ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】男3人にハーレムフェラされてます。クッソ羨ましいwwww

【ゲイ】男3人にハーレムフェラされてます。クッソ羨ましいwwww

【体験談】石川県在住の営業リーマンからの投稿です。男性に対し好意はあるもののゲイだという自覚もないまま社会人生活を送っていた投稿者。ある日、仕事を早めに切り上げて銭湯へ向かった。目の前に座った男性がコッチを見ながら勃起している。それを観て自分も勃起してしまっていることに気づき、何かがふっ切れる・・・・・・

男3人にハーレムフェラされてます

 

俺は23歳、

 

身長175cm、体重64kg、職業 営業リーマン、見た目は、僅かに茶髪で少し日焼けしている。

 

月末になる先週の木曜日、俺は今月の売上ノルマを達成していたので、午後は営業をサボってスーパー銭湯で時間を潰すことにした。

 

初めて入ったスーパー銭湯は平日の昼間の割りにお客がいた。とりあえず俺はどの様な風呂があるのか館内を見回った。

館内を一周し、俺は体を軽く洗い、ジャグジーに入った。何気に周りを見ていると、こちらの世界の男らしき人が結構目についた。

 

俺がミルク風呂に移動すると、すぐに大学生くらいのスジ筋の奴(A)が入ってきた。Aはミルク風呂の中央にあった石段に腰掛けてタオルを股間に置いて俺の方を見ている。俺は少し緊張したが、Aに目を合わせた。するとAのタオルがグゥ~と持ち上がりチンコが見えた。俺も湯船の中で勃起してしまった。Aはタオルを外してカチカチに勃起したチンコをシゴき始めた。

 

その時、俺と同じ年くらいの爽やかな感じの男(B)が入ってきた。チンコをシゴいていたAは慌ててタオルで隠したが、Bはニヤリとしてミルク風呂に入り俺の近くにきた。Bは俺の隣に近づいてすぐに湯船の中で俺の足を触ってきた。Bの手は俺の太ももを撫でるように動き、あっという間に俺の勃起したチンコを握りしめた。俺は何も出来ずにBにチンコをシゴかれ続けた。そしてBが俺の耳元で

 

『場所移動しない?』

 

と言った。俺は

 

『もう少し浸かってからにしよっ』

 

と答えた。するとBがAに背中を向けるように立ち上がった。俺の目の前にBの勃起したチンコがきた。AからはBのチンコは見えない位置関係だった。Bは俺の目の前で自分のチンコをシゴいた。どアップで見たBのチンコは黒くて長いチンコだった。

 

俺は熱くなったので湯船から上がり、涼みに露天風呂に出て、隅にあったベンチに座りクールダウンをした。すぐにAとBも露天風呂にやってきた。

 

俺は隣にあった低温スチームサウナに移動した。AとBもついてきた。俺の右側にAが座り、左側にBが座った。

 

すぐにBがタオルの上から俺のチンコを触ってきた。俺はすぐに勃起した。AとBの股間を見ると2人のタオルもテントを張っていた。Aが俺の乳首を撫でてきて、俺は小さな声を出してしまった。俺はAとBにいじられながら気持ち良くなってしまった。Bが俺のタオルを外して、直接俺のチンコをシゴいて、Aが俺のチンコを見て

 

『凄い大きいですね』

 

と言った。Aは俺の乳首を舐め始めて、Aは自分のタオルを外し、自分のチンコをシゴいた。Bが俺の前にしゃがみ込んで、なんと俺のチンコを口に含んだ。俺は初めて男にフェラされた。すごく気持ち良く、俺は全身に力が入ってしまった。

 

すぐAもしゃがみ込んで、2人が俺のチンコをフェラしてくれた。俺のチンコを奪い合いながらフェラしている2人のチンコもビンビンに勃起していた。俺はイキそうになったので、立ち上がって2人の口からチンコを離した。

 

俺は外に出ようとしたが、Bが俺の手を掴み、また座らされた。少し休憩していると、低温スチームサウナの扉が開き、20代後半くらいの長身の色白のスリムな男(C)が入ってきた。Cは俺達の向かい側の椅子に座った。Cが入ってきて俺はホッとした。

 

が…Cはタオルを巻かずに俺達の向かい側に座り、俺達をジロジロ見てきた。俺達3人のタオルがテントを張っていることに気付き、Cのチンコが勃起し始めた。Cのチンコがみるみるうちに勃起していく光景にBが再び俺のタオルを外して、俺のチンコをフェラした。

 

すぐにCが俺達に近づいてきた。CがBから奪うように俺のチンコをフェラしてきた。CのフェラはBよりも俺のチンコに吸い付くような感じで気持ち良く、俺は

 

『スゴい気持ちいい』

 

と声に出してしまった。AはCのチンコに手を伸ばし、Cの亀頭を撫でていた。Bも俺のチンコをCと一緒になってフェラをした。CはAの手を払いのけ、立ち上がって俺の目の前にチンコを差し出した。俺は思い切ってCのチンコを握って、上下に動かした。AはBと一緒に俺のチンコをフェラし始めた。Cは

 

『くわえて』

 

と俺に言ったが、俺は

 

『ごめん、くわえた事ないから』

 

と答えた。俺はCのチンコをひたすらシゴき続け、Cは急に俺の胸あたりに射精した。スゴい大量の白い液体が出てきた。俺の手の平にCのチンコが4~5回脈打った感触が伝わり射精した。その勢いで俺のチンコをフェラしていたAとBの頭にCの白い液体がかかった。Cは

 

『ありがとう』

 

と言って俺にキスをしてサウナを出て行った。低温スチームサウナと言っても流石に俺は熱くなって外に出た。AとBも外に出た。そしてBが俺に

 

『家が近くだから来ない?』

 

と言ってきた。俺は少し怖かったが、男にフェラされる快感で射精してみたくなった。男はAを残して行くのが悪いと思って、Bに

 

『Aも一緒なら行く』

 

と伝えた。BがAを誘って、三人でBの家に行った。

 

家に着くとBが俺のズボンを脱がせ、AとBも素っ裸になった。AとBは俺のボクサーパンツの上からフェラしてきた。2人の攻撃に俺のチンコはすぐ勃起した。2人のチンコもビンビンになっていた。

 

Aが俺のボクサーパンツを脱がせ、2人が直接俺のチンコをフェラしてきた。俺は限界間近になり、2人の口からチンコを抜いた。そして俺は2人に

 

『男同士のセックスが見たい…2人で絡んで見せて』

 

と言った。Aが

 

『僕はウケだから掘っても良いよ』

 

とBに言った。Bは黙ってAのお尻を愛撫して、Aのお尻にチンコを挿入した。スゴい光景だった。俺は男同士がセックスしている光景に興奮した。

 

BのチンコがAのお尻に入って、Aのチンコもビンビンに勃起していた。俺は自分でチンコをシゴいて2人のセックスを見た。BがAをバックからチンコを挿入すると、Aは俺のチンコをフェラし始めた。最高に興奮した俺が

 

『イキそう』

 

と言うと、Aは

 

『ダメ!今度は掘ってみて。この大きなチンコが欲しい』

 

と言ったが、俺は断った。すぐにBが

 

『しゃぶってやるよ』

 

と俺に言って、Bが俺のチンコをフェラした。Aも俺のチンコをフェラし、2人は自分のチンコをシゴきながら俺のチンコをしゃぶった。すぐにBのチンコから白い液体が溢れ出し、俺も限界だったので、2人の顔に射精した。

 

Aは俺の液体を自分のチンコに塗り、激しく自分のチンコをシゴき、Aのチンコからも白い液体が飛び出た。俺はシャワーを借りて、服を着て、Aと一緒にBの家を出た。

 

この日は会社に連絡を入れ、直帰することにした。

 

しかし、スゴい体験だった。男にフェラされるのが、あんなにも気持ちよいとは…。

 

時間を見つけて、またスーパー銭湯に行ってみたくなりました。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング