ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ話】知らないおじさんの前でパイパン公開オナニー

【ゲイ話】知らないおじさんの前でパイパン公開オナニー

【体験談】山梨県在住の工場勤務さんからの投稿です。溜まっちゃうと変態の血が騒ぎだす投稿者。今日もパイパンにして近所の公衆便所へ向かった。とにかく誰かにオナニーしてるとこ見て欲しくて・・・早く誰か来ないかな・・・

パイパン公開オナニー

 

僕は 見られ好きなゲイです

 

これは 忘れられない数年前の話しになります

 

その日は 夜勤明けで 凄くムラムラしていて見られながらセンズリしたくなり近所の駐車場とトイレが 隣接する場所へ行き 小便器からかなり離れてシコりながら誰か来るのを待ちました

 

程なくして 年配の小太りした散歩途中?っと思われる方が やって来て 用を足そうとしてます

 

年配の為か なかなか出ないようで 少ししごくような感じで 出そうとしてました

 

そこで 僕は これは長くなるな!っと判断し見てもらえる!っと思い 下半身だけそのオジサンの方に向けセンズリを開始しました

 

するとオジサンは 僕の行為に気付き ん?っとした顔になり見てくれてます

 

見てくれているのが判ったので シャツを捲り上げよりチンポが見える様にするとオジサンは 更に興味深く見てくれる様になりました

 

何故か?っと言うと 僕が パイパンにしているからです(笑)

 

そして チンポもビンビンになった頃 オジサンが

 

「にぃ~ちゃん元気良いね♪もっと良く見せてよ!」

 

っと言ったので オジサンの方を向きシコシコしました

 

するとオジサンが 近付いてきて しゃがみこみ

 

「凄いねぇ~めちゃめちゃ青筋たってるよ!触っても良いかな?」

 

っと言うので 僕は 頷きました!

 

すると優しく握ってくれ

 

「ガチガチやねぇ~!羨ましか~!羨ましか!」っと言いながらシコシコし出しました

 

そして あぁ~気持ちいいよ~っと思っていると生暖かい感覚に包まれたので 下を見るとオジサンが しゃぶってくれてます!

 

僕は オジサン!お仲間さん?っと思っているとオジサンが

 

「若い頃 オジサンもトイレでして貰った事が あるんだよ♪」っとニコニコしながらしゃぶってくれてます!

 

流石にこのままでは不味い!っと思い オジサンを個室に誘うとついて来てくれました

 

立ち上がった時に オジサンを見ると小便した時のままチンポをしまっておらず真っ黒いズル剥けチンポが ビンビンになっていて個室に入って直ぐオジサンのチンポを触りながら

 

「オジサンのチンポ真っ黒くてズル剥けで かっこいいですねぇ~♪」っと僕が言うと オジサンが 自分のチンポを握りながら

 

「久しぶりに元気になってるよ♪にぃ~ちゃんのお陰やねぇ~♪」っと言ってくれたので さっきのお返し!っとばかりにしゃぶりつきました

 

すると「あぁ~懐かしいねぇ~最近は かぁ~ちゃんもしてくれんとに!」っと喜んでくれオジサンが

 

「僕のはいいからにぃ~ちゃんのをさせて!」っと言って僕のをしゃぶってくれました!

 

僕が

「気持ちいいです!」っと言うと

 

「いっぱい出して良いよ!」っと言うので

 

「いきそうです!離して下さい!」っと言っても離してくれず 更にしゃぶるスピードを上げました!

 

「マジでヤバイ!離して!」っと言うと

 

「出せ!いっぱい出せ!」っと言った後 またしゃぶりつきました

 

「逝く!あぁ~逝く!」っと言っても離してくれず 僕は オジサンの口の中にたっぷり出して仕舞いました

 

オジサンは ビク!っとなったあと更にしゃぶり続け 僕が出し終わる迄 しゃぶってくれた後 離してくれ数秒間 口と舌を動かした後 ゴク!っと飲んでくれました!

 

それには僕もビックリして

 

「オジサン!なんで飲んだの?」っと言うと

 

「甘い栗の味のしたから飲んで仕舞った!」っと言ってくれました!

 

僕は 嬉しくなりオジサンを立ち上がらせるとしゃがみこみオジサンの数年前振りにビンビンになったチンポにしゃぶりつきました!

 

するとオジサンが

 

「乳首を触りながらして!」っと言うので 乳首をコリコリしながらしゃぶっていくと いきなりガチガチになり玉が小さくなった!っと思ったら オジサンが

 

「逝く!あぁ~!逝く!」っと言うので 僕は どのくらい出るのか確めたくて

 

「顔に掛けて!」っとお願いしました

 

するとオジサンが

 

「よぉ~し!いっぱい出してやるからな!」っと言うと噴射器の様にドバッ!ドバッ!っと出てきて 顔に掛けられました!

 

オジサンが

 

「久しぶりに出たよ♪何年振りかな?」っと言いながらティッシュで 拭いてくれようとしたので 僕は

 

「拭かなくて良いです!鏡で見たいから!」っと言って個室を出て手洗い場の鏡の前に行くと 凄い量で 色も黄色見がかっていました!

 

僕が 鏡で見ている間に身支度を済ませたオジサンが 近付いてきて

 

「久しぶりに出たから量の多いね♪ 早く洗い流しなさい!」っと言うので 僕は

 

「嬉しいからこのまま帰ります!」っと言うとオジサンは 笑いなが

 

「誰か人に見られるよ!大丈夫ねぇ~?」っと言うので 僕は

 

「大丈夫です!変態だから!」っと言うとオジサンは 笑いながトイレを出ていきました

 

僕は 更に鏡の前で 余韻に浸りながらオジサンのザーメンを触ってました

 

垂れ流れて来るかな?

 

っと思っていましたが 濃いからか余り垂れて来なかったので そのままトイレを出ると入れ替わりに人が入って来て 僕の顔を見てビックリしてました(笑)

 

そして 僕は 素知らぬ顔をしながら車に乗り込み口の廻りに垂れて来たのを味わいながら帰路に着きました!

 

それから 何度も同じトイレに通いますが そのオジサンに会うことが 有りません(涙)

 

また何時か合いたいなぁ~っと思う忘れられない体験でした



 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング