ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】ビデボでお尻丸出し露出してみた結果・・・・・・・・・・

【ゲイ】ビデボでお尻丸出し露出してみた結果・・・・・・・・・・

【体験談】福岡県在住のリーマンさんからの投稿。露出のドキドキ感が癖になってしまい、仕事帰りによくビデボに立ち寄るという投稿者。個室のカーテンをわざと開けておいてからお尻を突き出してみると・・・

ビデボでの露出体験談

 

もう15年くらい前のことですが、当時エロビデオの試写室のような、、今のビデボの前身のような所が会社からの帰宅途中にあったので、時々利用していました。

 

今のように防音の利いた部屋ではなく、1.5畳くらいのスペースにテレビとビデオがあって、入口はアコーディオンカーテンで仕切られているだけの場所でした。

 

私は露出癖があったので、そんな簡易に仕切られただけのスペースでいやらしいことをしているのが凄く興奮しました。

 

でも段々慣れてきて、そのうち少しアコーディオンカーテンの隙間を開けていやらしいことをするようになりました。

 

その日も全裸でカーテンの隙間を10㎝ほど開けて、カーテンに向かって足を拡げてアナルをいじっていました。

 

すると廊下に足音が聞こえ、私の部屋の前を一人の男性が通り過ぎようとしました。

 

通り過ぎざま、彼はカーテンの隙間に目をやり、私と目が合いました。

 

一瞬立ち止まったあと、彼は通り過ぎていきました。

 

バッチリと自分の恥態を見られたことに興奮して、更に激しくアナニーをしていると、再び彼が私の部屋の前を通り過ぎました。

 

しかもさっきよりゆっくりと、私の恥ずかしい姿を見ていきました。

 

自分の部屋と逆方向に通り過ぎたのだから、またここを通るはずだと思い、今度はカーテンをもう少しだけ拡げてアナニーしました。

 

案の定、彼はすぐに私の部屋の前をまたゆっくりと通り過ぎていきました。

 

今までも男性に見られたことはありますが、大体はチラ見するだけで、そこからプレイに移行したことはなく、そんな訳で私も同性との直接的な経験はありませんでした。

 

ただ願望は僅ながらあったので、彼が再び見に来てくれることを期待して、私は四つん這いになってお尻をカーテンギリギリのところまで突きだして彼が来るのを待ちました。

 

2~3分経ったころ再び廊下に足音がしました。

 

もしかしたら彼ではないかもしれないけど、彼であることを期待してお尻を突き出したままでいると、部屋の前で足音が止まりました。

 

数秒の間が随分長く感じました。

 

すると不意にそっと丸出しのお尻を撫でられました。

 

ピクッと反応しつつその体制のままでいると、お尻を撫でていた手は唾と腸液で汚れたアナルをなぞって、股の間に入り込みカチカチに勃起したぺニスを触ってきました。

 

そして彼は無言でカーテンを少し拡げて中に入ってきました。

 

カーテンをしっかりと閉めると、無言のまま服を脱ぎ出し全裸になりました。

 

私は四つん這いのまま、その様子を横目で見ていました。

 

彼のぺニスもカチカチに上を向いていて、口元に差し出されると自然と彼のぺニスをくわえていました。

 

くわえている間、彼は私の乳首をクリクリと弄っていました。

 

その手は乳首をはなれるとお尻に伸ばされ、汚れたアナルに指を入れられました。

 

自分ではいつもしていることなのに、他人に弄られるのは初めてで、ついキュッとアナルを締めてしまいます。

 

それでもすぐに解れていつものユルユルアナルに。

 

指二本で激しく責められ、声を殺して快感に耐えました。

 

やがて彼は私にしゃぶらせながら、ごそごそと鞄からゴムを取り出しました。

 

そして一度私の口からぺニスを抜き取ると、無言で私にゴムを手渡しました。

 

悟った私はゴムを彼のぺニスに被せ、胡座をかいて壁にもたれかかっている彼に背を向けて、お尻をゆっくりと彼の股間に沈めました。

 

アナルに宛がわれたぺニスはゆっくりと私の中に入ってきます。

 

自分で腰を上下させて出し入れすると、バイブなどでは感じられない快感がゆっくりと押し寄せてきます。

 

彼の手は両乳首に回され、痛くない程度につねってきます。

 

そして体制を変えて彼が床に寝そべり、私が彼に向いて騎乗位になりました。

 

彼は相変わらずぺニスには触れず、乳首だけを執拗に責めてきます。

 

正直乳首がこんなに感じるなんて、その時初めて知りました。

 

夢中で腰を振り、まるで自分が女になったような気がしました。

 

彼もグリグリと下から押し付けて、次第にその動きが激しくなり、やがて腰を震わせて静かになり、彼が絶頂を迎えたことが分かりました。

私も下を見ると、彼のお腹の上に少量ですが射精していました。

 

彼は入れたまま、私の精液で汚れたぺニスをしごき、すぐに私は彼のお腹の上に大量に射精しました。

 

私がいくのを見届けると、彼はゆっくりと起き上がり、お腹の上をティッシュで拭うと、服を着て出ていきました。

 

渡しはしばらく放心状態でいましたが、先程の快感を思い出して再びオナニーしてしまいました。

 

それから何度も同じ店に通いましたが、彼と再び会うことはありませんでした。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング