ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】鬼畜厨房がお気にの親友に睡眠薬を飲ませた結果・・・・・・

【ゲイ体験談】鬼畜厨房がお気にの親友に睡眠薬を飲ませた結果・・・・・・

鬼畜厨房がお気にの親友に睡眠薬を飲ませた

 

あれは中学生の修学旅行でした。

 

当時、私は顔OK、性格OKというバッチリな相手を見つけていました。

しかし、彼はGayなのかどうかも分からなかったので、良く話す友人としていました。

 

しかし、修学旅行のくじ引きで、なんと!そのN君と同じ部屋になれたのです。私はうれしく、ある計画を立てました。

 

同室にはN君と嫌いなやつが2人。普通が2人。合計6人でした。

 

一日目。

 

旅はまあまあ楽しく、寝る時間になりました。

風呂の時間では何もできなかったので、夜に賭けてました。

そして私は考えた計画を実行しました。

 

そう、善人ぶって、みんなに睡眠薬入りジュースをコップに入れ、渡してあげたんです。そしたら、消灯時間には全員熟睡。悪い子になりました。ちなみに、不眠用の薬なので、特に害はありませんでした。

 

そして、お待ちかねの時間。

私はN君を布団から出し、上のジャージのファスナーを上げました。

下には何も着ていなかったので、乳首が見えました。

意外にもN君の腹筋は割れていて、ますます下への興味がわきました。

そして、下を少しずつ下げました。

 

そしててっぺんの方が見えてきたとき、私のあれは勃起しました。

興奮して、もう最高でした。その後、私は一気に下げてしまいした。

N君の全裸を目の前に、私はついN君を抱きました。

 

そして、優しくあそこを扱い、N君はいってくれました。

もちろん起きませんでした。

私は当時他に何も知らないので、体に飛び散った液を拭いてあげ、終わりました。そして、乳首にキスして、服を着せてあげ、布団に戻しました。

 

次は嫌いな二人に手を伸ばしました。

まず、全裸にし、二人をいかせました。

そして、お互いのあそこを持った形にし、彼らが持ってきたカメラで撮りました。

そのまま何も拭かず、ジャージをただ上に乗せ、彼らをほっときました。私はそのまま寝ました。

 

二日目。

 

部屋中がざわめいている中、起きました。

何事かと思うと、あの二人の姿にみんな驚いていました。

部屋には鍵が掛かっていたので、部屋の人しか見ませんでしたが・・・。

彼らが起きたとき、お互いに顔を合わせて布団をかぶってしまいました。

 

その後、ジャージを着て、

 

「誰にも言うな」と一人が言って、二人は出て行きました。

 

N君が笑って、

 

「誰がやったんだ?俺じゃなくて良かった。」といいました。

 

私は思わず、

 

「お前だったら?」と聞きました。そしたら、

 

「人前はヤダ。」といいました。

 

少しの可能性を残して、修学旅行は終わりました。

 

追伸

 

彼にその後、本当のことを話したところ、彼は顔を赤くして笑いました。そして、学校のトイレに連れ込まれ、

 

「こうやるんだったらお前とやってもいいぞ」

 

といわれ、ほぼ全裸になりながら、乳首やあそこを舐め回され、いかされました。エッチの間、人が入って来た時には緊張しました。

その後も同じ高校に進み、やばい部活に入りました。(この話は後日)

現在、N君とは違う県なので会えませんが、あそこの写真を送ったりしています。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング