ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ】中出し中毒になった男の末路・・・・・・・

【ゲイ】中出し中毒になった男の末路・・・・・・・

【ゲイ体験談】種付けお願いします

 

ケツに種を注ぎ込まれる感覚が好きで止められないという24歳の若者。病気だろうが何だろうがとにかくたくさん種付けされたいらしく、タチの多い発展サウナ突撃してみたようだ。相手選びも会話も必要ない、ただ種付けしてくれとケツを差し出す・・・

中出し中毒

 

先週の金曜日、ある淫乱サウナに行ってきました。

 

僕は誰でもいいから、とにかく種付けしてもらいたかったので、目隠しをして、うつ伏せになって寝ていました。

 

すぐに、誰かが僕のケツマンコに指を入れてきました。

 

あらかじめ、オイルを塗っていたので、すぐに、ぬるぬるっと入りました。

 

僕はすぐにでも、種付けしてもらいたかったので、自分でお尻を開いておねだりしました。

 

その人は、僕の上にのしかかるようにすると、すぐチンポを入れてきました。

 

あまり大きくなかったので、すぐに入りました。

感じとしては13㎝くらいだったと思います。

 

でも入ったのと同時に、チンポがぴくぴくと動いて、中でどくどくと種付けされているのが分かりました。

 

その人はチンポを抜くと、すぐにどこかに行ってしまったんですが、すぐに、違うチンポが、僕のケツマンコに入ってきました。

 

今度の人はとても大きくて、僕のケツマンコが、どんどんゆるゆるになっていくのが分かりました。

 

また別の人が、僕にラッシュを嗅がせた後に、口にチンポを突っ込んできました。

 

周りに結構人が集まっているみたいで、僕の乳首を触ってくる人、チンポを触ってくる人、いろんなところから、手が伸びてきました。

 

ケツを掘っていた人の、腰の動きがだんだん早くなってきて、最後に奥のほうまで突っ込むと、中で、ドピュドピュザーメン出しているのが分かりました。

 

その人がチンポを抜くと同時に、また別のチンポが入ってきました。

 

今日は不思議と、あまりゴムを使う人がいなくて、みんな中でいっぱい種付けしてくれました。

 

立て続けに5人くらいの人に種付けされた後、自分で、自分のケツマンコのあたりを触ったら、だらだらとケツマンコからザーメンがこぼれてきていました。

 

もったいないので、ケツマンコから自分の手のひらにザーメンを出して、ジュジュジュっと飲みました。

 

ケツマンコの中はきれいに洗っていたし、出されたばかりのザーメンだったので、とてもおいしかったです。

 

その日は結局、のべ20人くらいの人に種付けされました。

 

最後のほうは、チンポ突っ込んで、ザーメン出すだけのダッチワイフ状態でした。

 

僕のケツマンコもガバガバで、どんなチンポでもスルスルと入りました。

 

また今度行こうと思っています。

 

僕は、口に出されたザーメンを飲むのも大好きなので、口にもたくさんザーメンを出してください。

 

上野の大番か24会館によく行っています。

 

僕だと分かった人は、好きなように種付けしてください。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメント1件

  1. より:

    懐かしいなー東京住んでた頃によく行きましたよ
    独特の匂いが漂ってたなぁ

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング