ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】知らないノンケの前で露出オナした結果wwwwww

【ゲイ体験談】知らないノンケの前で露出オナした結果wwwwww

山梨県在住の学生さんからの投稿です。近所にある公園は夏の時期になると夜な夜な暇を持て余した若者たちが集まってくる。露出癖のある投稿者はこれまでに何度もその公園で露出オナをしていたが、人前での射精は実現できずにいた・・・・・・

知らないノンケの前で露出オナ

 

この季節の夜中の公園は、夏休みの学生クン達が朝方までバスケやスケボーやストリートダンスに興じている。

普通っぽい男の子やストリート系からヤンキーっぽいのまでイケメン率が高くて、開放感から脱ぎ出す子達もいて、ヒマになるとつい足を運んでしまうんだ。

 

先週の金曜の夜2時過ぎに、いつものように公園へ行くと、2ケツでバイクに乗った二人組が公園の駐車場に入ってきたのが見えた。
二人とも18か20歳くらいで、メットを取ると、一人は短髪の色黒タンクトップ、もう一人は少し長めの茶髪クン。

じゃれ合いながら中央広場の方へ歩いて行く後を自分も追って行った。

中央広場には脇に体育館があって、二人はそのエントランスに座り込み、ラジカセからラップを流して楽しげに話をしていた。

 

俺はというと、そのエントランスから真正面20m程離れた広場中央の、屋根付きの噴水よけ通路の中にチャリごと入って待機。通路の中は照明は点いていなくて薄暗いけど、彼らからは見えるはず。

 

もうわかったかな?

 

俺は露出癖があって、ノンケのイケメンにオナ見られるとスゲー興奮する。イケナイ事だと思うほどのめり込んでしまう変態野郎。

チャリのスタンドを「バチン」と立てると、彼らの方は見ないで後ろ向きになってハーパンをたくしあげてから膝までズリ下げた。
下着は穿いてないから、ケツ丸出し。

 

すると、後ろの方で彼らの声がした。

 

茶髪「うぉっあれナニww」

 

短髪「ヒュ~w」

 

気づいたみたいだ。

でも俺は気づかないふりして、そのままチンコをシコり始める。
右手が小刻みに動いているのが見えたのか、

 

茶髪が「おっオナってるよw ヤバくないw?」と言っているのが聞こえた。

 

右手が小刻みに動いているのが見えたのか、

 

茶髪が「おっオナってるよw ヤバくないw?」と言っているのが聞こえた。

 

その聞こえてくる笑い声から、危険は無いな、と察しがついた。
俺のあられもない姿を見て、むしろ観客気分で喜んでるみたいだった。

俺の心臓は、まるで体育祭の競技前のようにぶるぶると震えて胸がジーンとしてきた。チンコは緊張し過ぎで勃ってもいないのに、感じまくり!
そのまま射精しそうなのを我慢しながら、一心不乱にシコった。

シコりながら吐息が漏れてきて、声を出さずにいられなくなり、思わず

 

「は…ぁん…」と喉を鳴らす。

 

茶髪クンは「うほっwやってるやってるww」と言いながら、俺から目が離せないようだ。
短髪の方も、わざと見られてるのを俺に気づかせるように口笛を吹き始めた。

気分が乗ってきた俺は、自転車のサドルに腰掛けて腰を突き出し、やっとフル勃起してきたチンコを、スケベにシコってみせた。

チンコの先から先走りが溢れ出て、亀頭ははち切れるくらいパンパンになってきた。

 

茶髪「うわ…スゲェなw Fuck!w」

 

短髪「Fuck!w」

 

なんて言いながら囃し立てられて、内心嬉しくてしようがない自分がおかしかった。それにしても「Fuck!w」ってw。

B系かぶれもいいとこだなと思いながらニヤついてしまった。

こんだけ人のオナ楽しんでくれると見せがいがあるってものw。

俺はTシャツを乳首の上までたくし上げて、ハーパンは膝下までズリ降ろし、もっとスケベにゆっくりと自分のチンコをシコり上げる。

 

「う…はぁ…」思わずアヘ声がでてしまう。

 

鈴口から汁が溢れ出て、地面にツーっと垂れ始めてきた。

あくまでも気づかないフリをしていて奴らと視線を合わせられないので、どんな顔して俺の事を見てるのか分からないが、聞こえてくる声から俺をガン見しているのがわかる。

 

するとコンクリを靴が引きずるようなかったるそうな足音が奴らの元に歩み寄るのが聞こえてきた。

 

仲間が来たようだ。

 

仲間「どしたん?」

 

茶髪「あれ!オナニーしてる奴いるよ!ww」

 

仲間「うそ!?」

 

短髪「ほらあそこww」

 

仲間「まじ??うぉ!どんな奴!?」

 

茶髪「知らねぇw なんかやせてる奴w」

 

あーどうせ俺は痩せてますよw

筋肉もそんなについてないし悪ぅございましたw
なんて思いながら、もちょっとハデにやったろ。と思って、Tシャツを脱いでチャリのかごに入れる。

 

短髪「うわー脱ぎ始めたよww」

 

照明も点いてないのによく見えるな、と思いながら左手で乳首を弄り、右手でチンコをピストンさせる。

 

茶髪「気持ちよさそーww」

 

深夜の公園は完全に俺のオナ劇場になっていた。

奴ら、完全に俺のペースに乗っかってきたなと確信したので、今度は大胆にハーパンも脱ぎ捨てて全裸になった。もう止まらないw。

 

茶髪「うはwマッパww!」

 

短髪「あいつ、ぜってぇ聞こえてるよなww!」

 

ノリも絶好調w
調子に乗って、今度は右手の5本指で輪っかを作ってチンコを逆に掴むような形で、腰を大きくグラインドさせて穴の中へ何度もピストンさせる。
まるでマンコに出し入れするように、クチャクチャねちょねちょとねww。

 

茶髪「スーゲーww!」

 

短髪「うーわぁ…w」

 

仲間「wwww」

 

やばい…俺も興奮しすぎて、このままピストンしてるとマジイキそうw。
おっとまだまだ楽しみたいし、と今度は違うポーズを決めてみる。

体勢を変えてケツを奴らに突き出し、右手でチンコをシコりながら、左手はアナルに指を出し入れする「フリ」をするw

 

茶髪「うっわきったねーww」

 

短髪「あいつあったまおっかしぃんじゃねぇのwww!ぜってぇホモww!」

 

実際には指なんて入れてないのに、アナルの周りを指で弄くり回していると、なんだか変な気分になってきた。
チンコも先走り出過ぎでメチャクチャ卑猥な音を出してるw

もう頭の中がぶっ飛んだみたいに、エロモード全開w!

俺はヤバいくらいに興奮していた。

 

俺は、我を忘れてシコりまくっていたが、それでも飽き足らず、今度はマッパのまま地面に片手腕立てのような体勢になり、右手でチンコをシコりながら、セックスしてるみたいに腰を上下に浮かせたり押しあてたりを繰り返した。

 

茶髪「やっばいww」

 

短髪「うはwww ヘンターイw!」

 

もう少しでイキそう、と思った時に、背後で「ザッ」と足音がした!

四つん這いのポーズのまま顔を後ろに向けると,

 

「何ヤってんのww」

 

とスリ筋の茶髪の髪をツンツンに立てた奴が仁王立ちして、俺の身体をニヤつきながらジッと見つめている。

突然の事に固まっていると、その後ろから二人の足音が走ってくるのが聞こえた。さっきまで離れて見ていた茶髪と短髪だった。

 

茶髪「かっはははwww ナニしてんすかww お兄さんw」

 

短髪「ヤァバいよww その格好ww」

 

さっきの三人組だった。
俺がぶっ飛んでいる間に通路まで近づいてきていたのだ。

俺は慌てるふうでもなく、立ち上がってチャリのカゴのハーパンを手に取ろうとした。

 

短髪「待てよw!」

 

茶髪「かははww もう止めちゃうの~?ww」

 

仲間「もうイッちゃったのかな~w」

 

とニヤニヤしながらマッパの俺を舐めるように見ている。

さて、この状況でどうしたものかと思っていたが、俺のチンコは、まだヒクヒクと雁高の亀頭をもたげていた。

 

茶髪「やっばいチンコ勃ってきてるよww」

 

仲間「お兄さんホモでしょw」

 

ヒクついてる俺のチンコを見ながら奴らは言った。
間近でみる三人は、もろ俺好みのイケメン。

俺は、するつもりはなかったのに、反射的に勃起したチンコに手を伸ばして軽く握り彼らの顔を見ながら1回ゆっくりとシコってしまった。

 

短髪「やべシコってるよwww」

 

茶髪「お兄さん俺達に見られたいんでしょww!」

 

勃起したチンコはジンジンと竿を締め付け、興奮しすぎて心臓がバクバクしてその鼓動で立ちくらみしそうだった。

 

仲間「すんげー変態じゃねwww」

 

俺は奴らに辱められて、さらにぶっ飛んでしまった。
口を半開きでとろんとしてしまい

 

「うはぁ!俺のオナニー見て!チンコ見て!」と奴らの前で膝立ちで腰を突き出し思いっきりシコり上げた。

 

茶髪「うへはははwww 超やばいってwww!」

 

短髪「感じてんじゃねーよこいつwwマジ変態!!」

 

三人はニヤつきながらマジマジと俺のオナニー姿を凝視した。

 

俺は「あぁぁはぁん!イク!イッちゃうよ!!」と声を上げながら絶頂に達して、

 

「イクぅッ!」ビューッビューッと大量の精子を奴らの前にぶちまけた。

 

精液は放物線を描いて、ポタッポタッと断続的に地面に落ちた。

 

仲間「マジイキやがったwww!!」

 

茶髪「うひゃひやwwwww」

 

短髪「きったねww!」

 

と口々に言いながらも俺の姿を見て喜んでいる。

 

「ハァハァ…」

 

俺はガクンと腰を落とし、精子をぶちまけたチンコの余韻を楽しむように、2、3度シコりながら、ギンギンのままのチンコに残った精子を絞り出した。

 

短髪「おぃヤバいよ行こうぜww!」

 

茶髪「お兄さん気持ちよかったww?いっぱいでたねー!ww」

 

仲間「うへへへへwww」

 

と言いながら、グッタリした裸の俺を残して体育館の方へ戻って行ってしまった。

 

最高の気分だった。

 

俺は通路の中でしばらく呆然としていたが、落ち着くと服を着直してその場を後にした。後ろの方で茶髪が

 

「お兄さんオナニー気持ちよかった~ww?」

 

と大声で呼ぶ声と、3人の笑い声が聞こえていた。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング