ホーム » SM調教 » 【ゲイ】女装子なのは社長命令。飼育されてるんです・・・・・・・・

【ゲイ】女装子なのは社長命令。飼育されてるんです・・・・・・・・

【ゲイ体験談】女装子として生きる

 

色白でモデル顔負けのルックスを持つ大学生は22歳の時、会社社長をしている年上男性と知り合いパトロンとして飼われ出した。その後、その社長の会社にコネ入社するも主な仕事は性処理。数年の月日が経ってその社長も退職する日がやって来てしまう・・・・・

女装子なのは社長命令

 

社長が引退した。まだ50にもなってないのに。

 

「海も見ながら余生を過ごすさ。」そう言って奥さんと海外に移住してしまった。

 

奥さんと言っても、、、戸籍は男だが、、。

 

めっきりしなくなったから、俺は他の男とするしかなかった。

 

社長の跡を継いだのは子供のいない社長の甥っ子。31歳。

 

嫌な野郎だがもう俺には他で働く気力もない。「お手当」もありいい金貰ってたし。

 

「どうする?」俺よりチビで生意気な新社長に身を任せるしかなかった。

 

ただ「生」は拒否した。

 

「可愛い声で鳴くんだな?」まあそこそこのチンポで気持ち良かった。

 

新社長は女も大好き。バイというかNH好きなのだ。

 

「お前、女装しないか?」

 

「「手当」をはずむんならいいよ。」

 

まあ元々むさくるしいのは嫌なので手足の脱毛エステはしてた。顔の脱毛処理も抵抗はなかった。

 

化粧と衣装は、新社長の秘書兼女のデブのオバカギャルに託された。

 

チャイナ服をまくられ、新社長とそしてペニスバンドをつけたオバカ女に突っ込まれた。

 

不覚にも硬いペニバンにメスイキしてしまった。

 

泣きながら腰をふり痙攣する俺をオバカ女は「うわあキモ!」と叫んでたが新社長は面白くなかったようだ。

 

まあ前社長はシリコン入れてたし。。。

 

しかし、新社長にヘソ曲げられても困る。

 

一週間精子を「抜く」のを止めて新社長とセックスした。

 

前社長のシリコンペニスに俺のアナルは壊されてしまい、やたら疼くのだ。

 

一日置きにでも抜かないと仕事にならない。

 

日々、敏感になって吐息を漏らす俺。社長はしたがったが我慢させた。

 

OL風のスカート穿いた俺。もう指でメスイキし、乳首弄られてもイク俺に新社長は夢中になった。

 

「どうだ?俺のチンポは?」

 

「ああ。きもちいいですう!最高!もっと突いてええ!」

 

やばい、意識が飛んでしまう!

 

「ああ、ぶって、ぶってえ!」

 

何発もぶたれ、必死に抑える。そして口を開け白目を剥いて失神した俺。成功。

 

顔に水をかけられ意識を取り戻した俺。

 

「ああ、いい!お前最高だ!俺の女になれえ!」

 

「はい、なります、なりますう!貴方の女になりますう。」

 

淫乱な俺が一週間我慢して溜めたかいがあったというもの。

前社長を虜にした俺の本気のメスイキ。

 

いちいち女装するのはめんどくさいが、これで当分またたいした仕事もせず金が貰えると思えば我慢できる。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング