ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小6美少年のテクに完敗した話

【ゲイ】小6美少年のテクに完敗した話

千葉県在住の会社員さん(25)からの投稿です。ワンルームの賃貸マンションで暮らしている投稿者。一応風呂は付いているが、かなり狭いため毎日のようにスーパー銭湯を利用していた。そしてある日を境に、銭湯で小学6年生の美少年と頻繁に顔をあわせる事になり・・・・・・

小6美少年のテクに完敗

 

もう10年前の出来事である。

 

…当時、ワンルームマンションで一人暮らししていた俺は、1日の仕事終わりには必ずと言っていい程某スーパー銭湯を利用し、その日の汗を洗い流していた。

 

そんなある日、いつものように身体を洗い終え…立って頭からシャワーを浴びていると、1人の少年が私の方を見てるのに気付く。

 

年は12~13才?くらいだろうか、身長は150cm前後の痩せ型で、顔は…デビュー当時の広末涼子に似ていて、男の俺でも『ドキッ!』っとするぐらい…かなりの美少年だった!

 

…とは言うものの、更に俺が驚いたのは…

彼の下半身の持ち物のデカさだった!

…ガリガリ体型の少年には明らかに不釣合いなモノがそこにぶら下がっており、デカいと言うより…長いと言った方が分かり易いかも知れない!

 

その子とは銭湯で何度か一緒になったが、特に気にする事なく約1ヶ月経ったある日、脱衣場で彼と隣同士になった。

 

「きみって良く来るんだね!」

 

「えっ?・・・おじさんこそ!」

 

「おいおい、おじさんは無いだろう…こう見えてもまだ25なんだから。」

 

「あっ、ごめんなさい。…じゃあ~お兄ちゃんで…。」

 

…彼の名前は悠太君といい、近所に住む小学6年生の12才だった!

悠太君とはその後も何度か一緒になり、可愛いい弟が出来た気分で缶コーヒーを奢ってやったり、帰りにマクドを食べたり、マンションでゲームしたりと、気が付けば…何時も一緒に遊んでいたのです。

 

そんなある日、スーパー銭湯が改装の為…約1ヶ月間休業する事になった。

土曜日の夕方、仕事を終えて帰宅した俺は銭湯が休業なので自宅で風呂を沸かす(…いつの時代?)、浴槽にお湯を張る準備をしていると…

 

《…ピンポ~ン♪》悠太君が遊びに来た。

 

「お兄ちゃんお風呂に入るんだぁ。」

 

「ああ‥‥家の風呂は狭いから普段入らないんだけど、スーパー銭湯が休みじゃ仕方ないよな!」

 

悠太君はソファーに陣取りゲームを始める。

…俺は洗面所で服を脱ぎ、浴室へ入ろうとすると後ろの方から悠太君の声がする…。

 

「お兄ちゃ~ん?・・・僕も入っていい?」

 

「え?…ああ…イイけど狭いぞ~?」

 

そう言って先に身体を洗っていると、悠太君が入って来た。

 

「ホントだぁ!…銭湯と違って、超~狭いって感じ~♪(笑)」

 

「言ったなぁ~悠君!」

 

混合カランのお湯を水に切り替えて、悠太君にかける。

 

「ひ、冷ッ!…お兄ちゃん止めてよ~!」

 

《…ドキッ!》

 

…男なのに、まるで少女のような声で叫ぶ悠君に、思わず胸がざわめく俺。

 

…この感情は、なんなんだ…!

…相手は小6の少年だそ。

 

「…ご、ゴメンゴメン!」

 

そう言いながら…お湯のシャワーを出してやり、悠太君の身体にかけてやる。

その流れで悠君の身体を洗ってると、悠君も石鹸を擦り付けて来て、お互い泡まみれになりながら…自然と抱き合っていたのです。

 

…何やってんだか俺は…

 

お互いシャワーを浴びながら石鹸を洗い流すと、悠君が笑いながら此方に振り向き…まるで広末涼子みたいな感じがして…凄く可愛いくて、思わず悠君を強く抱き締めた。

 

「お・・・お兄ちゃん?」

 

「・・・・・・。」

 

黙ったまま抱き締めていると、俺の心情を察したのか…悠君は腰に手を廻してきて…抱き付いて来たのです。

…ふと、我に返ると…俺の下半身に変化が起こり始めており、徐々にその膨らみが増してきて…あろう事か、少年相手に完全勃起に…。

 

「あはは…お兄ちゃん勃ってる~♪」

 

「ゆ、悠君‥‥これは違うんだ!…その~なんだぁ…。」

 

「大丈夫だよ!…僕だって、ほら♪」

 

見ると…悠君のペニスも勃起しており、その大きさは…太さこそ俺のより劣るものの、華奢な体には異様な長さで…俺の17cmをも凌ぐ、18cm以上あるのは確実だったのです!

 

「フェラしてあげるね♪…パクッ!」

 

「なっ!‥‥ゆ、悠君…あう!」

 

…何と言う事か!…小6の悠太君がその場に跪き、俺のペニスをフェラし始めた…。

彼のフェラはかなりハードで、亀頭部分咥えると…カリ首と裏スジ辺りを刺激するように頭を激しく上下させ、更に喉の奥の方までペニスを呑み込むと、一気に引き抜いて…ねちっこく亀頭全体を吸い上げる。

 

「おっ、おおお‥‥凄いな~悠君!」

 

「えへへッ!…僕、お兄ちゃん大好きだからね♪(笑)」

 

…小学6年生でこのテクニック!…

しかも、上目遣いでフェラしてる悠太君は…まるで広末涼子のようで、俺はペニスをしゃぶる彼のスピードに併せて、自然と腰を動かして…ピストンしていたのです。

 

《…ジュルル…ジュルル‥‥チュパァ!》

 

「僕…お兄ちゃんが銭湯で立ってシャワー浴びてる時、いつも見てたんだよ♪…お兄ちゃんのペ・ニ・ス!《ジュルジュル…!》」

 

…今思えばあの時…悠太君の視線をいつも下半身に感じていたのは確かで、悠太にとって…こうして俺と関係出来たこと事態、既に想定の範囲内だったのです。

 

「《ジュルジュル…》お兄ちゃん?‥‥このまま出す?」

 

「んん・・・えっ?」《…チュパァッ!》

 

「お口に出すか、それとも…こっちに出すか?…ってこと♪」

 

そう言うと悠太君は、自分のお尻に指を差した。

 

「え?・・・それってまさか!」

 

「・・・僕はお尻にして欲しいんだけどね♪…ペロリ!」

 

ペニスを扱きながら悠太君が卑らしく微笑み…俺を誘って来た。

 

「・・・イイのか?」

 

「・・・うん!」

 

…その時の俺は…もう迷っていなかった。

…広末涼子似の悠太君の身体は凄く眩しくて、下半身のある一部分を除けば…まさにロリータ少女そのものだった。

 

「・・・悠太君。」

 

「・・・お兄ちゃん。」

 

しゃがんで手コキしてた悠太君を立たせると、俺は…そっと…優しく…キスをした。

すると悠君は俺の首に腕を廻し、更に唇を押し付けて舌を入れて来たのです。

 

…ああ…俺は今‥‥12才の少年とディープキスを交わしている。

…でも、嫌じゃない。

…幼少の頃、ふざけて男同士でキスした記憶があるものの…悠君とのキスは全然違う!

…むしろ心地イイ。

25年生きて来て…人生初と云える《男同士のキス》である。

舌を絡めてのディープキス!

…まるで永く付き合ってる恋人同士のように、そのキスは5分以上続き…悠太君が差し込んだ舌を引っ込めると、俺がその後を追い掛けて…彼の口の中の舌を探る。

 

「フフフ…お兄ちゃんってキス上手だね♪…慣れてるって感じ♪(笑)」

 

「な、なに言ってるんだ!…俺は、悠君に合わせただけで…。」

 

「‥‥いいのいいの♪…お兄ちゃん…もっとキスして!」

 

…再び悠太君が唇を押し付けて来た。

…ああ…なんて柔らかいんだ…。

暫くの間…抱き合いながらお互いの唇を貪り合う。

 

「ん?‥‥あっ!お兄ちゃん凄いよ!…僕のお腹‥‥お兄ちゃんの体液でズルズルになってる♪」

 

見ると…ギンギンに勃起してた俺のペニスが、ずっと悠太君のお腹に挟まれた状態になっていた為、丁度彼の胸からお腹にかけて、溢れ出たカウパー氏腺液が付着していたのです。

 

「…フフフ…お兄ちゃんって…相当溜まってるんじゃないの?‥‥そろそろ1回出しとく?」

 

「ん?・・・ああ‥‥!」…図星だった!

 

…フェラからの流れで…俺のペニスは既に爆発寸前の状態になっていた!

…当時の俺は彼女が居ない状態で、週2回のペースでマスターベーションしてたのですが…その週に限って2週間以上も出していなかったのです。

 

「ゆ‥‥悠君。」

 

「うん!‥‥分かってるよ♪」

 

悠太君は再び跪き…勃起した俺のペニスを両手で握り締めると、カウパー液でズルズルになっている亀頭部分を咥える!

 

《…ジュルジュル!》

 

「おおお‥‥悠君!」

 

最初はゆっくり、ねちっこいフェラでペニス全体を愛撫していた悠君は…両手で握ったペニスを上下に扱くスピードを徐々に早めて行きます!

 

「…はぁん!‥‥あッ!…あッ!」

 

…思わず元カノとのSEXでも出した事のないような…情け無い声を出してしまう俺!

…しかも彼女のフェラとは比べ物にならない程濃厚で、まさに男のツボを知り尽くしたフェラチオだったのです!

 

《…チュパ!…シコシコ…ヌチャ!ヌチャ!…シコシコ…ヌチャヌチャ!》

 

「…くぅぅぅ‥‥あッ!…あッ…あッ!」

 

《…シコシコ…ヌチャ!ヌチャ!…シコシコ…ヌチャ!ヌチャ!》

 

「…あッ!…あッ!…悠君!‥‥で‥‥出るッ!‥‥っあああ~~~ッ!」

 

…ドピュッ!…ドピュッ!…ドピュッ!

 

…遂に俺は、12歳の悠太君のフェラによって…約2週間溜まりに溜まった大量の精液を、幾度も…幾度も…放出したのです!

…しかもその快感は…今までのオナニー行為や元カノとの中出しSEXでも味わった事のない、まさに初めての快感だった。

 

「んッ!んんん‥‥ゴクリ♪…ゴクリ♪‥‥お兄ちゃんの濃いッ!」

 

悠太君は俺が放出した大量の精液を一滴残さず飲み干し、ペニスの根元に残ったザーメンも搾り出して、先端から流れ出る雫も全て啜り取った。

 

「…ハァ!…ハァ!…ハァ!…悠太君…」

 

「フフフ…お兄ちゃん、凄い量を出すんだもん…危うくこぼす所だったよ♪(笑)」

 

…完敗だった。

…小6の少年の手コキとフェラによって…大人の俺がイカされたのだ。

…しかも、初めてと云える快感と大量の精液放出。

 

俺はニッコリ笑ってる悠太君を抱き締め、再びディープキスを交わした



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング