ホーム » BL小説/イケメン » 【BL小説/R-18】発展場での切ない思い出・・・・・・

【BL小説/R-18】発展場での切ない思い出・・・・・・

【BL小説】主人公は学生時代に「顔がいいから」とスカウトされて売り専でバイトしていた。
それがきっかけとなりバイセクシャルに目覚めてしまう。貞操観念も次第に緩くなってしまい誰にでも抱かれる生活が続いていたある日、発展場でアノ男と出会う・・・・・

発展場での切ない思い出


僕には忘れられないSEXがあった。

恥ずかしい話、今でも彼とのHを思い出して、自分で慰める事が多かった。

どんないい男、女と付き合っても…

10年近く前の22歳の時のこと…。

大学入りたての頃に半年ほど売り専でバイトをして男を知り、この世界から抜けられなくなった。

彼女がいても元売り専仲間が店を出した関係で2丁目に足を運び、始発待ち名目で売り専時代に指名された客に連れられて入った有料発展場つまりヤリ部屋に泊まったりして遊ぶ日々が続いた。

その日も友達の店で飲み、今は無き発展場に向かった。

靴をボックスに入れ料金を払いシャワーを浴びて寝床を探した。

太った2人が盛りあっている横が空いていた。睡魔のせいか躊躇せずに隣に横たわり、二人のあえぎ声とクチュクチュという音が子守歌となった。

しばらくたったのだろうか?ガサガサっと音がして目が覚めると2人が立ち去っていった。

ヤリ部屋の窪みのところだったので居なくなったら無性に寂しくなった。

時計をみると始発が動き出している時間で、他の人たちも引き上げていった。

僕は遅番だからもう少し寝ることにして、空いた布団を手繰り寄せさっきより、少しだけ暖かくして眠った。

「くしゅん!」

僕は目を覚ました。

空いていたはずの僕の隣に男の子が腰にタオルを巻いただけの格好で体をくの字に折り横になっていた。

今のくしゃみ彼かな?寒いしなぁ~

僕は布団の隙間から手を伸ばし突っついた

「くっしゅん!」

さっきより大きなくしゃみをして彼は僕の方に振り返った。

自分のタイプのド真ん中だった。

僕は無意識に布団を上げ“一緒に入ろうよ”の
ジェスチャーをして彼を呼んだ…。

彼はこっちをちら見をした気がしたが、ティッシュボックスを取り数枚のティッシュで大きく鼻をかんだ…

気が付かなかったかな?それともふられたかな?

僕は手を下ろして寝返りをして布団を掛け直した。

彼はティッシュを丸めてゴミ箱に投げるとごろんと僕の方に転がって来た。

布団を上げると彼が

「ありがとう」

と一言。

そして僕の布団に潜り込んできた。

でもまだ二人で布団をシェアしたに過ぎず、僕らは肩を並べて眠ってしまった。

小一時間ぐらいたったろうか、僕は彼のあえぎ声で目を覚ました。

彼は他の男に手を出されしごかれていた…

そんな状況を目の当たりにして僕は興奮と怒りを覚えた。

僕は彼の手を引き再び布団に戻し男を離した。

そして彼は硬くなった僕のものを握りしごき始めた…
僕も彼のも握り返し、しごいた。大きさは手で隠れないくらいだろうか?

18センチぐらい太さもなかなかでしゃぶりたいと思った。

彼が僕の胸に顔を埋め、僕のをしごきながら硬くなった乳首を舐めてきた。

優しく荒く男らしく愛撫されて僕は声を出してよがった。

彼段々舌をへそへそして僕の股間へと移動し僕の硬くなったものをねっとりと彼が口に含んでしゃぶり始めた。

こんなイケメンに愛撫されて僕のは硬さを増した気がした。

彼が横になり、しゃぶれと言わんばかりに僕の目の前に突き出し遠慮なくくわえ込み、69の体制になりお互い求め合った。

しばらくして彼は僕のお尻を責めてきた。

僕は心の中でガッツポーズをした。

彼は自分の指を僕に見せつけるように舐るり僕はうっとり彼を見つめた…その時気が付いた。

彼が僕の硬くなったものを握った時に不思議な握り具合だった理由がわかった…

それは怪我が障害か、中指と薬指が第二間接までしかなく、爪はなかった。

僕はそっち系の人か?とか思うことなくそんな指で
僕の穴に差し込みかれはいっそう穴をほぐし始めた。

僕はヤリ部屋の入り口で購入した300円のローションとコンドームのセットを枕の下から取りそれを彼に渡しアナルセックスを促し僕はこの先の快楽を求めた。

彼の僕へのアナルへの攻めが激しくなり僕は声を大きくした。

すると間もなく彼は僕のアナルを攻めるのをやめ、
ゴムとローションのパックをとり袋を開けた…

僕はそのガサガサっという音だけで興奮を覚えた。

ゴム装着する音…最後にパチンと音がした…

駅弁などの醤油が入ったパックのふたを開け彼が
僕のアナルと彼の硬いものに塗りたくり僕は受け入れ体制をとった。

正上位で入ってきた。

「あふん…」

僕は彼の性欲をかき立てるように声を漏らし彼の本当の大きさを感じた。

しばらく彼自身をアナルで感じ動く前に僕は両手で
ラブ握りをした…指を交互にはめて手を握る形…

彼は少し躊躇したようすだったが、すぐに受け入れ
快楽とやはり指先が無いんだと改めて確認した。

ラブ握りをしながら、彼の大きさや太さ硬さをアナルで感じて、

「大きさぴったりだな」

彼がつぶやき、ゆっくり腰を動かし始めました。

その言葉が嬉しくて僕は声を出していました。

有料発展場での行きずりのSEXなのに彼に恋し始めている自分がいましたがこうゆう場所での恋愛のスタートは前向きになれず、その気持ちを抑えた。

でもSEXはSEXとして、楽しみました。

彼は僕を抱き起こし対面座位の形をとりほどいた手を彼の背に回しました。

彼からゆっくり突き上げられ僕も回すように腰を動かしました。

「すっげぇ気持ちいい…感じる…あっ」

彼の耳をあま噛みしながら、つぶやくと彼がゆっくりと僕の方に振り向き、キスをしてきました。

軽いチュッした感じ。

でも舌を絡ませず唇だけのキス。

逆を言えばSEXの時にする事の少ないタイプのキス。

優しいキスにうっとり…そして彼が当時まだ合法とされていた、ラッ○ュを取り深く吸い込んだ。

僕にも渡され思いっきり吸った。

二人とも火照りだして、さっきまでとは違う盛りのついた野郎同士のSEXに変わった。

ベロベロのキスに変わりお互いの唇や舌、唾液を求め合い彼もペニスをガンガンに突き上げ更に僕の体を熱くさせた。

彼が一息ついているのでラッ○ュを吸いなおした僕は
今度は僕がアナルで彼を攻めるように腰を動かした。

円を書くように前後に上下にそしてアナルで彼のペニスを締め付けた。

「お前のけつすげぇ~。いぃ…あぁ。気持ちいい」

その言葉に嬉しくなり僕のペニスは大きさと硬さをました。

彼がまたラッ○ュを吸い込み再びディープキス唇を離すと

「淫乱だなぁ掘られて気持ちいいか?正上位でガンガン突いてやるよ」

彼は俺を倒して再び正上位の体制になった。

最初と違うのはラッ○ュが入り、野郎の盛り合いになっているっていうこと…

彼はラストスパートをかけるように僕のアナルをガンガン掘りまくり僕の気持ちいいところを探し当てた。

「あっあ~あっ。いいっぃぃっ!」

僕は恥ずかしいぐらいのあえぎ声をあげて

「淫乱!もっとよがれよ…声出せよ」

彼は言葉で僕を言葉でも攻めはじめ僕は段々と初のところてんが近くなっていた。

これかなところてんの感覚は?触っていないのに僕のペニスは硬さを増し大きくなりアナルが熱く、玉がうずき始めた。

そして彼は僕に深く突こうと僕の脚を自分の肩に掛けて、再び勢いよくついてきた。

「お前のアナル気持ちいい…すっげぇセクフレにならねぇ?」

彼が僕に腰を振りながら聞いてきた。

「セクフレ以上の気持ちになるかも」

と僕が言うと

「付き合おうか?俺おまえがタイプだし」

彼のその言葉に嬉しくてしようがなかった。

「うん。僕もあなたがタイプのど真ん中」

僕が言うと

「じゃあきまりだぁぁ!」

とテンションをあげて腰の動きを増した。

さらなるガン掘りに僕はまたあえぎ声を上げ彼は僕の足を組み直そうと僕のふくらはぎをつかんだその時、

「いってぇぇぇぇっ!」

叫んだのは僕だった。

「ごっごめん!けつ…切れた?」

「あっいや右手…左足のタトゥー…入れたばかりで。まだ腫れているんだ」

「そうなんだ…ごめん」

「ううん…そこだけ握られなければ…」

僕はそう彼に告げた。

「タトゥーかっこいいな…大丈夫なの?」

「まあなんとか…ごめんまだお尻気持ちいい続けて…」

そう彼に僕は言って二人でラッ○ュを吸い改め、気持ちを高め直した。

僕がいきそう…ところてんしそうそこ突いてと伝えると彼からの攻めで

「いっいくぅっ…」

触ってない僕のペニスから白い精子が大噴火した。

彼も僕のいく瞬間の締め付けにいく寸前にアナルから抜き僕の顔にかけてくれた。

数発の精子は僕の口に入り、彼の遺伝子の塊を味わった。

彼は僕の横に寝そべって二人でティッシュを使い精子を拭った。

彼が僕の入れたばかりのタトゥーをさすって

「痛い?ごめんな」

と彼は言いながら僕に軽いキスをした。

「大丈夫だけど、ちょっと血が…化膿止め塗ってくる…」

そしてそれが最後の会話だった。

シャワーで足を洗い薬を塗り、二人盛り合ったスペースに戻るとそこに彼の姿はなかった。

店内を探すがもう帰ってしまっていたようだった。

僕は店を出てバイトに行き、時々むずがゆくなる左足が彼を思い出せた。

しばらく僕は仕事が忙しくなり、2丁目で遊ぶことが少なくなった。

必然的にその発展場に行く機会も少なくなり、彼との再会のチャンスは激減したが、それでも行った時は彼を探した…右手の中指と薬指がない人…しかし彼を見つけることはなかった。

売り専時代の友達が店を閉めて2丁目で遊ばなくなり時間が流れた。

近くの運動公園で発展したりしてゲイライフを微妙に楽しんだ。

ネットでの出会い系…それも覚えた…あのSEXから5年ぐらいたってた。

僕は出会い系で知った人ととある店の周年パーティーに誘われそこで会った人と意気投合するも付き合うまではいかなかった。

でも友達はできて、ひとりで2丁目に来ても入れる店がまた出来た。

例の発展場の前を通り過ぎ、懐かしい…も彼もここにくる年齢じゃないだろなぁ

名前ぐらい聞きたかったなぁ…やばっ少したってきた。

そんな風に彼のことを時々思い出していた。

更に時がたち、去年人に誇れる新しい彼氏が出来た。

めっちゃラブラブ…しかもちょっと男に興味合った。ノンケ。

彼はエ○○ィ○の元モデルで現役時代によく誘われたらしい。

僕はうちの店に飲みに来てナンパしたのだ!

しかし彼ともクリスマス迄しかもたなかった。

彼は既婚者で会社の社長…忙しさは尋常ではなく僕はいいよ…待ってるよ…

が、うざくなったのか悪いから距離を置こうと言われた。

寂しいバレンタイン、ホワイトデーをすごした。

先日仕事先の花見で終電を逃し、僕はみんなと別れ2丁目に…

あの発展場は駐車場に変わっていた…。僕は友達の店でのみ次の日が休みだからと思い2○会館に行った。

ひとっ風呂浴びて、万が一抱かれてもいいようにとシャワー浣腸であらった。

さすがは週末!というぐらい混みあっていて寝場所を確保するのも一苦労…

しばらくして空いている場所を見つけて僕はシーツにくるまり眠った。

さほど時間がたっていないと思う…僕のをいじっている人がいた。

僕が寝ていたのは突き当たりの部屋で、暗いものの人が出入りして、暖簾をめくられると廊下の明かりが差し込む…その人が僕のペニスをしごきしゃぶったりしていていた。

タイプかな?その人の顔を確認したかったが、廊下からの光が逆光になっていてよくわからない…体型はタイプだっていうのは確認できた。

その人はキスもせず、あまり僕のアナルもほぐしもしないで突然その人は僕のアナルを捕らえた。

洗って事前にほぐしたが、ローションとゴムをその人に渡し、正上位で受け入れ体制を取った。

ローションぬり、コンドームをまとったその人のペニスがゆっくりと僕の中に入り、久しぶりのこの感覚に深呼吸をして大きさと快楽を堪能した。

僕はその人の背中に腕を回し上半身を抱き寄せて耳をあま噛みした。

「あぁん…気持ちいい。大きさぴったりだよ。ガンガン突いて」

僕は甘えた声でこれからのSEXのベクトルをした。

「あぁそうするよ」

彼は頷き、恋人繋ぎをしてきた。

「久しぶり」

「久しぶり」

お互いに言い合った。

僕らは10年の穴埋めを取り戻すようにSEXを楽しんだ。

第一関節から先がない中指と薬指を僕は覚えていた。

彼は僕の足の大きなタトゥーを…

「もう掴んでも大丈夫だよ…」

二人で大笑い。

僕はこれから二人で何か始まることを期待して彼の指のことと何故あの時居なくなったのか愚問だと思い聞かなかった。



 

カテゴリ:BL小説/イケメンの最新記事

カテゴリ:BL小説/カップルの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング