ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】小便してる爺さんのチンポをいきなり咥えてみた結果wwwwwwwww

【ゲイ】小便してる爺さんのチンポをいきなり咥えてみた結果wwwwwwwww

【体験談】熊本県在住のフリーターさんからの投稿。老け専だという投稿者が以前から気になっている近所のお爺さん。その老人と公衆便所でバッタリ会ってしまう。このチャンスを逃すまいと声を掛けてみるのだが・・・

老人にフェラした体験談

 

前の家のお爺ちゃん、年は80だとか。

 

俺のタイプの爺さん、いつも畑を耕す姿を観るのが俺の日課になった。

 

畑にはみ込んでいるお爺ちゃんの股間には、玉と竿がステテコの薄い生地から形がくっきりと見える。

 

いつかあの柔らかいお爺ちゃんの臀部に俺のかたくなったちんちんを擦り着けてみたい。

 

そんな願いが通じたのか、駅の公衆トイレでバッタリ!

 

隣で何時もの可愛いお爺ちゃんが放尿している。

 

俺は思い切って声をかけた

 

「寒いからちんちんがこんなに小さくなっちゃった」とわざとお爺さんに見えるようにちんちんを振ると、「お~、ええちんぽしとるな~」と横目で観てくれた。

 

「お爺さんのは立派でしょう」と覗くと、俺に見てくれと言わんばかりに此方に身体を向けて、放尿しているちんちんを見せてくれました。

 

「おじいさん!」と言うとまだチョロチョロ出ているちんちんを握らせて貰いました。

 

「お~、お母アより上手だな~、気持ちいいよ」

 

まだ止まり切っていないちんちんに俺はシャブリ着いておりました

 

「いいなア~、だが人が来る、もういいよ」

 

俺はこのチャンスを長く長くまっていたんだよ・・・お爺ちゃんのソレから口を静かに離すと透明な爺さんの我慢汁が竿から糸を引いて垂れた。



 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング