ホーム » BL小説/ノンケ » 【BL】引越し作業員がお漏らしさせられた2年前の夏・・・・・・・

【BL】引越し作業員がお漏らしさせられた2年前の夏・・・・・・・

【小説】お漏らしペニス

 

今年35歳になる桐条サトル。大手メガバンクに就職して12年目、ついに栄転となり都内で支店長となった。妻子は名古屋に残したまま単身赴任となったのだが、さっそく引っ越し業者のお兄さんと・・・

お漏らしさせられた

 

2年前の夏、僕の新居への引っ越し当日は生憎の雨だった。

 

僕は単身で、家具や荷物も少なかったので、少しでも引っ越しにかかる費用を浮かせようと、数社に見積もりをしてもらった結果、個人で営業をしている、いわゆる便利屋に引っ越しを依頼することにした。

 

当日、午前10時半にインターホンが鳴り、扉を開けると、依頼しま業者の男性立っていた。

 

作業着は雨に濡れて湿っている。

 

軽く挨拶を済ますと、業者の男は、手慣れた手つきで家電や家具にビニールを被せ作業を進めた。

 

作業員の名前は玉木。30代後半と断定できた。

 

浅黒い肌に、髪は清潔感のあるショートカット。

 

身長は僕と同じぐらいだろう、175cmはある。体型は普通といったところか。

 

男は手際よく荷物を軽トラックに積み上げ、僕は住み慣れた部屋を掃除し、別れを告げたあと、男と共に軽トラックで新居へ向かった。

 

新居までの約1時間の道のりの間、男は家族を残し単身でこの土地へ来たこと、独立したのは最近で、以前は某引っ越し業社に勤務していたこと、その他プライベートなことまで気さくに話しをしてくれた。

 

新居に到着する前には台風の影響もあり、だいぶ雨足も強まり、僕は男に指示された通りに新居の床にビニールを敷き、男はこれまた手際よく荷物を運び始めた。

 

しかしこの大雨のせいで、荷物を運び終わる頃には、男の作業着は全身びしょ濡れになっていた。

 

昼飯も済んでいなかったので、僕は男に出前を注文することを告げたが、作業着が濡れているという理由で断わってきた。

 

このまま帰すのも気が引けた僕は、新居に浴室乾燥機があることを思い出し、食事している間に乾くのではないかと提案すると、男は申し訳なさそうに了承した。

 

僕は男と洗面所へ行き、男にバスタオルを渡した。

 

男は作業着を脱ぎ、トランクス姿で体を拭いている。

 

しかし大雨は作業着にとどまらずトランクスまでも濡らしてした。

 

気づいた僕はついでだからとトランクスも乾かしたらどうかと尋ねると、男は躊躇わずにトランクスを脱いだ。

 

黒地に柄の入ったトランクスは、色が褪せていて年季の入った物だった。

 

男はバスタオルを腰に巻き、そうこうしている間に出前が届いた。

 

お互い空腹だったのか、まだ荷物もほどいていない何もない6畳の部屋で向き合うようにあぐらをかいて出前の青椒肉絲飯と炒飯、餃子にがっついた。

 

バスタオル一枚の姿の男の腕は太く、血管が浮き出ている。

 

体の筋肉も仕事で鍛えられた自然なものであった。

 

食事をしながら楽しく会話をしていたそのとき、男は

 

「あっ!」と何かを思い出したかのように大きな声を出し、バスタオル姿のまま外へ走った。

 

部屋に戻ってきた男に聞くと、どうやら軽トラックの荷台のカバーを締め忘れたらしく、慌てて締めてきたようだ。

 

男はまたびしょ濡れになり、申し訳なさそうに笑いながら玄関で体を拭いた。

 

そのとき、僕はこの作業員の男のペニスをはじめて見ることができた。陰毛はびっしりと生えていて長い。

 

金玉は重そうに垂れ下がっており、濃い陰毛からはズル剥けのくすんだ茶黒い亀頭がいやらしく露わになっている。

 

男はすみませんと笑いながら、僕に濡れたバスタオルを渡し、今度はやや小さめのタオルを男に渡した。

 

男はタオルを何とか腰に巻き、部屋に戻った。

 

僕は何も見なかったよう冷静を保った。

 

しかし実際はいま見た男のペニスが気になるのが本音だ。

 

その後もあぐらをかいている男の股間に何度も目が行ってしまった。

 

それもそのはず、タオルが小さくなったがために、亀頭と金玉は常に露出した状態なのだ。

 

作業着はまだ乾いていない。

 

男は台風の影響も考え、この日の仕事は入れていないから大丈夫だと言い、ガスコンロや家具の設置を手伝ってくれた。

 

寝室にベッドを運び、男はベッド脇のコンセントを探し中腰の状態で手を伸ばす。

 

しかし届かないのか、男は膝をつきベッドの下を覗く。

 

男の尻は腰に巻いたタオルの結び目で露わになっており、尻どころか肛門まで丸見えになっていたのだ。

 

この光景にすでに興奮していた僕は

 

「届きますか?」とわざとらしく聞きながら男の横へ行き、携帯のライトでベッド下を照らした。

 

すぐ目の前にある男の肛門は縮れて伸びた毛が密集しており、その毛は蟻の門渡りまで続いていた。

 

垂れ下がった金玉や亀頭ももちろん丸見えで、僕はすかさず男の背後へ周り、今度は膝の間からライトを照らした。

 

すると男は

 

「いや、そこからじゃなくても」と拒否をした。

 

さすがにやり過ぎたと思い立ち上がると、僕は隣の部屋でタバコを吸い始めた。

 

少しすると男も作業が終わり、僕はお礼と代金より少し多めの額を男に渡した。

 

男は昼飯もご馳走になったし多すぎると言ったが、その言葉に僕は思わず

 

「いえ、裸まで見せてもらったので」と笑いながら言ってしまったのだ。

 

男は全身で

 

「えぇー」という驚いた素振りをしながら笑った。

 

僕は苦笑いで答えるしかなかったのだが、このときすでに気が動転していて

 

「いいモノ見せてもらえました」と、また余計なことを言ってしまったのだ。

 

男は僕にお礼を言い、

 

「また宜しくお願いしますと言うのも引っ越して来たばかりのところおかしいではありますが」と笑いながら頭を下げた。

 

これでこの男は帰ってしまう。

 

もしかしたらこのままもう会うことはないかもしれない。

 

僕は意を決して最後に男に尋ねた。

 

「失礼を承知でなんですが、あと五千円お渡ししたらもう一度見せてもらうことはできますか」

 

男はもう驚くこともせずすぐにこう言った。

 

「そうゆうサービスはしていないんですよ」

 

僕は男が言っていることは正しいと思った。

 

僕は申し訳ない気持ちと、自分勝手だが残念な気持ちのまま、まだ完全には乾いていない作業着を男に渡した。

 

男は腰に巻いているタオルを取り、トランクスを手に取った。

 

大雨や台風の日は仕事にならないとぼやしながら窓の方に行き、外を眺めている。

 

トランクスを持ったまま、やみそうもないなぁなどと言う男の姿はペニス丸出しの状態だ。

 

男は無理をして最後に僕にペニスを見るチャンスをくれたのだ。

 

僕はそれに気づくと男に近づき相槌をしながら膝をついた状態で男のペニスを覗いた。

 

僕は男のペニスに近づけるところまで近寄り匂いを嗅いだ。不快な匂いはない。

 

かすかに男特有の匂いがするぐらいだ。

 

使い込んだであろう男のペニスはカリ首の部分を見ても自然なズル剥けペニスだ。

 

僕が上を向くと、男は若干歯を食いしばっているような表情で、それでも笑顔を作りながら

 

「じゃあ着替えて僕は失礼します」と言った。

 

僕は

 

「今日はありがとうございました」と言い終わると、何かの糸が切れたように、突然男のペニスを口に含んでしまった。

 

「ちょっ!ちょちょちょっと」と男は腰をすくめたが、興奮していた僕はペニスを口から離さなかった。

 

口にするとさっきよりも男を感じる匂いがする。

 

ノンケのペニスを口にしている興奮が僕の理性を殺す。

 

男は

 

「ヤバいヤバい、これはマズいです」と更に腰をすくめる。

 

しかし僕の口の中では確実に重量を増しているペニスがある。

 

僕はよだれで濡れたペニスを扱きながら金玉を舐めまわした。

 

男は上を向き声を殺している。

 

この数十秒で男はペニスを勃起させてしまい、これ以上は拒否をすることなく、僕にフェラチオさせている。

 

勃起した男のペニスは太く、竿の中心部が特に太い。

 

亀頭もパンパンに張ってきており、亀頭をよだれいっぱいの手で扱くと

 

「気持ちいい」と自ら腰を動かす。

 

後ろ向きに立たせ、毛の生えた肛門を舐めながら扱くと

 

「ぅあっ、ヤバイ。あぁっ、チンポヤバイ、亀頭が熱い、手じゃなくてしゃぶって」と淫語まで発するようになった。

 

そして数分もしないうちに

 

「出そう、あぁ、出る」という男の言葉。

 

何が出るのか男に尋ね更によだれをダラダラにしてしゃぶり続けると

 

「精子出ちゃう、精子!」と叫び、そのまま僕の口の中に大量の精子を放出した。

 

生臭く濃厚な精子を味わい、それを飲み込んだあとも亀頭を舐め続けた。

 

男は足をガクガクさせながら

 

「もうダメです。終わりにして下さい。あぁ!」と僕の頭をペニスから離そうとする。

 

それでもあと少しと僕は亀頭を刺激した。

 

すると男は

 

「ぅあーっ!もうダメだ!」と言った直後、まだ勃起しているペニスから小便を漏らしてしまった。

 

「ぅあ、漏らした。。。あぁっ!」

 

男はそう叫びながらもペニスを僕に向け、勢いよく小便をぶち撒いている。

 

パックリ開いた尿道から出ている小便を僕はフェラチオしながら受け入れた。半分は飲んだだろうか。

 

事を終えると、男は果てた疲労感と気まずさか、作業着を着て、今日はありがとうございましたと一礼をして帰っていった。

 

部屋には男の精子と小便の匂いが充満している。

 

ノンケの男のペニス、精子、小便の味。

 

引っ越してきた初日で経験した貴重な思い出。



 

カテゴリ:BL小説/ノンケの最新記事

カテゴリ:BL小説/痴漢・変態の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング