ホーム » マッサージ » 【ゲイ】温泉旅館でマッサージ呼んだら越中褌親父がやって来たwwwwwwwww

【ゲイ】温泉旅館でマッサージ呼んだら越中褌親父がやって来たwwwwwwwww

【体験談】40代後半になる投稿者が富山県の旅館へ宿泊していた時、フロントで出張マッサージを呼んでもらった。あわよくばという下心を踊らせながら待つこと数十分、やって来たのは・・・

褌オヤジとのゲイ体験談

 

富山県の某温泉に宿泊したときのことである。

 

マッサージさんを呼ぼうと思い、フロントで、「気楽なので年配の男の方をお願いします。できれば60歳以上の方を・・・」と頼むと、少々怪訝な顔をされたが、すぐに電話で連絡をとってくれた。

 

1時間後に来るというので部屋で待つことになった。

 

部屋で新しい越中褌に着替え、浴衣姿で布団に横になって待った。

 

1時間後、ドアをノックする音がするので、「開いていますのでどうぞ」と答えると、ごま塩頭の細身筋肉質な親父が入ってきた。

 

65歳くらいであろうか、髭の剃り跡が青々とし、袖からのぞいている腕の毛が濃いのもタイプである。親父はさっそく準備に取り掛かった。

 

マッサージをはじめたが、小生の越中褌に気づいたらしい。

 

おやっ、という表情を浮かべたが無視していると、「お客さん、珍しい下着をつけてるね?」と話しかけてきた。

 

「褌か? 儂の仲間には多いんだ。」と意味深な返事をした。

 

すると、「実は私も褌なんですよ」との返事。

 

まさかと思った儂は、「みたいな。見せてくださいよ」というと、あっさりOkしてくれた。

 

親父はその場でズボンをおろしはじめた。

 

胸の筋肉が盛り上がり、足も筋肉質でごりごりだった。胸毛こそないが、すね毛が黒々として、足首から褌まで体毛でつながっていた。

 

私の陰茎はカチカチに勃起し、褌を突き上げていた。それを見た親父のマラも褌の中で半立ちになっている。

 

もう間違いない。

 

儂は立ち上がると親父ににじり寄った。

 

親父の手が儂の褌に伸びてきて、陰茎を握った。あとは簡単。お互い全裸になり抱き合った。

 

時間を延長し、親父が儂の肛門にマラを生で挿入。儂は親父に正常位で掘られながら、陰茎をこすられて2回射精した。

 

最後は親父が雄叫びとともに、儂の直腸内に中出しして果てた。

 

お互いに電話番号を交換し、その日の夜に再開することを約束した。

 

この親父、独身、農業の傍らでマッサージもしているそうである。

 

一人旅の男で褌の人は100%ホモだという。そういう親父も、マッサージの客から、この世界を教わったとのこと。

 

それしても最高の夜だった。

 

その夜、親父が軽トラで迎えにきたので、親父の家を訪問。茅葺の立派な農家だった。

 

一晩中、肛門性交に明け暮れた。

 

 

翌日、親父は仕事を休んでしまったのだった。



 

カテゴリ:マッサージの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング