Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】男子高校生(15)が埼京線で通学してみた結果・・・・・・・・・・

【ゲイ】男子高校生(15)が埼京線で通学してみた結果・・・・・・・・・・

【体験談】痴漢、アカン・・・くない

 

都内在住の男子高校生からの投稿。女の子のことが好きなノンケである投稿者だったが、埼京線でサラリーマンに痴漢されて以来、その時の快感が忘れられないのだとか。今ではオナニーのおかずはその時のサラリーマンなのだとか・・・

痴漢された高校生

 

ボクは都内へ通学する高校1年です。

 

通学には埼京線を使って居ます。

 

入学して、初めて電車を使う事になり、かなり不安でした。

 

新学期から電車はメチャ混みです、乗り換えに便利なので一番後ろの車掌室の所ドアに乗る事にしました。

 

初めはドアの所で外を見て居ました。

 

1駅ごとに人が増え、だんだん奥に押されて行きました。

 

体も自由に動かせ無い状態の時、20才位のスーツ姿のサラリーマンの人と向い合せになってしまいました。

 

電車の揺れとともに、ボクの手の甲に何かが時々当たり始めました。

 

それが、サラリーマンの性器だとすぐわかりました。

 

硬さが増して、押し付けて来るのです。

 

体の前で両手でカバンを持って居ましたので、触っては悪いので手を放しました。

 

するとサラリーマンの人は、ボクの足の間に足を入れて来ました。

 

足でボクの性器を押してきます、サラリーマンの性器の硬さが感じられます。

 

動く事も出来ずにいると、ボクは勃ってきてしまいました。

 

ボクのが勃って来たら、サラリーマンの人はグイグイ押してきます。

 

訳が分からず、汗は出るし・心臓はドキドキ・相手の顔なんか見られませんでした。

 

ただ、されるがままでした。

 

すると、制服の上からボクの性器を揉んで来ました、何がなんだか分からずにいると降りる新宿に到着しました。

 

2日目も同じ人がいました。

 

今度はカバンを持つ両手の間から手を突っ込んできて、ボクの性器を刺激します。

 

ボクは片手をカバンから離しました、すると相手の手が大胆に動き始め揉んだり・擦ったり、すぐに勃ってしまいました。

 

何とも言えない、感覚でオナニーしか経験のなかったボクには刺激的でした。

 

相手にの人は、ボクの手を取り自分の性器に導き揉ませました。

 

初めて、他人の性器の硬さ・大きさを手で感じました。

 

その日も、それで新宿に到着してしまいました。

 

その夜は、電車の中の快感を想像して3回オナニーをしてしまいました。



 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング