ホーム » レイプ » 【ゲイ】鬼畜レイプ魔の餌食になったノンケジョガーの話

【ゲイ】鬼畜レイプ魔の餌食になったノンケジョガーの話

愛知県在住の大学院生さんからの投稿です。健康のために始めたジョギングは、今では生活の一部になっていた投稿者。いつも大学の研究が終わる夜に近くの公園を走っていた。しかし、この公園というのが以前に自殺や死体遺棄事件のあったいわくつきの公園で・・・・・・

鬼畜レイプ魔の餌食になったノンケ

 

夜になると田舎の公園でジョギングを日課にしている俺。

 

大学では研究室にいるので身体がなえる、その為公園でのジョギングを始めてもう一年になる。
この公園はバラバラ死体や首吊り自殺があった公園なので、夜は人もあまり居なくて、居るとすればカップルか犬の散歩、または俺と同じくジョギングする人歩くおばちゃんの集団がいるが、その日は研究レポを提出してからのジョギングだったので夜11時を過ぎていた。

 

この時間になると、公園はひっそりと静まり返り人といえば俺と問題の男達しか居ない状況だった。

 

三人の男がベンチで座っていた。
一人はなよなよしたヤツともう一人は筋肉質の背の高いヤツもう一人は体格の良い背の低いヤツ三人ともベンチで酒盛りしていて、年は俺より2つ3つ年上位の年齢だと推測。

 

通り過ぎた時横目でチラリと見たが格段おかしな様子は無く公園の突き当たりの折り返し地点でUターンし再び同じ地点に帰ってくると、もう居なかった。

 

次の折り返しで丁度あと1キロと言う時ガサガサと音がして、身体がドンッと突き飛ばされる。

弾みで、茂みに自分から倒れこんでしまい腰の高さまである茂みにはまり込んでしまった。

 

なよなよした男が現れ(仮にA)その後に筋肉質の男(仮に筋肉マン)背の低い男(仮にB)が現れた。
この辺では最近ひったくりや恐喝が流行っているのでなにか取られるんじゃないかと思ったが帰りのジュース代金位しか持ってないので俺は咄嗟に

 

「金は持ってないよ」と答えた。

 

Aが言う「この男でしょ?」

 

筋肉マン「そうそう!」

 

B「いいじゃん、大丈夫だって!」

 

そういうと筋肉マンは俺のスウェットを脱がそうとする

 

えっ?なんだこいつら?

 

AやBは俺の両腕を押さえ首に膝をあてて動けない。
(警官とかに取り押さえられてる感じ)ベロンとズボンが脱がされ、フルチン状態に。

Bが首から膝を外した時に逃げようとしたがタオルみたいな物で手を縛られた。

 

たっ助けて!

 

と声を出すが、今度は口にもタオルが押し込められ息が苦しいし声が殺されてしまって聞こえない。うーうー言うのが精一杯。

 

芝生の上でうつぶせにされた。横目で三人を交互に見ると、三人とも何故かフルチンそれも全快勃起状態!
逃げようとするが、ばたばた暴れるだけで前にも進めない。
筋肉マンにケツだけ上げさせられて、その下にAがもぐりこむそして…

 

パクッ

 

こいつ!フェラしてんのかよ!

 

必死で吐き気を押さえて、叫ぼうとするがうーうーという声だけ。

 

筋肉マン「おぃあれ貸してくれよ」

 

B「これだろ?いいよ」何かビンみたいな物を筋肉マンに渡す。

 

しばらくして、腰をグイッっと捕まれたと思った瞬間。

ケツの穴に違和感というか痛みが走る。
変な肉感、味わった事の無い肉感が自分の尻の穴にある。

 

「おぉ、いいよ!いいよ!」痛さに涙が出てくる。

 

「おぉ!もうダメだ!いくぞ!イクッ!」

 

尻の穴の中に温かい物が流れ込む。
筋肉マンのちんぽが抜かれると、自分でも尻の穴が元に戻るのが解る。
ヒリヒリと痛いが、Bが筋肉マンに渡したのはローションだったのがわかった。尻の周りがネトネトしてるのが気持ち悪い。

Aは必死でフェラしてるが尻の痛さで、立つ訳が無い。

 

グルンと今度は仰向けにされ、Bがのしかかってくる耳を舐めたりしながらはぁはぁ言ってる。

 

B「この汗臭さがたまんねぇよ!」

 

A「早くしろよ!」

 

筋肉マン「脚押さえててやるから!」

 

Bのチンポにローションが塗られ再び尻の穴をつつく暴れようとしたが、筋肉マンに腰と脚を抑えられ動けない。
両足をそろえて持ち上げられ、なんなく尻に入れられる筋肉マンのより一回り大きい、腹が苦しくて息が出来ない目をつぶって耐えようとするが、Aが耳や胸を舐めてくる。

ローションのせいでぬめりがでてスムーズに出し入れされてるが痛くて痛くて目をつぶるたびに涙が出てくる。

 

しばらくすると、Bの限界。

 

B「ふぅ~いきそうだぜ、こりゃいいケツだな」

「よし!フィニッシュだ!」

 

腰の動きが早くなり痛さもます。

 

再び熱いものが流れ込み、うんこしたくなる。

 

Aは「じゃぁ俺いいか?」といいまたのしかかる。

 

この時点で抵抗する気はなくもう早く終わって欲しかった。
挿入されるちんぽ。しかし、Bよりも小さく正直一番楽。

はやくいって欲しい!それしか考えられない。

 

Aが腰を振ってる間に、筋肉マンは俺のチンポをフェラ。

立たないつもりだが、ローションテコキで思わずむくむく。
こんな自分に嫌悪感。と挫折感。むくむくしてくると、Aがいう

 

「おぃ!もっと早くしごけよ!しごいてると締まりいいんだよ!」

 

筋肉マンがゴシゴシとテコキしてる間にAの腰の動きも早くなる。

 

A「こいつ泣いてるぜ!中じゃつまんねぇからよ、顔にでも出してやるか?」

 

B「おぉ!いいね、顔射してやれよ!」

 

A「おぃ!おまえ!しっかり顔でうけとめろよ!」

 

「うぅっ!」

 

Aが抜くと、筋肉マンを乗り越えて、顔に近づける先端がうんこ臭い。

目をつぶる、口・鼻・まぶたに熱い精子がかかる。

ちんぽを顔で拭くと、Aはふぅ~っとため息。

筋肉マンがゴシゴシしごくとローションでもう限界。

 

屈辱の射精。

 

ぴゅっと先端から出たとたん筋肉マンが咥え精液を搾り取るように吸い付く。ぼろきれの様に芝生に横たわる俺に

 

A「おまえ!明日もこいよ!」

 

と言い三人で仁王立ちして、再びちんぽをしごき始めるAは立たないみたいで一人でずぼんを直している。

筋肉マン、とBは手にローションをつけて自分の物をしごいている。

程なくして二人とも射精。顔とちんぽ付近に射精してる。

 

B「おまえ、狙われてんのわかんなかった?」

 

三人は芝生を横断し、反対側の茂みに消えていった。
俺は、しばらく呆然としていたが、手洗い場で顔を流しトボトボと家路についた。

 

熱いシャワーで流すが、尻から精液が出てくる。

血も混じってて痛い。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング