ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】イタズラお兄さんが美尻自慢してきた話

【ゲイ】イタズラお兄さんが美尻自慢してきた話

【体験談】福島県在住の学生さんからの投稿です。小3のころ顔見知りのお兄さんに連れられ林の奥に入った投稿者。状況が飲み込めないでいるとチンチン見せてとお願いされた結末・・・・・

林でイタズラされたショタ

 

小学校3年の夏、近所の友達何人かといつものように遊んでいたら5つ年上の中三のお兄さんにいたずらをされた。

 

小学生の割には体が大きかった俺はお兄さんにとって性の対象にじゅうぶんだったのだろう。

 

いつの間にかお兄さんに誘導され林の奥に行き2人きりになった。

 

お兄さんは俺にちんちんある?と聞いてきた。見せてというから意味もわからずゆっくりとズボンとパンツを下げた。ペロンと小さな毛の1本も生えてないちんちんがあらわになった。

 

他人にまじまじとちんちんを見られるのは恥ずかしかった。外でパンツを脱ぐのも初めてだし耐え難い恥ずかしさだったが知ってる人と2人きりなのでまだ余裕はあった。

 

お兄さんは俺のチンコに顔を近づけてまじまじと眺めた。お兄さんの顔がみるみる興奮で赤くなっていくのが分かった。俺はその顔を見て不思議な気持ちだった。

 

この人は何をしてるんだろうおれのちんちんがそんなに珍しいのかなあ。するとお兄さんは俺のも見せてあげるよと言ってズボンとパンツを下げた。ベロンと巨大なちんぽが目の前に現れた。とてもびっくりした。

 

他人のしかも勃起したちんぽが目の前にある。子どもにとってこれは恐怖でさえあった。

 

お兄さんは自慢げにでかいだろと俺の顔を見た。うんうんと頷く俺。

 

お兄さんはさらにお尻も見せてと言ってきた。お兄さんに向けてお尻を向けるとお尻に顔を近づけ鼻息が当たってくすぐったい。匂いをかいでいるみたい。

 

お尻のほっぺをペロンと舐められた。割れ目に舌があてがわれた。くすぐったい。

 

ウサギの赤ちゃんみたいに赤く膨張したお兄さんのチンポ。

 

チンポ舐めれる?と聞かれて首を振る俺。

 

じゃあ、とお兄さんは俺の前にひざまずいておれの小さな包茎チンポをパクっと咥えて口の中で優しく転がし始めた。脳天を貫くような快感が全身を襲う。

 

下のほうでお兄さんは自分のチンポを両手できりもみ状にしごいてた。おれのチンポはかわいくピンピンにそり立っていたけど射精はしなかった。

 

お兄さんはフンフンと息を激しく吐きながら果てたようでおれの靴とスネに大量の精液がついていた。

 

お兄さんはおれに自分のお尻を見せていいお尻だろ?と聞いてきた。丸くて引き締まっていて真っ白のお尻は確かに魅力的だったが俺には意味がわからなかった。よーく見ろ!と言われてお尻に顔を引き寄せられた。お兄さんはお尻を見ているおれの顔を目を輝かせて見ていた。見せて興奮してたようだ。

 

キスもしようと言うので言われるまま15分くらいずっと唇をくっつけあっていた。正直言って、気持ちよかった。

 

目を閉じてウットリしていたらおれの背後からお兄さんは右手でチンポを、左手で乳首を、耳とうなじに舌を這わせて優しくしごいてきた。

 

白いのが出るようにしてあげるから、「好き愛してるって言え」と言われてお兄さんのこと愛してると言い続けた。

 

数秒後、腰が抜けそうな快感が下腹部を満たし膝が崩れて倒れた。

 

快感で震えてるおれをお兄さんは抱きかかえて優しく顔と体を撫でてくれた。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング