ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】義兄に陵辱された厨房がコチラ・・・・・・

【ゲイ体験談】義兄に陵辱された厨房がコチラ・・・・・・

義兄に陵辱された厨房

 

お尻の穴に出したり入れたりしながら気持ちよさそうに義兄さんは声をあげる。僕は声を押し殺しながら 感じた事のない痛みに必死に耐える。

 

前から視線を感じてはいたんです・・・

一緒にお風呂に入ったり 僕が着替えて上半身裸の時のぎらついた視線。

義理とはいえ 兄弟なんだし ありえないと言い聞かせていた。

 

お風呂でシャワーを浴びていて 背後に誰かいる気配がして振り返ると 義兄がいた。鼻息が荒く 膨張したもので僕のお尻を突っ突いてくる。

 

「冗談キツいから止めてよ」

 

と湯船につかろうとした時 僕の腕をグイッと掴み 押し倒してきた。

抵抗したが 体育会系の義兄に力でかなうはずもなく 僕は次第に抵抗せず されるがままに・・。僕の肉体を貪るように舐め回す・・。

 

「気持ちがワルイ」心の中で思い 早く終わってほしいと思った。

 

お尻の穴に何かヒヤリとしたあと 指を入れてきた。

二本の指が入った後 義兄は膨張したものをいれてきた。

痛くて 抜いてほしくて 僕は腰を引いてみたけど 無駄な抵抗だった。

だんだん 早くなり 義兄が身震いをして声をあげた。

 

事を終えたら 兄は何事もなかったかのように 入浴を済ませて出て行く。僕は放心状態で倒れこんでいたが だるい体をなんとか起こした。

お尻の穴から ドロッとした液体が出て 太股についた。

その液体を手にとり 匂いをかぐと 見覚えのある匂いだった。

それからは必死に何度も身体を洗った 身体が赤くなるほど こすった。

 

「汚れが落ちますようにと」

 

こんな事がまたあると堪らないから なるべく家に早く帰らず 高校は全寮制に進学した。でも 僕の考えは 甘かったようでした。

 

僕は高校に進学してから スポーツで汗を流して 心身を鍛えようと 悩んだ末 水泳部に入部した。

初日 新一年生は 実力がどの程度なのか テストがあった。

終わった直後 部長が新一年生全員を集め こう告げた。

 

「今から新一年生の歓迎会をやる!部の結束を固める為の儀式だ!各自シャワーを浴びた後 パンツ一丁で部室に集合! いいな!」

 

新一年生全員元気よく返事をして シャワールームへ向かう。

 

「なんでパンツ一丁なんだ?」

「儀式ってどんな事をするんだろう?」

 

シャワールームへ向かう途中 みんなその話題で持ち切りだ。

僕もそう思いつつ シャワーを浴びて汚れを落とす。

僕は中学生の頃は 文化部だったので身体は引き締まってはいるが、あまり筋肉はついていない。

他の部員は幼い頃から水泳をやっている人がいて 筋肉質でいい身体をしている。思わず 同じ男なのに見とれてしまった。

運動部のシャワールームは個室がないので 嫌でも股間に目がいってしまう。

あまりジロジロ見たら ホモだと思われそうだから さっさと浴びて身体をふき パンツをはいて 部室へと向かった。

 

部室の前で 副部長がパンツ一丁で新一年生が全員そろうまで待機だと告げた。10分後、全員がそろった。

副部長が部室に入り 入れと言われたら入ってくるようにと告げた。

 

入れ!

 

の合図で入っていくと 先輩達は皆、全裸になっていた。

新一年生が全員入り終えると 先輩の1人が鍵をかけた。

そして部長が

 

「今から儀式を行なう!全員パンツを脱げ!」

 

みんな渋々脱いでいるし 僕1人が脱がないわけにはいかず パンツを脱いだ。

 

「よし!じゃあ お前ら 新一年生とペアになれ!」

 

部長がそう告げると先輩達が僕達のところに来た。異様な光景だ・・

でも、この場からは逃げられないフインキだ。

 

「新一年生の諸君!動いてはいけない!じっとしていろ!」

 

そう部長が告げると 先輩達は 僕達の股間に手を伸ばす・・

ゆっくりと上下に動かす。

先輩達は慣れた手つきで とても気持ちいい・・。

早くもみんな膨張していた。快感に酔いしれ 身をよじる奴もいる。

思わず声をあげる奴も・・。

 

部室はなんとも言えない 異様な空間へと化していた。

よく見ると先輩達も膨張していた・・。

そしてその光景を見ながら 部長も股間を膨張させている。

 

「よし!次!」

 

そう部長が告げると 先輩達は僕達の膨張したものを口に含んだ。

今まで感じた事のない快感が波のように押し寄せて来る!

みんなあまりの気持ち良さに発射していた。

 

僕も快感が最高潮に達し 発射した。みんな 先輩の口の中に発射した。

先輩達はそれを飲み干した!

発射した後の脱力感で みんな腰が抜けていた・・。

これが儀式?! これで終りで みんな もう帰れるものだと思っていたが、甘かった!

 

「お前達気持ち良かっただろう!では次は先輩を気持ち良くするんだ!手と口を使い 今、相手してもらった先輩を発射させた奴から帰ってよし!」

 

みんな嫌な顔をしたし 無論僕もだ。

だが 先輩の口の中に発射した事が気が引けるし みんな渋々 やり始めた。

早く帰りたい一心で。手で扱くのはまだいいが 口に含んだ事はない・・・

ためらったが 自分もしてもらったし やらないとマズいかと思い 口に含む。先輩がしてくれたように、みんな見よう見真似でやってみる。

 

みんな口に含みながらも 股間はぶらんとぶら下がっているだけだが、僕は口に含みながら 股間は膨張していた。

 

部長が近付いて来た。膨張したもので 僕のホッペタを突っ突いてきた。

そして、強引に口に押し込んで来た!

僕は二本の膨張したものに次々と口の中を犯され なにが何だか もう夢中で舐めていた。

 

先輩に続いて部長も発射した時には 残っている新一年生は僕1人だけになっていた。

何分二人分の量は飲むのは大変で 口からこぼれ落ちてしまった。

 

放心状態から抜けて気がついたのだが 僕は二度目の発射をしていました・・

 

その姿を見た部長は意味深な笑みを浮かべ 僕の肩をポンと叩くと僕に軽くキスをして 帰っていった。



 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング