ホーム » 初体験・童貞 » 【ゲイ】近所の高校生(16)を口説き続けてオトシたった!!!!!!

【ゲイ】近所の高校生(16)を口説き続けてオトシたった!!!!!!

【ゲイ体験談】男子高校生の若い肉体

 

30歳前後まで完全なノンケだったという投稿者。ネット上でたまたま観たゲイ動画の影響で男性の身体に興味を持ち始めるもキッカケがなかった。ルックスに自信がなく今までに抱いた女も1人だけ、リアルなゲイ体験は諦めていたのだが・・・・・・

高校生

 

俺みたいな中年男のホモ体験って・・・とうとう初体験しました。

 

俺は40代の会社員。相手は、なんと近所に住む高校生です。

 

彼は、身長が180センチもある、背の高い、マジメそうな子です。

それに引きかえ、俺は、小柄で太目のオジサン。

 

彼は、俺のことを「カワイイおじさん」と思って、好いてくれているけれど、俺は、内心ドキドキでした。

 

この前、とうとう、その機会が来て、彼と肌を重ねてしまいました。

 

急に俺に抱きすくめられて、彼、びっくりして、最初は抵抗しようとしました。

 

太目の俺が、彼より重い体重をかけて、熱くかき口説きながら、

 

唇を何度も重ねると、さすがの彼も、だんだんおとなしくなっていきました。

 

やっぱり、キスには弱いんです。

 

彼を裸にして、私も裸になり、肌を重ねました。

 

初めて感じる若い同性の熱い肌、あまりの気持ち良さに、思わず声をあげてしまいました。

 

そして、彼の弾力のある若い勃起と、俺の年相応の勃起が重なりものすごくヘンな気分でした。

 

初めは、さすがに気恥ずかしくて、彼の腋の下を舐めたりしていましたが、照れくさいのをガマンして、恐る恐る、彼の若い勃起を吸ってみました。

 

最初は、彼の若いエネルギーをソコからいただくように、まるで赤ちゃんみたいに、ひたすら吸い上げていました。

 

その後、舌先で刺戟したり、歯で甘噛みしたりしてやると、彼も感じ始め、甘い声を出すようになりました。

 

勃起をタップリ愛撫してやった後、彼の両腿を押し開いて、自分の両肩に乗せ、肛門に舌を伸ばすと、やがて、彼は、思ったより低い声を上げながら、とうとう、イってしまったのです!

 

俺は、同性の射精の瞬間を、この年になって初めて目の当たりにしました。

高校生の射精の勢いにはやはり驚かされました。ジュビュッッという鈴口からの精液の噴射音がハッキリ聞こえるんですから。

 

イカされた後の彼にディープキスをして、お互いの舌を絡ませれば、もう彼は俺のなすがまま。

 

俺の勃起を吸わせたり、念入りに肛門舐めをさせたり、はたまた四つん這いにして責めたり、思う存分に若く美しい彼をオモチャにしてしまいました。

 

勃起をタップリ愛撫してやった後、また彼の両腿を押し開いて、自分の両肩に乗せ、肛門に勃起をあてがい一気に貫きました。

 

彼は最初痛がっていましたが、ピストンし続けると喘ぎだし、俺が大量の精液を彼に注ぎ込むと同時にまた射精しました



 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング