ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】中1ショタは電車痴漢されたい淫乱に育ってしまいました・・・・・・・・

【ゲイ】中1ショタは電車痴漢されたい淫乱に育ってしまいました・・・・・・・・

【体験談】埼玉県在住の学生さんからの投稿。幼い顔立ちのせいか、電車で男達に痴漢されてしまうという投稿者。最初は顔を真っ赤にして嫌がっていたのだが、次第にお尻で感じるように開発されてしまったようで・・・

ショタ痴漢体験談

 

中学1年の時から、電車通学で良く痴漢にあいます。

 

男の子なのにお尻やちんぽを触られてました。

 

僕の華奢な身体と長い髪が原因なのかもしれません。

 

ある時、高校生位のの人にお尻を触られて、その内、ズボンのチャックを下ろして直に握られて、勃起したちんぽを扱かれてパンツに射精してました。

 

僕は恥ずかしく立ち尽くしているとお尻の穴に指を入れてきました。

 

僕は恥ずかしく何も出来ないと耳元で次で降りなと言いました。

 

僕はすぐ駅のトイレにその高校生と一緒に入り、裸にされました。

 

僕の裸を見ると興奮して裸になって、後ろに向かされて、お尻にローションを塗って、ちんぽを入れてきました。

 

僕は痛い、痛いと言ってましたが彼は構わず奥まで入れてきました。

 

僕はお尻を叩かれながら穴を弛めろと言われ、僕が弛めると激しく突かれました。

 

彼が気持ちいいと言って、奥に射精して僕も気持ち良くなってしまい射精してました。

 

僕の包茎ちんぽからダラダラと精子が出てました。

 

彼は僕の穴から抜くと写真を撮ってました。僕は、恥ずかしい姿を見せてました。

 

お尻からは大量の精液を垂れ流して、僕の包茎ちんぽも写真に撮られてました。

 

高校生は俺の男になってと言いました。

 

僕も男が好きでおじさん達に痴漢されてちんぽを扱かれたり、フェラされてました。

 

おじさん達は勃起したちんぽを口に入れると精子を飲まされてました。彼と知りあってからは、お尻を調教され拡張されました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング