ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ノンケの友達に愛の告白をしてみた結果・・・・・・・

【ゲイ】ノンケの友達に愛の告白をしてみた結果・・・・・・・

【ゲイ体験談】鳥取県在住の大学生からの投稿です。今から4年前、地元の高校に進学した投稿者。同じ中学出身の生徒が多い中、ある他中学出身の男子生徒と友達になった。純ノンケである投稿者にとってはただの友達に過ぎないのだが、相手にとっては違っていたようだ・・・・・・

ノンケの友達に愛の告白

 

対した内容じゃないですが今の彼氏との出逢いをかきたいと思います。

 

僕と彼氏は同じ19歳です。

 

そして付き合って4年が経ちました。

僕と彼氏が初めて会ったのは高校に入学したときです。

 

まだ入学したてでクラスの人にまだ慣れていなかった僕は同じ中学からきた男子の友達と固まって話していました。

 

そんな状態が一週間つづき僕は少しずつ周りの人と馴染めてきていました。

 

昼食も一緒にいくくらいまでになれました。

 

そんなときそのメンバーの中にいたのが今の彼氏「T」でした。

 

160Cmくらいで細めの体型でバレー部です。

 

僕はその当時は男性に興味はなく普通に女子が好きでした。

 

僕は毎日同じメンバーで話したり昼食を食べたりしていました。

 

僕はいつからか忘れてしまいましたがTに見られてる感じがしました。

 

他の男子と話してると視線を感じたり昼食を食べてるときもなんか視線を感じたり

僕がチラッとTを見ると目が合いました。

 

僕「どうしたの?」

 

T「...なんでもないよ」

 

僕「なんかいつもみてない?」

 

T「気のせいだよ」

 

僕「そうかなー」

 

はっきり言ってこのとき「変な奴だな」と思ってしまいました。

 

そしてその日の放課後....

僕は今日は部活ないから帰ろうと思っていると、Tが「S!二人で一緒にゲーセンいこうよ!」と誘ってきました。

 

僕「いいけど...T部活は?」

 

T「今日休みなんだよ」

 

僕「じゃいこうか」

 

ゲーセンは学校から近かったので歩いてもいける距離でした。

 

僕たちはくだらない会話をしながら笑いながら向かっているとあっという間につきました。

 

そして中でいろんなゲームをして遊んで帰ろうというとき外は小雨でしたが雨が降ってました。

 

僕「えー傘もってないよ」

 

T「一回俺の家にくれば?」

 

僕「家近いから走れば大丈夫だよ」

 

T「風邪引くよ!俺の貸すからさ」

 

僕「それじゃTが風邪ひくじゃん」

 

T「じゃこうしよ」

と言うと相合い傘をしてきました。

 

僕「カップルじゃないんだから恥ずかしいよ」

 

T「Sが濡れるから心配なんだよ。俺の家に来いよ」

 

僕「わかった。ありがとう。」

 

そしてTの家に初めて行きました。

 

僕「お邪魔しまーす」

 

T「いまタオル持ってくるから」

 

僕「うん。ありがとう。」

 

T「はいタオル。ちゃんとふけよ。」

 

僕「はーい」

 

お互いふいてTの部屋に入りました。

ベットにすわり少し沈黙が続きました。

 

僕は無意識にTの顔をみてお互い顔が合いニコッと笑いました。

 

雨はやむことなく勢いが増す一方でした……

 

雨は増し帰るにも帰れない状態で

 

僕「親に電話して迎えに来てもらう」

 

T「泊まっていけば?あした学校やすみだし今日親いないんだよね」

 

僕「悪いよー着替えもないから」

 

T「着替えなら貸すからさ」

 

僕「うーん・・・・じゃー泊まる」

 

T「 よっしゃ!今日はオールな!」

 

僕「なんで嬉しそうなの?オールとかキツ」

 

T「好きな人と泊まれるってテンションあがるじゃん」

 

僕「好きな人?」→友達としてでしょと心の中で思ってた

 

T「・・・・」←言っちゃった的な顔でした。

 

そしてお風呂に入りご飯もたべて僕たちはゲームをして夜を過ごしました。

 

そして深夜に

 

T「大事な話があるんだけど」

 

僕「急にどうしたの?」

 

T「好きな人がいるんだけどさ」

 

僕「へぇークラスの子なの?」

 

T「・・・うん」

 

僕「告白しちゃえしちゃえ!」

 

T「・・・好きだ・・・おっ」

 

僕「本人いる訳じゃないのに顔赤いよ~?」

 

T「おまえが好きなんだ!」

と同時に僕に覆い被さってきました

 

僕「・・・まじ?」

 

T「・・・」←頷いて泣き出してしまいました。

 

僕「でも僕のどこがいいの?」

 

T「笑顔可愛いし優しいし全部だよ」

 

僕「・・・」

 

T「嫌われたな俺やっぱり言うんじゃなかった。」

 

僕「ありがとう。僕好きになったら性別は関係ないと思うよ」

 

T「えっ」

 

僕「でもすこし考えさせて。もうすこしTのこと知りたいから」

 

T「わかった。待ってる」

 

そしてオールするはずがTは溜まってた思いを打ち明けて肩の荷が落ちたのか爆睡してました。

 

でも僕は朝までずっと考えてしまって眠れませんでした。

そして朝になり僕はいつもと変わらない感じで

 

Tと接しました。

 

僕「おはよう!」

 

T「おはよう!」

 

僕「今日はいい天気だね」

 

T「そうだね。S!お願いがあるんだけど」

 

僕「うん?」

 

T「今日も泊まって」

 

僕「・・・いいよ。そのかわり今日一日いっぱいあそぼ」

 

T「うん!いいよ!」

 

そして一日いろんなところにいき遊びまくりました。

 

あっというまに夜になり昨日と同じように夕食をたべてお風呂に入りベットに座りました。

 

僕「今日は僕から話がある」

 

T「うん」

 

僕「昨日と今日考えてさTのこと」

 

僕「すごく思いやりがあって人の悪口もいわない。今日町でもおばあさんの手助けもしてたしそこまで優しい人っていうのに初めて気づかされた僕もTが好き。」

 

T「ありがとう。絶対幸せにするから」←号泣しながら

 

僕「ありがとうね。」

 

そのあとはまーそれなりにエロいこともしましたw

それから4年・・・・

 

喧嘩もあったけど地道にちょっとづつ信頼関係を高めながら付き合いを続けてます。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング