ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケのふりして爽やか大学生のチンポ食ったった!!!!!!

【ゲイ体験談】ノンケのふりして爽やか大学生のチンポ食ったった!!!!!!

大阪府在住の大学生からの投稿です。中学、高校と友達ができず淋しい思いをしていた投稿者は、大学入学をきっかけに友達をたくさん作って楽しい大学ライフを満喫したいと思っていた。そしてたくさん知り合いができた中に爽やかなKがいたのだが、友達としてではなく男として好きになってしまった投稿者は・・・・・・

爽やか大学生のチンポ食った

 

俺は175#60#19の普通体系の大学生です!

今年大学に入って、人生で初めてエロい体験ができました!

っていうか、ノンケの素晴らしさに感動しました(>_<)

 

大学なりたてで、やっぱり友達つくるのに必死やった俺は、とりあえず授業で隣に座るやつとか、小人数授業のグループわけとかで一緒になるやつに話し掛けていろいろ友達になった。

アドレスが一気に30人ぐらい増えたけど、今はその内10人ぐらいしかしゃべりません(笑)

 

で、その中の一人で、俺の一番タイプで、一番仲良くなりたいと思ったやつが、Kだった。

俺はジャニ系とかギャル男よりも、短髪さわやかスポーツマン系が大好きで、Kはまさしくその通り。顔はあんまり似てはないけど、系統で言うと、溝端淳平に雰囲気は似てる!死ぬほどタイプだった。

高校までサッカーで、大学では普通のフットサルサークルに入ったらしい。

で、5月の最初ぐらいからは、昼ごはんを一緒に食べる仲までもってこれた。

 

正直言って、仲良くなれるだけでいいって思ってたのに、だんだん好きになってしまったm(__)m

で、Kは大学近くに一人暮らしやから、俺はいろんなこと考えた。

俺はもうKとかなり仲良くなってたし、調子のって

 

『明後日1限からやから明日泊めてや~!』って言ったら

 

『全然いいで~!』って言ってくれた。

 

正直死ぬほどうれしかった!

で、その日はちゃんと泊まり用のセット持っていって、わくわくしてた(笑)

 

初めて入ったKの部屋は、大学生の男やな~って感じやった!

晩飯は二人で外で食べてきたから、とりあえず休憩した。

その時の会話をなんとなく再現してみます。

 

K『俺の部屋せまない?』

 

俺『そうか?一人やったら十分やろ!てか大学生って感じやな(笑)』

 

K『普通やろ?(笑)てか俺今日自分のベッドで寝るで!お前下に布団ひいてな~』

 

俺『俺にベッドかしてや(笑)』

 

K『だまれ(笑)』

 

俺『うそやって(笑)てか、一人暮らしやのに、なんかエロビとかないん?』

 

K『一人暮らしやけど一応かくしてある。』

 

俺『後でみせてや(笑)』

 

K『勝手にみとけや(笑)』

 

俺らはこんな会話をするぐらい気を使わなくなってた!

そんな会話をしつつ、もう結構遅い時間やったから、風呂に入ることになった!

 

K『俺先入るから、その間見といたらいいやん。別にシコっててもいいで(笑)』

 

俺『じゃあそうするわ(笑)』

 

そしてKの家はユニットバスやから、脱衣場なくて、俺の前で普通に服を脱ぎだした。

高校3年間サッカーやってただけあって、体は小麦色で、引き締まってた!
俺はごついのより、普通体系で腹筋が割れてるぐらいが好きだから、Kは完璧だった!はっきり言って、エロビなんかより、おかずになる(笑)

 

で、Kはなぜかズボンははいたま風呂に入ってしまったm(__)m
そのあと風呂からズボンがほりだされた。

で、俺は渡されたエロビ(正確にはDVD)をセットして、みはじめた。

ほんまに普通にノンケ用で、まったく興奮しなかった。

でもその時俺は思いついた!

 

『Kのシコったティッシュ、残ってるかも!』

 

で、ゴミ箱を見たら、ほんまにティッシュのかたまりがあった。
罪悪感が少しあったけど、広げてみた。
外はかぴかぴだったけど、中のほうは精子が残って湿っていた!
俺はこれを見つけてからかなり興奮した。

Kはいいって言ったけど、ほんまにシコったら気持ち悪いと思われるかなと思った。でも我慢できなかったから、ティッシュの中に残ってたKの精子を舐めたり、自分のチンコにつけたりしてシコった。

さらに俺はさっきKが脱いだズボンを手にとってチンコの部分を匂ったりした。

 

そうして俺はイッた。

かなり気持ちよかったけど、罪悪感がやばかったm(__)m

で、ズボンをもとに戻して、ティッシュをゴミ箱に捨てた。

それから10分ぐらいたってKが出てきて、また普通に会話が始まった。

 

K『シコった?(笑)』

 

俺『やるつもりなかったのにほんまにやってしまった(笑)』

 

K『マジで(笑)』

 

そう言ってKはゴミ箱を見て俺のティッシュを確認したら

 

『リアルやん!俺の部屋精子臭くなるやん~。まぁいいわ(笑)俺もお前が入ってる間にするわ(笑)』って言い出した!

 

俺はラッキーと思って、興奮しながら風呂に入った。

Kがシコってる最中に出てやろうと思ってめっちゃ急いで洗った。で、出た瞬間、Kはほんまにシコってる最中で、かなり焦ってパンツをあげた。

 

『お前、風呂早すぎやろ!(笑)焦った~。』って言った。

 

遠目で一瞬やけど、Kのチンコが見えた。でもよくわからなかったm(__)m

で、俺はもしかしたら、Kはイッてないからチャンスかもと思って、少しでもエロい雰囲気にするために、パンツ一丁でKに近寄って、

 

『別にシコったらいいやん!(笑)』って言った。

 

俺『男同士やねんから気にならんやろ』ってノンケのふりをした。

 

そしたらKは

 

『別にチンコ見られるのは気にならんけど、シコるのははずいわ~』って言った。

 

もう俺はこの状況だけで興奮がやばかったから、もう我慢できんくて、
ノンケっぽいノリで、ズボンをずらした(笑)

 

そしてKのチンコをつかんだ。そしたらKは

 

『やめろって~!マジ!』とか言いつつも、意外にも口で言ってるだけで何も抵抗しなかった。

 

だから、これはいけると思った俺は普通にKのチンコをシコりはじめた。

Kはもう普通に抵抗もせず上半身だけもたれる感じで、ベッドに寝転がった。

最初はお互い笑いながら、ノンケっぽくふざけた感じやったのに、

Kは気持ちよくなってきたのか、たまに目を閉じたり、

 

『ふ~っ』とか強く息をしはじめた。

 

かなり静かな雰囲気になってきた。

で、その時俺が理性を失ったのは、Kのパンツを見てからだった。

なんとKはトランクスで、その柄が、ドラゴンボールのキャラクターだった。あまりにもダサさがノンケっぽすぎて、

 

「女とヤる時もこんなパンツなんかな」とか想像すると、興奮しすぎて、自分のチンコもびんびんになって理性がなくなった。。

 

ドラゴンボールのトランクスを見てから、俺の興奮はMAXになった。

今のKならなんでもやらしてくれるかもと思った俺は目の前のKのチンコを舐めたくなった。

 

「舐めていい?」って聞こうかと思ったけど、拒否されたらイヤだったので、Kが目をつむった時に、いきなり口に含んだ。

 

さすがにKは目をあけてびっくりした様子をみせたけど、何も言わなかった。
俺は一生懸命鬼頭や裏筋やタマを舐めて、唾液でくちゅくちゅと音をたてながらいやらしく舐めた。Kは久しぶりに口を開いたけど、

 

『マジやばい…。あ~…。』とかしか言わなかった。

 

俺は口を乳首に移動させて、いやらしく舐めた。

このままキスもできるかもと思って、
乳首→耳→口と移動させていった。

キスもすんなり受け入れてくれて、舌もからませた。

この調子でKがイキそうになったら乳首や口に移動して、じらした。

そんな時に、俺は自分のチンコもやばいこともわかっていたから、悪いことを思いついて、言ってしまった。。

 

『なぁ、俺のも舐めてくれん?』

 

K『マジで…?まぁ俺もしてもらってるしな…』

 

『ちょっとだけでいいから。』そう言って俺は迷ってるKの顔の前にチンコを出した。

 

K『マジ変な気分やわ。歯当たったらごめん。』

 

と言いながらついに口に含んでくれた。

ついに口に含めてくれて、たまに目をつぶったり、俺の顔を見たりして一生懸命に舐めてくれてるKを見てると、可愛いすぎて理性を保つのに必死でした。。

もともとイクのが早い俺は、10分ぐらいじっくり舐められて我慢できなくなりました。Kの頭を軽くつかみ、動かしました。

 

俺『やばい…まじイキそう。。あ~っ…イク………イクっイクイク!!』

 

さすがに口に出したら嫌われるかもと思って、自分から口から抜いて、Kの胸のあたりに出しました。

 

俺『はぁっ……はぁっ…ごめん。勝手にイッて……』

 

K『全然ええで……。てか、俺のまた舐めてや?』

 

俺『おぅ…わかってる。』

 

ほんとはもう少しKのフェラを楽しみたかったのですが、先に俺がイカないと、もしKを先にイかせて、Kの気分が覚めたら、もう俺のを舐めてくれないかも。とかいろいろ考えました。
考えすぎですかね…。笑

 

そうして俺はまたKの右隣に寄り添って、Kのチンコをしごきながら、乳首や耳を攻めはじめました。
さすがにローションとかなかったので、さっき俺がKの胸に出した精子をKのチンコに塗りました。許可を聞かずに勝手にしました(笑)

もう開始してから50分ぐらいたっていたし、だんだんKが

 

『あ~…』とか

 

『イクかも…』とかつぶやきだしたので、

 

そろそろラストスパートかなと思いフェラに集中しました。
鬼頭、裏筋、タマを舐めまくり、スピードをあげて、わざといやらしく音をたてながら舐めました。

 

K『あ~っ…まじやばい。イクわ…。』

 

ジュポジュポ……

 

K『やばい。イクっ……あ~っ……口はなせっ!』

 

ジュポジュポ……

 

俺は絶対Kの精子を味わいたかったので、口ははなしませんでした。

 

K『イクっ!!』………………………

 

イク時に足がぴくぴくとなったKは可愛いすぎでした。

しかもイク時に、なぜか俺の腕をつかんでいたのも、可愛いすぎてやばかったです。

Kが息を整えている間に、Sっ気のある俺は口から少しKの精子を指につけて、Kに舐めさせました。

 

俺『ちょい舐めてみぃや。』

 

K『いややし…。』

 

俺『早く。』

 

Kは少し舐めました。

 

俺『どう?自分の精子(笑)』

 

K『なんかわからんけど、きもい…(笑)』

 

俺『ほんまKのフェラ気持ち良すぎた。まぁおれらのやってること結構やばいけどな(笑)確実にゲイやん。(笑)まぁ気持ちよかっからいいわ。』

 

俺はノンケのふりをしてこんな発言をした。

 

K『リアルにやばい(笑)ただ、お前も舐めるのうますぎな。普通に女よりうまいやろ。AV男優なれや』

 

俺『いややし(笑)また舐めたるわ!』

 

K『まぁお前となら俺もやったるわ(笑)正直、こんな気持ちいと思わんかった。絶対誰にも言うなよ。』

 

俺『言えるわけないし。てか風呂貸して!』

 

俺はやってる最中はもし、終わった後、Kが後悔したり、空気が気まずくなったらどうしようかとも思ってたけど、Kがこんな感じでいてくれたので、安心しました。

 

終わった後は、二人別々に風呂に入って、別々に寝ました。

次の朝も全然普通で、大学に行きました。

 

この日から、2週間ぐらい俺は泊まりにいかなかったのですが、なんと今日、Kから

 

『お前今週は泊まりにこんの?』って言われました(^^)v

 

だから今日うれしくて続き書きました(笑)

 

俺『じゃあ行くわ!またしたろか?(笑)』

 

K『だまれ(笑)じゃあくんな(笑)』

 

俺『うそやって(笑)』

 

Kは『だまれ(笑)』とか言ってるけど、実はしてほしいと思っていると、俺は期待しています!笑

 

さすがにフェラとキス以上はさせてくれないかもですが、それ以上できるように、頑張って誘ってみたいと思います!



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング