ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】小5ショタが友達を誘って連れションに行った結果wwwwwwwww

【ゲイ】小5ショタが友達を誘って連れションに行った結果wwwwwwwww

【体験談】三重県在住の投稿者の幼少時代の話。同級生と連れションをしにトイレへ向かったものの、入った公衆トイレは横の仕切りがなく、隣から丸見えのものだった。ズボンを下ろすのが恥ずかしくて躊躇っていると・・・

ショタの連れしょん体験談

 

小学5年生の頃に学校の行事で公園かグランドに行きました。

 

友達のJくんと一緒にトイレに行きました。

 

驚いたのは小便器が二つあるものの仕切りがないのです。

 

したがって隣の人のオチンチンが見えてしまうのです。

 

僕もJくんも一瞬驚きました。

 

僕は心の中で「これじゃ見えちゃうよ」と思いました。

 

小学5年生でもオチンチンを見られることは抵抗があり、友達の誰のオチンチンを見た、誰にオチンチンを見られた、と意識がありました。

 

Jくんのオチンチンは見た事がなく、見られたこともありませんでした。

 

するとJくん「まことも出すんだよ。」と言いました。

 

僕はオシッコがしたいので恥ずかしい気持ちを押さえてオチンチンを出しました。

 

そのままオシッコをしました。

 

隣を見るとJくんのオチンチンが見えました!

 

Jくんのオチンチンからオシッコが出ていました。

 

二人は無言でオチンチンを出してオシッコをしました。

 

たぶんJくんもオチンチンを出すのが恥ずかしいんだと思いました。

 

初めて見るJくんのオチンチンはまだ毛も生えておらず、皮も被った包茎オチンチンでした。

 

オチンチンの大きさは僕のオチンチンの方が少しだけ大きかったです!

 

たぶんJくんも横目で僕のオチンチンを見て同じことを考えていたのではないでしょうか?

 

ちなみに小学5年生の僕も毛も生えておらず、オチンチンの皮も被った包茎オチンチンでした。

 

Jくんのオチンチンを見たのはこのときが最初で最後でした。

 

友達のオチンチンをあんなに近くで見たことはありませんでした、また見られたことも。

 

Jくんのオチンチンはかわいいオチンチンでした。小学生時代の思い出です。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング