Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ】監禁されたイケメン(19)がとうとう壊れやがった・・・・・・・

【ゲイ】監禁されたイケメン(19)がとうとう壊れやがった・・・・・・・

【ゲイ体験談】調教された果てに

 

ある日、投稿者が掲示板で19歳の家出少年と知り合った。少年は何でもするから3万円欲しいと援を持ちかけてくる。写メを送らせてみると、3万円と言うだけあってかなりのイケメンである。投稿者はその条件を了承して少年にお金を払うことにしたのだが・・・・・

監禁された

 

おれは部屋にビニール製の衣装入れがある。その中に高校を中退して家出してフラフラして細い17歳のイケメンを飼っている。

 

最初はノンケだったが、真っ暗な衣装入れの中に裸で両手両足縛ってギャグボールくわえさせて閉じ込めておき、死なないようににスポーツ飲料だけは飲ませ、排泄は下にひいたビニールに垂れ流しにさせた。

 

元々、肌も白くて潔癖症だったらしくかなり嫌がっていたが、毎日俺の奴隷である事を言い聞かせ、少しでも逃げようとしたら腹を蹴ってやった。

 

すると3日目くらいから時間感覚だけでなく、壊れてきた。

 

壊れ初めてから、最初はギャグボールを外してやりハリガタでフェラを仕込ませ、少しでも歯を立てれば何度も腹を殴った。

 

フェラが上手くなったら、足の縄をほどいてやり、アナルを細いバイブからだんだんと拡張してやった。

 

監禁一週目のくらいになると貯まってきたのもあってバイブの刺激でチンポの先から汁を出すようになった。

 

さすがに汚くなってきたので拘束を解き、いちど衣装入れの掃除と奴隷を綺麗に洗ってやった。

頭を二度シャンプーで入念に洗い、身体はアカこすりで磨いてやった。

 

それが嬉しかったのか、完全に壊れたのかは解らないが、言うことを聞くようになった。

 

それからは完全に俺の精液便所になった。

 

犯るときは両手に手錠をかけ上から吊し、ノドの奥までガンガン突くようにフェラさせ、ギンギンに立ったペニスを足でぐちゃぐちゃにしてやり、飽きたら立たせて立ちバックでアナルがヒクつくまで突き上げてやる。

 

タップリと中出しし、さらに亀頭と尿道を執拗に刺激し、焦らした後、多量に放出させ、飛び散ったそいつのザーメンの上にアナルから中出しした俺のザーメンを出させる。

 

混ざり合った汁は舌で丁寧に掃除させ、俺が満足するまで何度も犯り、何度もイカせザーメンはその度に口で掃除させる。

 

従順で俺好みの細い美形な奴隷なので気に入っていたがエサをやったり風呂に入れたりするのが面倒になったのでネットで新しい飼い主を探した。

 

なかなか高く買い取ってくれるらしいが、睾丸を切り取っておいて欲しいとのこと。

 

ただの道具だが少し可哀相な気もするが、どういう叫び声をあげ、どんな表情をするのか楽しみでもあったので切り取ってみようと思った。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:イケメンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索