ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ】息子の部屋に盗聴器を仕掛けてみた結果wwwwwwwww

【ゲイ】息子の部屋に盗聴器を仕掛けてみた結果wwwwwwwww

【体験談】愛知県在住のリーマンさんからの投稿。十代の頃から男性にしか興味のなかった投稿者も世間体を気にしていつしか女性と結婚、元気な息子も授かることになる。そして十数年後、1人息子は父親の遺伝なのか、どうもゲイらしく・・・

盗聴した体験談

 

私の体験も書きたくなりました。

 

私は息子のホモ行為を覗いては1人悶々としていた時期があります。

 

今から30年以上前のことです。当時中学3年生の息子は実家の敷地内に建てたロッジみたいな建物を部屋にしていました。

 

地元の飲み会で遅く帰った私は何気なく息子の部屋を見ると、いつも遊びに来る息子の友達の自転車があり、窓越しに中を見ると行為の真っ最中でした。

 

豆電球だけの薄明かりの中、男同士が一かたまりになっていました。

 

私自身、若い頃から男同士の経験がありましたから、息子と息子の友達が何をしているのかすぐにわかりました。

 

それからというもの、私の欲望は息子たちの行為を覗くことに費やされました。

 

ただ、夜中に妻と一緒の寝室を抜け出すのは難しく、ありもしない飲み会を口実に時間を潰しては遅くに戻り、息子の部屋の前に自転車があればひたすら外で行為が始まるのを待ちような感じでした。

 

それでもカーテンがしっかり閉められていたりして、覗きの確率は高くはありませんでした。

 

それでも見られた時の興奮は例えようもないものでした。

 

息子が高校生になると2人とも部活をやっていたため、大人の体になり、行為そのものも激しくなりましたが、カーテンが閉められていることが多く、覗けなくなりました。

 

そこで、いけないこととは知りながら、当時は高価だった盗聴器を購入してセットしました。

 

それからはひたすら盗聴に凝りました。

 

息子の友達が泊まりに来ると母屋で晩飯を食べさせます。

 

2人が美味そうに食べる姿を見ながら、数時間後に行われることを想像していました。

 

息子はいつもタチで、息子の友達が雄泣きする声に被さる息子の吐息とお互いの名前を呼び合う声を聞きながら年甲斐もなく自分でしごきながら息子たちと同時に逝っていました。



 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング