ館内の探索開始と意気込みミックスルームに向かった。

 

ミックスルームに向かうと、更に俺は驚いた。
たくさんの男達が、タイプの奴を捜し歩き回っている。
そこで俺のテンションは完全に上がった。
風呂場の余韻も残っていたため、俺のあそこはギンギンだった。
俺は、初めての体験にドキドキしながら、ミックスルームの奥に進んで行く。

 

中は薄暗く、人の顔は全く見えない。

辛うじて歩いている姿がわかるくらいだった。
ふと横を見るとベッドがあり、いっぱい人が横になっている。
暫くすると、目もある程度暗さに慣れ、次第に全てが見えるようになってきた。
よく見ると、寝ている人もいるのだが、ベッドでは、男達が上や下やになって、チュパチュパという音と共に、あちらこちらで発展中だった。
それを見ているうちに、知らない間に俺のあそこから先走りが出ていた。

 

とりあえず興奮を抑えて、一旦館内全てを見ようと廊下に出ようとした瞬間、俺の前に人が立って通れなくされた。
俺は一瞬凍りついたが、よく見ると、その人はガッチリしていて、兄貴という感じだった。俺はタイプだと思い、暫くその場で足を止めた。

 

そうしたら、向こうも俺のことがイケたらしく、ゆっくりと俺のチンポを触ってきた。
俺もそれに応えて触り返すと、兄貴のもギンギンにおっ勃っているのがわかった。そして、すぐに近くのベッドに潜り込み、発展を開始。

 

まず俺が下になり先に寝ると、兄貴は俺のタオルを外して、ゆっくりとしゃぶりだした。

俺はその気持ちよさに、ますますチンポがヒクヒクなった。
なんて上手いんだろうと思い、しゃぶられてるだけでイキそうになったので、

 

兄貴に「イキそう」といったら、

 

「じゃ今度は俺のを頼む」と言われた。

 

今度は兄貴が下になり、俺がフェラを開始した。
兄貴のは、俺にとってちょうどよい大きさで、気付いたらむしゃぶりついていた。そしたら兄貴が急に、

 

「もう我慢できない」と言い出した。

 

俺はイクんだなと思い、続けてしゃぶっていたら、
それを兄貴が外して、

 

「ケツできる?」と聞いてきた。

 

俺はそういうことかと気付き、まだ経験の少なかった俺だけど、
ラッシュさえあればバック可能だった。

 

だから俺は、「ラッシュがあれば、できます」と答えた。

 

そうしたら、兄貴は小さい袋からローションとゴムとラッシュを取り出した。そしてローションを俺のケツに塗り、指を入れて広げてきた。
そして、兄貴はお勃ったマラにゴムをつけ、その上からローションを塗って扱いている。

そして、指で俺のケツの穴を確認すると、兄貴のチンポが俺の体の中に入ってきた。

 

俺は痛さに顔が歪んだ。その後だった。
兄貴が俺の鼻にラッシュを近づけ、おもいっきり吸わされた。
そのせいで、俺のケツの痛みは一気に快感に変化した。
そして、俺は掘られている興奮と、ラッシュの作用で、ド淫乱になっていった。俺は寝かされ、正常位の格好でケツを犯されている。

 

たまらず「アー、アー」と俺は声が出てしまった。

 

そして、俺の足はベッドの天井を向いていて、
それも俺の中でビデオみたいなことされてる感じで、マラは我慢汁でダラダラだった。

 

暫くすると、ラッシュが切れてきて、
また痛みが戻ってきたので、俺はラッシュを借りて爆吸した。

また淫乱モードに入り、今度はバックから犯されて、同時にチンポも扱かれた。そしたら、周りにパンパンという音が響き始めた。

それに俺はもう限界だった。

 

「イキそう」

 

と兄貴に言ったら、俺もと言われ、俺が先にチンポ突っ込まれたままイッた。大量のザーメンがあちらこちらに飛び散った。
その直後、兄貴も俺のケツの中でぶっ放した。

 

お互い汗とローションでベタベタになったので、
言葉も交わさず、

 

「ありがとう」と言って風呂に向かった。

 

風呂に行くと、さっきあれだけいた男達が姿を消している。

 

『きっと、みんな発展中なんだな』

 

と思い、ベトベトになった体をシャワーで洗い流した。
風呂から上がり、またミックスルームに戻ると、時刻は0時前だった。

 

長距離の移動と渋滞、それからセックスの疲労で、さすがに眠くなってきた。

俺は、どこか休める場所はないかと、ミックスの奥まで進んで行った。
歩いていると、人が多かったが、程よく寝る場所を確保することができ、
周りが発展中なのも気にせず、爆睡に入ってしまった。

 

どれくらい、眠ったのだろうか。俺は、夢を見出した。
内容は覚えいないが、とても気持ちのいい夢だった。
しかし、それが段々と下半身の方から感じてくるようになった。

 

『ん? なんだ』

 

と思い、眠い目を開けて下の方を見ると、オヤジが俺のをしゃぶっていた。
こういう経験は、地元でもたまにあったから、払って断ろうと体を動かそうとした。しかし、体が全く動かない。

 

『なぜだ?』

 

金縛りにでもあったかと思い、眠気の意識が覚めるのを待った。
暫くして意識が戻ってきたので、また動こうとしたが、やっぱり動けない。

 

とりあえず落ち着かなければと思い、俺は頭だけ辛うじて動いたので、自分が寝ているベッドの周りを確認した。
そうしたら、俺は知らない間に全裸にされており、
右足に1人、左足に1人、両腕は大の字にされて、左右1人ずつ俺を押さえている。
しゃぶってた奴も含め、俺は5人のオヤジに押さえつけられていた。

俺は、寝起きでボーッとしていたため、頭が真っ白になった。

 

その間にも、オヤジ達の俺に対するプレイが激しくなっていく。
腕を押さえていたオヤジ達は、俺の顔にチンポを当て、
無理矢理銜えさせようとしてくる。
俺は拒否をしようと、左右反対側を向くのだが、両側から勃起したチンポ、最後には拒否しきれずに、強制フェラさせられてしまった。

 

足を押さえている奴らは、交代に俺のチンポをしゃぶっている。
俺は正直嫌だったので、何とか逃げ出そうとジタバタしてみたが、
大人5人の体重はどうやっても動かない。

 

その内、俺が犯されているのを見ていたギャラリーが、俺の周りに集まってきた。
みんな、最初は遠くから見ていたんだが、段々近くに寄って来て、俺に手を出し始めてきた。

新たに右の乳首と左の乳首を舐める奴が現れた。

 

そして気付いたら、見てる奴も含め、ベッドの周りには10人くらいのオヤジだらけだった。
俺は更に身動きができなくなり、相変わらず口の中にはチンポが入り、下半身はしゃぶられた状態だった。
俺はその状態を見て、半ば諦めかけたその時、右腕を押さえていた奴が急に

 

「イクッ」と言い出した。

 

その直後、そいつは俺の顔めがけて大量のザーメンをぶっ放してきた。
そいつはティッシュを持ち、自分のチンコを拭いて、さっさとその場から離れた。

 

『おい、俺の顔は拭いてくれないのかよ』と思ったが、

 

『よし、チャンス』

 

だと思い、俺は体に乗ってる男を自由になった右腕で、一旦全て払った。

 

『さあ、逃げよう』と思い、ベッドを出ようとした。

 

だが、まだベッドの上には10人程残っていたため、逃げる隙間が全くない。
俺は困ってしまっい、モタモタしている内に、また無理矢理押さえつけられてしまった。
今度は俺が動いたせいか、下半身でしゃぶってた奴等の動きが変わった。
俺の脚はベッドの天井に上げられ、奴等にケツの穴が丸見え状態になった。そしてローションを塗られ、ケツの穴が拡げられていく。

 

俺は『マズい、入れられる』

 

と思い、必死に抵抗したが、
動けるハズもなく、チンポが俺の中へ入ってきた。

俺は、痛さに顔が歪んでしまったが、奴等はお構いなしにケツを激しく犯しまくってきた。
その内、また俺はチンポを無理矢理銜えさせられ、周りにはいやらしい音が響いていった。

 

上半身では「チュパチュパ」、

下半身では「パンパン」とそれの繰り返しだった。

そして暫くすると、俺をガンガンに掘っていた奴が、俺の体にぶっ放していった。

 

『よし、終わったな』

 

と思ったが、またケツにチンポがすぐに入ってきた。
さすがに限界だった。傷みで頭がおかしくなりそうだった。
しかし、横にいたギャラリーがラッシュを取り出し、俺に無理矢理嗅がせてきた。
俺はその瞬間、今まで嫌だったのが、犯されている興奮に一瞬変わった。

 

『マズイ、淫乱モードに入ってしまう』

 

と頭ではわかっていても、
体は既に多くのチンポに興奮しビンビンになっていた。

俺は、しゃぶっているオヤジのチンポを夢中で銜えた。
しゃぶられているオヤジも、俺の頭を持ち激しく左右に揺らす。
暫くすると、オヤジは無言のまま俺の口の中にザーメンを出していった。
俺はそれを吐きだし、今度は違う奴に無理矢理しゃぶらされた。
下半身では、俺のギンギンになったマラを扱いている奴がいる。
そうかと思えば、俺の乳首を舐め回し、自分のチンポを扱いている奴もいた。

 

ケツは相変わらず激しく掘られている。
俺の周りではいろんなことが起きていて、もう全て把握できなかった。
俺はその状況に堪え切れずに、とうとうイッてしまった。
体中に大量のザーメンがかかり、顔にも飛んできた。

 

『さぁ、これでもう終わりだろう』

 

と思ったが、まだまだレイプは終わらなかった。
俺は下半身の方を見た。
俺が既にイッた後だというのに、相変わらずケツは掘られたまんまだった。

俺は傷みに耐えながらも、とりあえずそいつがイクのを待った。
暫くすると、そいつは

 

「はぁはぁ」と息が荒くなってきて、最後には

 

「あーっ」と大きな声を出して、俺のケツの中にぶっぱなしてイッた。

 

ようやく解放されると思い、体を動かそうとしたら、
ケツを押さえられたまま、まだ動けない。
すぐに新しいチンポがケツの中に入ってきた。

 

『一体、俺はどうなってしまうんだ?』

 

気持ちの中で半ベソ状態だった。

その間にも、俺のケツはチンポに犯されていく。
今度は体を起こされ、膝で立ったまま、バックからの体勢に変わった。
俺の乳首とチンポは他の奴等に丸見え状態になった。
その状態を見た奴等が、すぐに俺の乳首とチンポをしゃぶって来た。

 

俺は、もう勘弁してくれと思ったが、容赦なくプレイは続いていく。
もう既に、俺は奴等のおもちゃになっていた。

 

その内、チンポをしゃぶられている内に、
あれだけ俺はぶっぱなしたっていうのに、またチンポが次第にギンギンになってきた。
そして、どこからかラッシュを嗅がされ、2回目のド淫乱モードに入ってしまった。
俺は自ら腰を振り、俺のチンポや乳首をなめ回していた奴等のチンポを、
片一方ではしゃぶり、右手で扱いてやった。
そしたら、舐め回していた奴等が、順番に俺の体にザーメンをぶっ放してきた。ケツを掘っている奴も、俺の腰つきにケツの中で果てた。
俺も扱かれ、2回目の発射をした。

 

俺のベッドは、もうザーメンだらけでベトベトになっている。
臭いも、雄くさいものが漂っていた。

 

その後、やっと俺は解放された。
とりあえずティッシュで全身をふいたが、
口の中、体、ケツの穴とすべてがザーメンまみれ。
拭き終わるのに、ティシュ半分も使ってしまった。

 

以上が、俺が初めて東京で体験した話です。
他にも、爆睡しちゃって、えらい目にあった経験、
普通に発展場で危険な目にあったことがあります。



 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング