ホーム » 近親相姦 » 【ゲイ話】兄と弟の近親相姦アナルセックス

【ゲイ話】兄と弟の近親相姦アナルセックス

【体験談】石川県在住の男子高校生からの投稿。2つ年上の兄がいると言う投稿者。少し変わった兄らしくオナニーの手伝いを弟になせるんだとか。そんなことをされる思春期の弟の性癖が狂わないはずがない。次第にオナニーの手伝いでは物足りなくなってしまい・・・

兄と弟の近親相姦

 

兄としてます。実兄とです。

 

お互い、快感を求め合っているうちに、最後までいくようになりました。

 

初めの頃は、僕が兄にせがまれるまま、手で射精へと導いてました。

 

特に嫌でもなく、飛び散ったザーメンの後処理もしっかりしてました。

 

その時も、興奮している自分に気付いていました。

 

正直、その時兄にしてもらいたかったのですが、射精をし終えると兄は冷めてしまい、してくれないので、兄のザーメンを拭き取ったティッシュを自分の部屋に持ち帰り、濃厚な青臭い匂いを嗅ぎながら、自分で処理したものです。

 

その内、僕は兄のものをしゃぶるようになり、そして、口で兄のザーメンを受け止めるようになりました。

 

その頃には兄も手でしてくれるようになってましたので、兄のザーメンを味わいながら、兄の手で射精するのが、最高の快感でした。

 

しばらくは、そんな感じでお互い射精し合っていたのですが、ある時兄がローションを買ってきました。

 

僕もある程度覚悟もしていましたし、むしろ、興味津々でどんな快感があるのかと期待をしてたぐらいです。

 

まずは、指からでした。

 

人差し指はすんなり挿入出来ました。

 

気持ちいいとさえ思いました。

 

その時はあまりお互い知識がなかったので指を抜くと、うんちが付いていて、臭いに困りました。

 

ローションをたくさん使ってもらい、三本の指が入る様になり、そして、兄の男根を生で受け入れました。

 

感想は、すごく窮屈な感じで、うんちをずっとしている?感じと言うか、下腹が張るような感じでしたね。

 

徐々に腰を振る兄、すごく僕の肛門は熱かったです。

 

もともと早い兄は、腰を振り始めてから、3分もしないうちに僕の肛門の中で射精しました。

 

その間僕は興奮はしているものの、ちんこはなぜか勃起せずうなだれていました。

 

ゆっくり兄は男根を引き抜き、うんちまみれのちんこをティッシュで拭き取りました。

 

僕は、抜いたはずの肛門にまだなにか入っているような感覚がしていました。

 

しばらくしてから、トイレにいき、うんちをするようにすると、あきらかに兄のザーメンが出てくるのがわかりました。

 

現在は、兄のものをおしりで受け止めながら、感じる事も出来ますし、兄がいきそうになると僕のものをさすってくれて、ほぼ同時に射精出来るようになりました。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:近親相姦の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング