ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】初めてのディープキスは精子の味でした・・・・・・

【ゲイ】初めてのディープキスは精子の味でした・・・・・・

初めてのディープキスは精子の味

 

京都の旅館でのことです。

 

大部屋に男子20数名が寝ています。

僕の隣は、時々ふざけて見せ合いやさわり合いをする友達でした。

オナニーのやり方も彼に教えてもらいました。

 

皆が寝静まった夜中、ふと気がつくと、その友達が僕のものをまさぐっていました。

 

気がついたときには、僕のモノはビンビンになっていました。
僕が起きたのに気づいた友達は、シーっという合図をして、布団に潜りました。

 

そして、僕のパジャマを下ろし、ブリーフも下して、勃起しているペニスをいじり始めました。程なくして、ペニスが生暖かい感触になりました。とても気持ちが良くそのままでいましたが、ふと彼がフェラチオをしていることに気づきました。

そうしたらますます興奮してしまい行きそうになりました。

 

布団の中の彼の顔をさすってペニスから離そうとしますが、彼は止めません。僕も気持ちイイので、強くは拒絶できません。

周りは静かに寝ています。

 

そんなことをしているうちに、

 

僕は「あっ」と小さく叫んで、行ってしまいました。

 

しばらくして、彼は布団から顔を出し、

 

「飲んじゃった。ちょっと苦かった」と言いました。

 

言い終わると僕らはどちらからともなく、唇を重ね、舌を絡め合いました。僕の精子の味がするディープキスでした。

それが僕の男との初めてのディープキスでした。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング