ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】丸坊主にされたいマゾ願望が抑えきれません・・・・・・・・・・・

【ゲイ】丸坊主にされたいマゾ願望が抑えきれません・・・・・・・・・・・

【体験談】丸刈りにしたいのではなく、あくまでされたいのだという岐阜県在住の投稿者。なかなか珍しい性癖で、丸刈りにカットしている人を見ただけで興奮するのだとか・・・

坊主頭にされたい体験談

 

今から25年前、平成2、3年、自分が27歳の頃の話です。

 

通勤路線の駅に、夫婦経営の理容組合店のお店がありました。

 

マスターは160センチ程、禿げているわけでもないのに、黒々とした髪をバッサリ刈り込んだ五厘の丸刈りにちょっとイカつい顔立ちで、理容のユニフォームも似合っている方でした。

 

初めて、理容師さんで五厘頭にしている方を見てにゾクゾクしました。

 

自分は「昔から坊主にされたい願望」がありました。

 

自分は会社員で27歳の頃は、髪が長く7/3分けでした。散髪には他の大衆理容店に行っていましたが、いつも総バサミでの散髪でした。

 

ある時、途中下車までして、そのお店の前に行くと店内にはマスターが一人。散髪をする気持ちはないのに、思わず入店しました。

 

マスター「いらっしゃい。」

 

自分「初めてなんですけど。今日は散髪できないんですけど、今度お願いしたいのですが・・・」と会話が始まりました。

 

自「失礼ですが、マスターは髪の長さはどのくらいなんですか。」

 

マ「五厘ですよ。0.1ミリ位かな。」

 

自「カッコイイですね。すごく似合うと思います。自分もそういう風にしてみたいなぁ」

 

マ「会社とか、大丈夫なの。なんならおいで、いつでもしてあげるから」

 

マスターは嬉しそうに話し、鏡の横にあるサングラスをかけて見せました。

 

マ「これは○○製のサングラスで・・・」と話すマスターは、サングラス姿も増してイカツくてちょっとコワい感じでもあり、自分のタイプに近いものがありました。

 

モンモンとした日々を過ごし、ある平日そのお店に向かいました。

 

先客はいません。思い切ってドアを開けました。

 

マスター「いらっしゃい。」と自分を理容椅子に案内します。

 

自分は緊張してただ、理容椅子に座り、ケープを首に巻かれてされるがまま。

 

ちょっとした沈黙

 

マスター「坊主にするんだろ。」

 

もう注文も決められてしまいました。

 

マスターは店内にいた奥さんに、「おい、バリカン」といって当時ではまだ珍しいコードレスバリカンを持ってきました。

 

バリカンが「ジーッ」と音を立てます。

 

自分「き、今日はすそを刈り上げる程度で」としどろもどろに伝えました。

 

マスターは明らかにつまんなそうな感じです。スゾをバリカンでジーっと刈り上げてきます。

 

マスターは「このまま、上まで刈っちゃったら、面白いね。」

 

ウソなんだか、本気なのか。

 

自分はいつもハサミだけでの散髪でしたので、バリカンを入れられるだけでも、もう興奮していました。

 

マスターはスゾだけの刈り上げでは、物足りない様子。

 

自分の右側に立って耳元を刈り上げながら、坊主にしないか、と誘ってきます。

 

自分は「坊主もいいですよね」

 

自分は上がってしまい、何て話したらいいのかわかりません

 

マスターは興奮気味に「金はいいから、坊主にさせろ。」と言ってきました。

 

残念なことに、自分はかたくなに断ってしまい、いつもより少しすそが短い7/3分けの髪型になりました。

 

また「人にナメられないようにおでこは出すんだ」とオールバック風にされました。

 

今の自分なら、当時の自分に「いいからマスターに坊主にされろ」と言ってやりたいものです。

 

インターネットもない時代、坊主やバリカンに興奮するのは自分位しかいないだろう思ってました。

 

あれから25年も経ちました。マスターは天国で理容師さんをしているかな。

 

今度は本当にマスターにお詫びを兼ねて丸坊主にされたいと思ってます。

 

むしろ、自分のタイプの、イカつい強面の理容師様なら「坊主にしてください」と頼んでしまいます。

 

「金はいいから、坊主にさせろ」という言葉は、今でも忘れられない言葉ですね。

 

そして、余計なお世話ですが、10~20歳代の若い方々、「坊主にしたい」と思っていたら迷わずに今のうちに坊主にした方がいいですよ。

 

学生なら夏休み、冬休みもあるし、髪の毛は切っても伸びるから大丈夫。

 

はじめは皆に笑われるけれども、2.3日したら皆は見慣れてしまうし、誰も何も言わなくなりますよ。

 

会社員になったら大人の事情で5厘坊主は難しいこともあるし、長いお休みはなかなかとれませんし。

 

長文失礼しました。不愉快な気分にさせてしまいましたらごめんなさい。

 

オジさんの思い出話とタワゴトでした。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング