ホーム » ノンケ » ノンケの女装子だけど暇だしアナル開発始めてみた→その結果wwwww

ノンケの女装子だけど暇だしアナル開発始めてみた→その結果wwwww

【体験談】十代の頃に男性と数回関係を持ったものの、やはり女性が好きで結婚したというノンケの投稿者。しかし、40代に差し掛かったあたりで男性への興味が再燃してしまう・・・

ノンケ女装子の体験談

 

女装癖とマゾ気質を持っていたため、若い頃には女装して結構遊んでいました。

 

アナル処女はその頃失っているのですが、自分の中では痛いだけの印象しか残っていません。

 

何より、ノンケだったのでノリで処女は失いましたが、男性と付き合う気もなく、キスされたりフェラさせられる事が、本当に苦手でした。

 

ですから、普通に女性が好きになり結婚してから数年間は、そういう欲求が全く起きずに過ごしました。

 

結婚後10年経ち、40代に入ったあたりから、倦怠期で、嫁を抱くのが億劫になり始めると、奥に秘めていたマゾ気質が表に現れてきて、アナルオナニーに耽るようになりました。

 

かつては感じた事のなかった前立腺が感じ始めると、勃起力が弱まっていきました。

 

勃起力が弱まったとは言え、嫁へのサービスで月一回ぐらいはセックスしていたのですが、これが億劫を通り越して苦痛に感じ始めました。

 

そのストレスを解消するためアナルオナニーにさらに耽るようになり、いつしか全く勃起しなくなりました。

 

それで自然にレスになったのですが、嫁を抱かなくていいと思ったら、アナルに対する気持ちがさらに燃え上がり、そのうちにトコロテンするようになりました。

 

時折、ドライで女逝きもするようになると、ペニスは単なる排泄器官になり下がり、いつしかアナルでしか逝けない身体になっていました。

 

それで、ネットで得た情報を頼りに発展サウナに行き、何十年ぶりかのアナルセックスをしました。

 

本物を受け入れるのは、何十年ぶりかでしたが、昔とは大違いで凄く気持ちがよく、トコロテンしてしまいました。

 

それから発展サウナ通いが始まりました。

 

サウナに行くと確実に本物で犯してもらえるので、毎週のように通い、最低でも二人、多い時は朝まで、何人か分からなくなるぐらい抱いてもらいました。

 

そんな状態が続いたので、男性のペニスに対する嫌悪感は、いつの間にか無くなっていました。

 

逆に愛着さえ感じるようになっていて、あれほど嫌だったフェラを自分から進んでするようになりました。

 

飲精も、最初こそ無理して飲み込んでいましたが、最近は舌で味わえるようになりました。

 

決して美味しいものではないのですが、嫌ではないという感じですね。

 

最近は、抱きしめられキスされるのも好きになりました。

 

ノンケだったのに、完全にホモのウケになってしまったようです。

 

ただ、ノンケに戻りたいとは思えません。

 

男性に抱きしめられ、アナル犯してもらえる快感は無くしたくないので。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング