ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】思春期のいとこが僕を性処理につかうんです・・・・・・

【ゲイ体験談】思春期のいとこが僕を性処理につかうんです・・・・・・

栃木県在住の会社員さんからの投稿です。小学生時代の体験談を語って頂きました。小学5年生の頃の投稿者は、身体が細く綺麗な顔をしていて学校でも有名なモテモテ美少年だった。そんな投稿者とは対照的ないとこが近所に住んでいた。2歳年上で身体が大きくゴツい顔つきの彼は、中学に入学してからというもの、人が変わったように投稿者にしつこくキスを求めるようになって・・・・・

性処理

 

いまから20年くらい前、僕はS5でした。

 

当時かなりの美少年で髪の毛は長くサラサラ、女の子のような男子でした。そんな僕ですから女の子にもよくもてました。

でももてたのは女の子ばかりじゃなかったのです。

 

ふたつ年上の男のいとこにしょちゅう性的いたずらをされていました。

いとこが週末になると家に泊まりに来いと誘うのです。
幼馴染ですから泊まったりはよくあったのですが、彼がC1になった頃から私はいたずらされていました。

 

いとこはC1ですが柔道部で体が大きくもうチンポに毛が生えていてデカイものをもっていました。

そんな男ですから女の子のような僕はいい性処理でした。

 

事のはじめはよくドラマなんかでのベッドシーンを見た後、
おれたちもさっきみたいにしてみようとベットの上で体をまさぐります。
最初の頃はただ抱き合ってるだけでしたが、そのうちキスしてみようと言われキスされました。
最初はチュッとするだけでしたが、だんだんと激しくなり舌を絡めたディープキスばかりになりました。

 

僕は最初嫌がりましたが逆らえない怖さが彼にはありました。

そのうち服も脱いで全裸で抱き合うようになりました。

ふたりでキスをしながら抱き合ってると、突然彼がウッと言うと僕の太もものあたりに射精しました。

 

僕はS5で純情でしたから初めて射精というものを見ました。

フェラしてくれとも頼まれましたがそれはさすがに断りました。

ただ手コキはしてあげました。

 

そんな関係が何年も続きました。

いとこに本当の女の子の彼女ができ僕から離れていきました。

 

やがて僕はK1になりましたが相変わらずの美少年でした。
そんな自分が嫌であえて男子校に入学しました。
それがかえって悪かったようでした。

 

男子校で女の子みたいな僕は周りの男から性的いたずらをされました。
体育の時間になるとマットの上に寝かされ正上位の格好や、バックの格好で突きまくるんです。
もちろん服は着たままだしそれ以上のことはないですけど、いれかわりに男がついてきました。
中にはイってしまったのかトイレに駆け込む男もいました。
僕はもう抵抗もせず好きなようにしてくれと思ってました。

 

ある日トイレに入ると上級生の体のでかい男がいきなり僕のズボンの中に手をいれお尻をまさぐりました。
凄い力で押さえつけ僕は少し怖くなりましたが僕はもうこんなの慣れっこですからいたずら心で女の子みたいに男の首にてを回し抱きつきました。
上級生はもう興奮して僕にキスを迫ります。

 

僕はあぁ気持ち悪いと思いましたがキスしてあげました。
いやらしい舌を絡めたディープキスです。
上級生は初めてのキスなんしょう、心臓が飛び出しそうな顔をして
僕の手を自分のチンポにもっていきしごいてしごいてと迫ります。

僕はキスをしながらズボンの上からさすってあげました。

 

すぐにいったようです。

僕は放心状態の男をトイレにのこし出て行きました。

そんな美少年の僕もやがて男っぽくなりそんな男からのいたずらもなくなり、少し寂しくなった覚えがあります。

 

僕はいま子供三人のよきパパです。
今は美少年の面影はありません。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング