ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】野球部の先輩をマジで好きになってしまった話

【ゲイ】野球部の先輩をマジで好きになってしまった話

【体験談】進学後、小学生の頃からやっていた野球部に入部した投稿者。先輩後輩が仲良く、部活動を満喫していると1人の先輩が一緒に帰らないかと誘ってきたのだが・・・

野球部のゲイ体験

 

体験した事なので書かせてもらいます。

 

一応自己紹介しときます。俺は中1の野球部です。

 

俺は野球が好きで小学校からずっと野球をしてきた。中学に入っても野球はやろうと思ってた。

 

中学は知らない人が一杯いた。自分で言うのもなんかおかしいけど、俺は友達は作るのが上手かったからすぐ友達が増えた。

 

俺はもちろん野球部に仮入部。やっぱり野球は楽しい。その野球部の二年の先輩で田久保先輩という先輩が居ます。

 

田久保先輩は野球が上手く、後輩、先輩からすごい人気で俺は「俺もあんな風になれたらなぁ・・・」と思うようになっていました。

 

それに・・・坊主がすっごく似合ってるし・・・(この中学では野球部は必ず坊主にするんです。)

 

俺は仮入部の時、田久保先輩とは喋らなかった。

 

それから数日経って、本入部が出来るようになった。

 

野球部より違う部が良いと言って違う部に行く友達がいたりした。

 

俺は野球が好き。野球部に入部した

 

入部して練習は仮入部の時より少しきつくなる。仮入部の時は外周2周が4周になったり。

 

それでも折れは耐えられる。野球が好きだから・・・。

 

そんな日が毎日は続く。たまに精神的に耐えられず退部してしまう人も出てくるようだ。

 

それから数日・・・俺は午後練が終わって着替えてる時に田久保先輩が「中塚、おつかれ」と声をかけてくれた。

 

俺はちょっと焦って「あっ・・・はい。お疲れ様です」と返した。

 

田久保先輩にちょっと笑われた。

 

田久保先輩「今日一緒に帰るか?」

 

俺「え・・・えっとでも田久保先輩は違う先輩達がいるんじゃないんですか?」

 

田久保先輩「平気平気。俺は中塚と帰りたいんだし。いいよな?」

 

俺はそう言われて嬉しかった。他の先輩や後輩がいるのに2人だけで帰れるのがすごく嬉しかった。

 

山本先輩「お~い田久保~。帰るぞ~。」

 

田久保先輩「今日は中塚と帰るからやまっちは他の人と帰って」

 

山本先輩「え~お前が居ないと他の奴らと帰ってもつまんねぇよ?」

 

他の先輩「なんだと!?」

 

山本先輩は他の先輩にちょっと追いかけられたりして周りは笑っていた。

 

この野球部は賑やかですごい楽しい。それに何より田久保先輩がいるし・・・。

 

隣で山本先輩達を見て笑ってる田久保先輩はすごいかっこよかった。皆が田久保先輩の事憧れたりするのがわかった気がする。

 

田久保先輩「さてと・・・帰るか?中塚」

 

俺「あっはい!」

 

帰り道・・・。

 

田久保先輩「中塚さ、敬語慣れてないだろ?」

 

俺「え・・・えっと~・・・」

 

田久保先輩「いや無理に慣れてるとか言わなくてもいいよ。」

 

俺「あっ、はい・・」

 

田久保先輩「俺にだけはタメ口で喋ってくれてもいいからさ。中塚敬語似合わないぞ?」

 

俺「いいんですか!?」

 

田久保先輩「そんなに驚く事か?(笑)中塚は表情が良く動いて可愛いな。」

 

俺「なっ・・・何いきなり言うんですか!」

 

俺がそういうと田久保先輩は笑って俺の顔を見てくる。「いややっぱり可愛いよ。照れてる顔も。」と言ったり。

 

田久保先輩もこんな一面有るなんて思いもしなかった。

 

俺はだんだん田久保先輩の事がいつのまにか好きになっていた。

 

俺は次の日から田久保先輩と良く帰るようになったり朝練を行くようになったりしていた。

 

そんで頑張って田久保先輩にタメ口で話せるように頑張ったり。

 

時々敬語とタメ口が一緒に出るから良く笑われたりするけど・・・。

 

俺は携帯を持っているから田久保先輩に「田久保先輩は携帯持ってる?俺は持ってるんだけど」と言って田久保先輩も持っていたから俺のメールアドレスを教えた。

 

その日から田久保先輩とはメールを良くするようになり、毎日がすごく楽しい。

 

俺はこの野球部に入ってよかったかもしれない・・・。そう思える事が沢山続いた。

 

ある日、他の先輩と喋っている時、「田久保の奴、中塚と居るといつもよりすごい笑顔だよな」

 

「わかるわかる。なんか中塚の事が・・・ねぇ」

 

俺は何が言いたいのかすぐわかった。

 

俺「ちっ違いますよ!絶対違います!」

 

「何お前照れてんだ?」「これが田久保の奴、気に入ったのかもな」

 

俺「だから違いますって!!!」

その日の午後練終わって・・・俺はいつものように田久保先輩と帰る

 

俺は今日先輩達が言ってた事が気になって・・・。

 

俺「田久保先輩って今好きな人います?」

 

田久保先輩「なんだよいきなり・・・。俺は・・・」

 

俺は「いない」という返事が来ると思っていた。でも田久保先輩「いるかな。」という返事が返ってきた。

 

いやでもなんで俺が田久保先輩が俺の事好きなのかなぁとか思ったんだろう。

 

俺「へぇ・・・そうなんだ・・・」

 

田久保先輩「ちなみにお前は?」

 

俺「へ・・・?(苦笑)」

 

田久保先輩「だから好きな人はいんのかって」

 

俺「あっいや・・・いっいないですよ」

 

田久保先輩はちょっと落ち込んだ?ように「そうか・・・」と言った。

 

俺はどうしたんだろうと思ったけど別に気にしなかった。

 

俺は帰った後、少しして携帯から「教えてくれる?誰が好き?」と送った

 

田久保先輩からはすぐ送信がきた。

「俺の好きな奴?中塚には教えられないよ。」と来たので、「かわいいんですか?」と送った

 

「すっごくかわいいよ。襲いたいくらい。」と来た。

 

そんなにかわいい子いるなら紹介してほしいくらい・・・

そして数日が経った。

 

朝練の途中、田久保先輩に明後日、俺の家にこないか?と誘われた。

 

俺はすごく嬉しくてその誘いを受けた。

 

今日田久保先輩の家かぁ・・・楽しみだなぁ・・・とか思いながら学校生活を送った。

 

いつもより元気になっていたらしくよく暴れていたらしい。

 

「あ~早く田久保先輩の家に行きたいなぁ・・・楽しみだなぁ・・・どんな部屋なんだろう田久保先輩のって・・・」

 

そんな事を思いながら授業受けてたり・・・。時々いきなり指名されて答えなさいとか言われた時は焦ったけど(笑

 

それくらい嬉しいんです。田久保先輩の所に行くのが・・・。

 

でも明後日なんですよね・・・もう待ちきれませんでした。

 

もう行くまではすごい興奮状態でやばいくらいでした。

 

野球もちゃんとやって、授業もなんかニヤつきながらやってたり、・・・。掃除もなんかボーっとしてるのが多くなってたり。

 

時間を動かせたらいいなぁ・・・って思いました。

俺はその日、携帯で田久保先輩に何か持っていく物あるか聞いた。

 

その内容、「ん~。携帯と、俺に似合いそうな眼鏡?」

 

田久保先輩は俺の親が眼鏡屋をやっているのに何故か知っていたらしい。

 

でもまぁ言えば親父がくれるからいいんだけど・・・。

 

田久保先輩に似合いそうな眼鏡を必死で探しました。

 

そんですっごく似合いそうなのがあったのでそれを父さんから貰いました。

 

それでそのシャメを撮って田久保先輩に送りました。

 

田久保先輩からは「おっいいじゃん。それもってきて」と来たので「うん」と送り返しました。

 

俺は次の日の朝、学校に向かう途中明日やっと田久保先輩の家行けるんだなぁ・・・と思いながら昨日忘れた野球の道具を取りに野球部の部室に行った。

 

部室には誰かがいるみたいで気配がした。

 

俺「(誰かいるのかな・・・俺と同じで忘れ物したのかな)」

 

俺は部室に入る時、声がしたのを聞いた。

 

「ん…」

 

この声は・・・二年の先輩の小山先輩かな・・・。俺は何をしているのかと覗いた。

 

俺はそれを見て驚いた。

 

机の上に横になってる小山先輩、喘ぎ声を出している。そこに乗っているのが田久保先輩だった・・・。

 

小山先輩「ん・・・くぅ・・・人が来たら・・・」

 

田久保先輩「大丈夫だよ・・・朝練がない時は誰も来ない・・・指も慣れたみたいだしもう入れるぞ?」

 

小山先輩は苦しそうな声を上げて田久保先輩のが入っていく。

 

俺は呆然としてそれをずっと見ていた。いつのまにか俺は下半身が熱く、起っていたみたいだった。

 

それを見ていた俺はドアを間違えて開けてしまい、二人に見ていたのがバレてしまった。

 

田久保先輩「なっ中塚!?」

 

俺「田久保先輩が・・・そんな人だとは思わなかった。尊敬してたのに・・・家に遊びに来ないかって言われた時すごい嬉しかったのに・・・。」

 

田久保先輩「これは違・・・」

 

俺「もういいですよ。明日は遊びに行かないんで。」

 

俺はそう行ってその場を去った。俺は何故か少し泣きながら走った。その日は何も手につかず、一日中ボ~っとしていた。

 

その日の午後練は顧問に具合が悪いと言って休ませてもらった。

 

俺は明日からどうしようと考えつつ、ベッドで寝ていた。俺が考えている時に携帯は鳴った。

 

田久保先輩からのメールだった。俺は見ても仕方がないと思い、見なかった。

 

俺はそのままうとうととして寝てしまった・・・。

次の日・・・朝から何故だか体が重い。学校に行くのを拒絶しているのだろうか。朝練を拒絶しているのだろうか。

 

俺は朝飯を食べて、学校に向かった。朝練・・・田久保先輩と顔を合わしたくない・・・。

 

それに・・・あの部室も見たくない・・・。

俺は学校につき、部室に向かう。そこは明るい声が飛び交っていた。

 

昨日の事は誰も知らないんだろうなぁ・・・と思いつつ、「おはようございま~す・・」と言いながら入った。

 

他の先輩は笑顔で「おう」と返してくれるがそこに田久保先輩はいなかった。

 

俺は自分のロッカーに行って着替える。着替えている時に田久保先輩が来た。

 

田久保先輩「遅れました~!」

 

走ってきたのか、疲れながらも到着したようだ。田久保先輩のロッカーは俺の隣。だから余計にここには来たくなかった。

 

田久保先輩は俺の隣に来て着替える。俺はもう着替えたから出ようとした。

 

それを先輩は引き止めて、田久保先輩「これ・・・昨日のメール見てないだろ?これは見てくれよ」

 

俺「・・・」

 

俺は無言でそれを受け取ってロッカーに入れた。俺は頭の中で田久保先輩から来る言葉をすべて返していた。

もう自分が安らげる場所はないのかなぁ・・・とか思うようになってきた。

 

朝練が終わり、俺は教室に行く。田久保先輩からの手紙を持って。

 

毎日俺の学校は読書だから本の間に隠して田久保先輩からの手紙っぽいのを読んだ。

 

 

手紙の中身・・・

 

『え~と。携帯のメール見てないよな?見てるならこれ見なくてもいいから。昨日のあれは・・・違うんだ。言い訳になるかもしれないけど。信じてほしい。見られたから言うけど、俺はお前の事が好きなんだ。別に中塚が俺の事は嫌いになってもいい。それだけだよ。』

 

だった。なんか手紙というより、ラ(略) (笑

 

俺は今更こんな風に言われても困る。それに俺の事好きって言われても・・・俺だって・・・

 

ボ~っとしてた。その間に、クラスのムードメーカー?の荒木が俺がなんか手紙を貰ったとかなんとか言いふらしたりされたけど。

 

俺はどうすればいいんだろう。それに手紙じゃなくて直接言えばいいのに・・・・・・。俺は田久保先輩のこういう所が嫌いだ。

 

その日の午後練・・・俺は休んだ。具合が悪いと言って。俺は家に帰って田久保先輩のメールを開いた。

 

『昨日のやっていた事・・・言い訳になっちゃうけどあれは違うんだ。それに俺はお前が好きなんだ・・・。信じてほしい。もしこのメール見てくれたなら携帯にでも電話してくれよ』

 

電話しろって言われてもしたくない・・・小山先輩とあんな事・・・。

 

俺は携帯を閉じて寝た。忘れるかのように。

 

疲れていたのか、本当に忘れたかったのか。朝まで寝ていたようだ。

 

夢には田久保先輩が出てきた。俺も。野球部の練習風景かな?筋トレしたり、バッティングしたり。

 

俺はいつもどうり、朝練の出る準備をして学校へ。

 

途中、会いたくない小山先輩と会った。

 

小山先輩は「よっ。偶然だな?」俺は無言で歩きつづけた。

 

小山先輩「はぁ…無視はないだろ無視は…。」

 

俺「…」

 

小山先輩「お前、田久保の奴が好きなのか?」

 

俺「…好きじゃない。」

 

俺は小さい声が言った。

 

小山先輩「ふぅ…照れるなよ。」

 

俺「先輩殴られたいんですか。」

 

小山先輩「いや…冗談さ。」

 

「まぁとにかく…なんか田久保が悪いとか言う風に思ってるみたいだけど俺が悪いんだよ。」

 

小山先輩「俺が無理矢理誘ってあんな事させて。本当は嫌がってたんだよあいつは。だから田久保の奴には優しく接してやれよ俺には冷たくていいからさ」

 

俺「…。」

 

小山先輩「とにかく言ったからな。じゃあな!」「あっそれと、昨日田久保の奴も休んだんだぞ部活。お前がいないとやれないって言ってな。」

 

俺は、『俺の事が好きなら無理矢理誘われても断ればよかったのに…。』と思っていた。

 

それに今更…。

 

その日の朝練には田久保先輩は来なかった。少し体調を崩し、遅れて学校に来るそうだ。

 

その日、俺は一日中ボ~っとしていた。なんか良くボ~っとしていると寝てるように思われて先生に叱られたりしたけど。

 

午後練…。

 

部室で着替えていると、田久保先輩は来た。俺は隣に来るのを待っていた。

 

田久保先輩は俺の隣にある自分のロッカーに来た。

 

田久保先輩「中塚…。」

 

先輩は俺の事を呼んだ。

 

俺「先輩…。今更好きとか言われても困りますよ。」

 

田久保先輩「え…?」

 

俺「俺も好きなんですよ。先輩の事が。小山先輩から聞きました。」

 

田久保先輩「…」

 

田久保先輩は無言になり着替え始めた。

 

俺「田久保先輩。これからは俺の事だけ見てくれればいいですよ。」

 

田久保先輩「いいのか?俺で」

 

俺の答えはもう決まっていた。何も考えず、うなづいた。

 

田久保先輩「良かった…。これで中塚で俺の事無視とかしたりしたら野球部やめようとか考えてたよ」

 

俺「そんな訳ないよ。練習始まるから行くね。」

 

田久保先輩は「おう」と言って俺は先に言った。

 

無意識に俺は田久保先輩に自分も先輩の事が好き、と言っていた。

 

でもこれでいいと思ってした事…。田久保先輩の事、本当に好きだから…。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング