ホーム » ニューハーフ » 【ゲイ】私を本当の女として犯してくれたニューハーフの話

【ゲイ】私を本当の女として犯してくれたニューハーフの話

神奈川県在住のリーマンさんからの投稿です。ときどき、女のように犯して欲しい!という衝動にかられる投稿者。そんな時はハッテン場で男たちに抱かれ、欲求をある程度満たしてはいるが、何かが違うと感じていた。そんな時、ハッテン場で商売やってるニューハーフにからまれて・・・・

女として犯してくれたニューハーフ

 

もうずっと昔の話です

 

小学校の頃からバイの自分は恋愛対象は女でしたが、
時々むしょうに自分を女の様に扱われたい衝動にかられハッテン場へ行っては男に抱かれていました。

 

でも、精神的な快感はあっても身体的な快感はあまり感じた事がありませんでした。

もちろん射精はしましたが、自分が男からいやらしい目で見られ、女の様に抱きしめられ犯される事に精神的に興奮しているだけなのは解っていました。そして女としての身体的な歓びは知る由もありませんでした。

 

ところがあの夜、、、週末の夜だけは違っていました。

その日友人と飲みに行った帰り、一人でハッテン場になっている映画館に寄ったんです。

 

いつもの様に適当な男に抱かれて興奮したい、ただそれだけですぐ何人か寄って来ましたが、好みじゃないので席を何度か移すうちに廊下に女性が立っている事に気づきました。

 

近寄ってみるとそれは女性ではなくニューハーフでした。

ニューハーフと言えば聞こえがいいですが、正面から見ればどう見ても男。

自分より背も高く、ただ化粧をして女性の服を着てるだけで体は男のままなのはすぐ解りました。

ちょっと気持ち悪く思いながら横をすり抜けようとした時声をかけられました。

 

「お兄さん可愛いわねぇ もう出したの? まだなら私がしてあげる」

 

自分は「いいえいいです」と言って又席に戻ったんですが、後から着いてきました。そして自分の横に座り自分の股間に手を伸ばしてきたんです。
酔っている上にさっきから何度も席を替えている自分は疲れていたんで
席は立たずに手だけで拒否をしたのですが、執拗な行為にしばらく好きに
させました。

 

そうしたらニューハーフはこう言ったんです

 

「お兄さんお金いくら出せる? 五千円でいいわよ」

 

なんと商売だったんです。

なんでこんなオカマ野朗に金までだして、してもらうかと腹が立ってきて

 

「金は無いです」

 

と言って席を立とうしたんですが 力まかせに席に座らされた上に、手に何か付けて再び自分の股間に触れてきたんです。

後で解りましたがそれはハンドクリームのような物でした。

それがものすごく気持ち良いのです。

思わず感じた顔をしてしまったら

 

「お兄さんおねえなのね?いいわよ。お金なくても、もっと気持ち良くしてあげるから私の家にいらっしゃい」

 

自分は抵抗出来ずに言われるまま映画館を出ました。

映画館を出ると、まるで男に戻った様に自分の肩を抱いて自分は逆に女の子の様に抱かれたまま深夜の街を歩き、その人のアパートの部屋まで連れて行かれたんです。
部屋に入るなりキスをされましたが、それはそれまで自分が男の人にされたようなキスではなく、優しく、でも激しくキスだけで体の力が抜けていきました。

 

全裸にされ一緒にシャワーを浴びている間も体中を愛撫されました。
耳や首筋、乳首、背中、あらゆる場所を。

ベットではもっと入念に愛撫されました。

自分は初めて精神的にではなく身体的に感じさせられたんです。
女の子の様な声を出し、その人にしがみついて泣いたんです。

 

そしてアナルを犯されました。

初めてではないですが今迄は痛みと便意を堪えるだけの行為だったのが 痛くないのです。

正上位でもバックでも自分のアナルを出たり入ったりしてる感覚が心地良く、最後はクリームを塗った手でペニスを刺激され一緒にいきました。

 

いった後別々にシャワーを浴び、ベットでその人の肩に抱かれ女の子の様に髪を撫でられ自分は本当に女になった様な感覚にしばらく酔いしれました。

 

しばらくすると又愛撫が始まったんですが今度は自分に命令してきたんです。仰向けに寝たその人は

 

「犯して欲しいんでしょう? だったら私の〇〇〇を舐めなさい」

 

自分は犯して欲しくて一生懸命その人のペニスを舐めました。

ペニスはすぐ元気を取り戻しました。

それでも犯してはくれなくて舐め続けました

 

「犯して欲しいのならシャブリながらお願いしなさい 私のイヤラシイ お〇〇こを犯して下さいと」

 

自分は小さな声で言いました

 

「もっと大きな声で もっと激しくシャブリながら」

 

「さあ 早く 言わないともうやめるわよ」

 

口の周りを涎でいっぱいにしながら言いました

 

「犯してください 私のイヤラシイお〇〇こを 犯してください」

 

「お願い早く私を犯して」

 

「お願い犯して」

 

その人は自分のアナルにオイルをたっぷり塗ると再び自分を犯し始めました。自分はさっきよりも興奮し激しく悶えました。

でももっと凄い事が待っていたんです。

 

正上位からバック又正上位と犯された後、その人は自分を抱きかかえて上に乗せたたんです。そして下から腰を使いながら

 

「体を反らしなさい」

 

自分は言われた通り体を反らしました。もの凄い快感でした。

アナルのどこに当たっているのか、突かれる度に自分のペニスの先がむず痒いような。それが段々と激しくなってそのままいかされました。

 

でもその人は2度目でなかなかいかず、続けて突かれている内に又、自分も感じてきて今度は一緒にいきました。

 

いった後はしばらく動けずいると

 

「貴方と私の体は相性がいいわぁ 気持ち良かったでしょ?」

 

「又 犯してあげるからいつでもいらっしゃい」・・・



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ニューハーフの最新記事

カテゴリ:バイセクシャルの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング