ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】慰安旅行先の温泉で色黒兄貴と出会いました・・・・・・・・

【ゲイ】慰安旅行先の温泉で色黒兄貴と出会いました・・・・・・・・

【体験談】褐色の肌

 

香川県在住の介護職員さんからの投稿。数年前のこと、慰安旅行先で素敵な兄貴と出合ったと言う投稿者。身体の相性も良く、しばらくその兄貴との関係が続くことになる。そんな思い出の男と出会った時の話・・・

色黒兄貴

 

この話は、随分前俺が30歳で痩せていたころのことです。

 

会社の慰安旅行で某温泉場に行ったときの出来事で相手も慰安旅行で来ていた。

 

相手の容姿は、短髪。色黒。ガチムチ。男って感じる顔立ちで俺のタイプである

 

大浴場に向かうエレベーターの中で相手から声をかけてきたちょっとアルコールの匂いとほんのり顔が赤かった。

 

湯船に浸かると相手が近寄ってきて腕や胸を触ってきた俺の下半身は、ムクムクと膨れだし上を向く兄貴は、元気がいいなあってささやき後で一緒に飲もうって誘われ湯船を出る間際にチンコをギュっと握られた。

 

宴会もお開き前に抜け出し兄貴が指定したバーに行くと兄貴は仲間内で飲んでいたが、俺の顔を見るなり手をあげ手招きされ兄貴の仲間内に会釈し兄貴の横に座ると肩を組まれ飲め。飲めって催促する。

 

兄貴は、しこたま飲んでるようで臭いがプンプンしてロレツも回っていないが、タイプの兄貴なんで注がれる度に飲んでしまい不覚にも眠ってしまった。

 

「おい おい」

 

大丈夫かって兄貴に揺り起こされて目覚める

 

あたりを見渡すと消灯が消え兄貴と二人だけだった。

 

ふら付かない足元に兄貴の肩をかり酔い覚ましに外気にあたりにホテルの外に出ると闇夜でシーンと静まりかえっていた。

 

ベンチに腰掛話かける兄貴は、俺のはだけた浴衣のももに手を添える。

 

「湯船で腕とか胸触ったとき払いのけるのが普通なのにお前は、払いのけもせずチンコが勃起していた。俺(兄貴)のことがすきなのか?」と単当直入に言われて俺は、首を縦に降ろした。

 

「酒も入っていたせいでおまえに話かけ湯船でも大胆な行動をして良かった」といい唇を重ね舌をねじ込まれ、絡めあう

 

お互いのチンコをまさぐりあい、扱き合う。

 

兄貴がチクビを吸う。

 

気持ちいい!わき腹、へそから舌を這わせチンコをぱくりと銜えられた兄貴の頭を撫ぜ腰を突き上げる酔いも吹っ飛ぶくらい気持ちいい

 

「あ・あダメ・ダメ出ちゃう出ちゃうよ~」

 

兄貴の頭をはずそうとするががっしり腰をつかまれ兄貴のストロークが早くなる

 

「あぁ!!あ・あ・・イ・イク~~」と発し兄貴の口内にぶちまけた。

 

「はぁ・はぁ」

 

気持ち良かった。

 

俺は、先走りベトベトぎんぎんにいきり立った兄貴のペニスを貪る。

 

太い!うまい

 

夢中で愛撫を繰り返すと「ダメだイキそー」

 

口からペニスを引き抜き、ベンチに手を突いてケツをこちらに向けな尻たぶを開きケツ穴を舐められ指1本から2本で掻き回され、兄貴のペニスに唾を塗りたくりゆっくり差し込まれていく

 

亀頭が入り根元まで入った。

 

兄貴は、ゆっくり楽しむように抽挿を繰り返し前立腺を抉る。

 

ケツ穴が熱い

 

気持ちいい

 

チンコから先走りがダラダラ流れ突かれる度にチンコが尺る。

 

兄貴の抽挿が早くなり行くぞ行くぞとパンパン卑猥な音を立て、「イク・イク・い・く~~」と発し俺の直腸深くぶっ放した

 

同時に俺は、トコロテンで地面にボタボタとザーメンを撒き散らした。

 

その後兄貴の住む町に月1,2回ペースで通い兄貴より一回り大きいデブ親父も交え、上の口、下の口にデカマラを銜えこんで悶えている。

 

兄貴の目を盗んでデブ親父の仲間3人に性処理道具にもされている



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング